貧困の「現場」から見た生活保護

8月10日、消費増税法案を含む「税と社会保障の一体改革」関連法案が、参議院本会議で民主・自民・公明など与野党各党の賛成多数で可決され、成立した。各法案についての解説や評価は専門家のみなさまにお願いしたいが、少なくとも2014年4月に8%、2015年10月には10%、消費税が段階的に引き上げられることが決まった。

 

また、野田内閣は8月17日、2013年度予算の概算要求基準を閣議決定した。その中の社会保障費に関して、高齢化による年金・医療費などの自然増分(約8千億円)は認めるが、約3兆円以上の生活保護費については「見直し」を明記し、削減する方向を打ち出した。すでに厚生労働省が給付水準や受給資格の見直しを検討しているとの報道もある。

 

私たちの「くらし」を左右する「政策」は、今、目まぐるしく動いている。特にこの間、社会保障全般の動き、特に最後のセーフティネットと呼ばれる「生活保護制度」の動きは常に政局の影響を受けてきた。

 

5月には芸能人の母親が生活保護を利用していることに対して、現職の国会議員が名指しで批判をするなどの「生活保護バッシング」が連日メディアを賑わせた。また、「生活保護受給者戦後最多の約210万人」「財政負担約3兆5千億円」「働けるのに働かない受給者が16%」などなど、数字の一人歩きも目立つ。某政党は選挙をにらんで、代替案のない「生活保護費の10%カット」「生活保護費の現物給付(食料の配給など)」「生活保護の有期化」などの提言を掲げている。

 

生活保護をめぐる議論は一体どこへ向かっているのだろうか。政局や感情、風潮に流されたロジック、実際の制度の運用現場の実態を無視して、あるいは慎重に観察することもないまま、本当に必要な社会保障制度の在り方についての議論が果たしてできるのであろうか。

 

本稿では生活保護制度の実態と、それに振り回される「困っている人々」の姿について、ほんの少しであるが触れたいと思う。実際の制度はどうなっているのか、いま現場で何が起きているのか、限られた視点からではあるが、一緒に見てもらいたい。本稿が冷静で丁寧な社会保障制度についての議論、持続可能なセーフティネットを作るための議論の一助になれば幸いである。

 

 

私の立ち位置

 

本題に入る前に、ここで筆者の立ち位置を明らかにしたい。私は、新宿での路上生活者への炊き出しと夜回りの活動から始まり、今は主にNPO法人自立生活サポートセンター・もやいというところで活動している。

 

<もやい>では、生活困窮者・路上生活者の生活再建のお手伝いとして、生活保護などの社会保障制度を利用するにあたっての相談・アドバイスや、安定した「住まい」がないなどのホームレス状態にある方がアパートを借りる際の「保証人」になるなど、「経済的な貧困」と「つながりの貧困(人間関係の貧困)」の問題に取り組んでいる。また、サロンなどの「居場所作り」の活動や、フェアトレードコーヒーの焙煎などの「仕事作り」にも取り組んでいる。

 

私は主にこの<もやい>を中心にいくつかの団体で、面談や電話、メール等で生活相談(生活全般の相談)に参加している。

 

私が携わる相談は様々だ。「貧困」や「生活困窮」というと、いわゆる「路上生活者(ホームレス)」「派遣切り」などを連想しがちだが、実際はそれにとどまらない。DV被害から子どもと一緒に逃げてきた女性、重い精神疾患を抱え地域の中で孤立している男性、部屋にひきこもって毎晩リストカットしてしまう女性、元暴力団員で覚せい剤をやめられない男性……などなど、本当に一人ひとりさまざまな状況や背景をお持ちになっている方が多い。

 

みんな一人ひとり違う事情で「困っている」のだ。そして、それらの状況や背景が、困難さの要因となってそれぞれ重なって、連鎖して、最終的に「生活困窮」の状態に陥って相談に訪れる。私が現場の人間としてできることは、日々訪れる「困っている人々」に対して、いかに既存の公的な制度によるサポートを受けられるようにするかしかない。

 

ここでは、そういった相談の現場の視点から、生活保護制度の実態と、見えてきている課題について一緒に考えていきたい。

 

 

生活保護制度について

 

先日、日弁連が生活保護についてのパンフレットを作成した。日弁連パンフレット「今、ニッポンの生活保護制度はどうなっているの?」というものである。

 

また、生活保護問題対策全国会議(法律家・支援者・当事者などを中心に構成された団体)を中心に、以下の本も立て続けに出版された。

 

『法律家・支援者のための生活保護申請マニュアル2012年度版』

(編著:生活保護問題対策全国会議 発行:全国クレジット・サラ金被害者連絡協議会)

『間違いだらけの生活保護バッシング-Q&Aでわかる生活保護の誤解と利用者の実像』
(編著:生活保護問題対策全国会議  発行:明石書店)

 

 

いずれも、生活保護制度のことをきちんと知って、困っている人が正しく利用できるようになることを目的に、専門家によって分かりやすい解説がなされている。また、<もやい>でも「生活保護活用ガイド」を作成し、実際に被災者支援を行う支援団体に配布している。

 

詳細な生活保護制度の説明は、これらの本をご参照頂くとして、ここでは生活保護制度の実態に関する部分だけ、簡単に紹介しておこう。ご存知の方はこの部分を読み飛ばしてもらって構わない。

 

生活保護制度は、憲法25条で掲げられた「健康で文化的な最低限度の生活」を保障するための制度で、生活保護法を根拠にしている。

 

生活保護の目的は、生活に困窮した方が生活に困らないように保護して、自立を助長することである。つまり、生存権の保障である。そして、生活に困っていれば(そして要件に合致していれば)、誰でも、いつでも、どこに住んでいても、過去のことや生活に困った理由に関係なく自由に利用することができる。これを無差別平等の原則と呼ぶ。

 

同時に生活保護には、原則として「個人単位」ではなく、「世帯単位」という特徴がある。この場合の「世帯」とは、血縁上の家族や住民票上の世帯と必ずしも同じではなく、「同一の住居に居住し、生計を一にしている」ことを意味する。すなわち、実際は入籍していない「事実婚」であっても、はたまた「同性間のカップル」であっても、実態として同居し、かつ家計が一緒であれば「同一世帯」として認められる。そして、その「世帯単位」で、生活に困っている状況・程度に応じて、必要な保護を行う。

 

 

 

シノドスのサポーターになっていただけませんか?

【vol.230 日常の語りに耳を澄ます】 

・荒井浩道氏インタビュー「隠された物語を紡ぎだす――『支援しない支援』としてのナラティヴ・アプローチ」

・【アメリカ白人至上主義 Q&A】浜本隆三(解説)「白人至上主義と秘密結社――K.K.K.の盛衰にみるトランプ現象」

・【今月のポジ出し!】吉川浩満「フィルターバブルを破る一番簡単な方法」

 

【vol.229 平和への道を再考する】 

・伊藤剛氏インタビュー「戦争を身近に捉えるために」

・【国際連合 Q&A】清水奈名子(解説)「21世紀、国連の展望を再考する」

・【あの事件・あの出来事を振り返る】桃井治郎「テロリズムに抗する思想――アルジェリア人質事件に学ぶ」

・末近 浩太「学び直しの5冊<中東>」

1 2 3 4 5 6 7 8 9
シノドス国際社会動向研究所

vol.230 特集:日常の語りに耳を澄ます

・荒井浩道氏インタビュー「隠された物語を紡ぎだす――『支援しない支援』としてのナラティヴ・アプローチ」

・【アメリカ白人至上主義 Q&A】浜本隆三(解説)「白人至上主義と秘密結社――K.K.K.の盛衰にみるトランプ現象」

・【今月のポジ出し!】吉川浩満「フィルターバブルを破る一番簡単な方法」