「障害者の性」問題を通して、新しい「性の公共」を考える 

「障害者の性」問題を解決するための非営利組織「ホワイトハンズ」代表の坂爪真吾さん。障害者への射精介助を中心に、現在は全国18都道府県でケアサービスを展開している。事業立ち上げのきっかけや今後の活動などについてお話を伺った。(聞き手/荻上チキ、構成/宮崎直子)

 

 

性産業の社会化

 

荻上 『セックス・ヘルパーの尋常ならざる情熱』が話題ですね。ホワイトハンズの活動をはじめてから何年目になりますか。

 

坂爪 2008年からスタートして今年で5年目になります。

 

荻上 活動内容はどういったことを?

 

坂爪 「障害者の性に関する尊厳と自立を守る」という理念を掲げて、性的な面でのケアサービスを行っています。自力で射精行為ができない重度の男性身体障害者に対する、射精の介助がメインです。介助方法は、普通の訪問介護と同じ倫理・サービス基準で、スタッフが介護手袋をはめてローションを使って介護します。

 

荻上 どうして、事業を立ち上げようと考えたのですか?

 

坂爪 私は元々社会学を勉強していて、大学時代は上野千鶴子ゼミに所属していました。その時の研究テーマが「ジェンダーとセクシュアリティ」。その中で風俗を研究しようと思いついたんですね。

 

私の出身は新潟県ですが、高校卒業後の浪人時代に、地元のソープで働いている女性と話す機会がありました。「ソープってどんな利用者が来るんですか?」と訊ねたら、70~80歳の年輩の方が多くて、彼らは朝一番に年金を握りしめてやってくるという話を聞いてびっくりしたんです。歳をとっても性欲というのはきちんとあるんだなと。それが風俗に興味をもったきっかけです。

 

荻上 「性=健常者の若者たちのもの」ではないと認識したきっかけであったと。

 

坂爪 東京に出てくると、池袋や渋谷などの風俗街で調査をはじめました。研究を進める中で強く疑問に思ったのは、性というのは人間の自尊心の基盤であるにもかかわらず、今の社会の中で、性に関して受けられるサービスは、なぜ風俗しか存在しないのだろうか、ということでした。

 

性欲と並んで、同じ人間の基本的欲求である「食欲」で例えれば、街中、どこを歩いても、ハンバーガーやコーラだけを売るようなファストフード店しか存在せず、それ以外に食べるものの選択肢が無いので、皆がそれを食べ続けて、心と身体の健康を害している、というような状況です。

 

「風俗が悪い」という単純な批判的感想ではなく、「風俗以外の選択肢が無いことが悪い」という感想を抱きました。

 

一般に、「風俗の世界に入ると不幸になる」というイメージがありますが、正確にはそうではなく、「元々、何らかの不幸(借金や心の病、過去の性的トラウマ)を抱えている人が、その不幸を解決する最終手段として風俗の世界に入るものの、結局解決できずに、さらに輪をかけて不幸になってしまう」というのが、実態だと思います。

 

その意味で、「本来、風俗で働くべきではない人」が、「風俗以外に選択肢が無い」という理由で、悪い意味で簡単に参入できてしまい(参入させられてしまい)、そして、心も身体もボロボロになってしまう、という不毛な構造がある、と感じました。

 

また、風俗の世界で、プロのサービスであるにもかかわらず、女性の「素人性」や、サービスの「恋人気分」をやたらと売りにする傾向があるのは、「本当は、一般の素人女性と恋愛やセックスをしたい(だけど、それができない)」男性のニーズを満たすためです。

 

もちろん、風俗の世界の中で、「素人」と称される女性と、いくら「恋人プレイ」をやろうが、利用者の恋愛欲求は、決して根本的に満たされることはありません。

 

風俗の利用者に関しても、今の社会に「風俗以外の選択肢が無い」がゆえに、「そもそも風俗を利用することでは、決して解決できない問題」を、風俗を利用することで何とか解決しようとしている人が多い、という不毛な構造がある、と感じました。

 

性産業にまつわる、こうした不毛な構造や、「風俗以外の選択肢の欠如」という社会的な問題点をきちんと可視化した上で、誰も不幸にならないような形で、性産業を社会の表舞台に引っ張り出すことができれば、性産業にかかわっている人たち自身を含め、もっと多くの人たちの役に立つことができるんじゃないかと考えました。

 

もちろん、ソープやヘルスといった、既存の業態やサービスを、そのままの状態で社会の表舞台に出すことは、倫理的にも法律的にも、逆立ちしても不可能だと思うので、きちんと市民権が得られるような形、そこで働く人や、利用する人が、誰も不幸にならないような形に、理念やサービス内容を再構築する必要があります。私は「性産業の社会化」といっていますが、これをテーマに事業を行えば面白そうだなと思ったんですね。

 

荻上 性産業のフィールドワークをするとその商業形態の特徴を痛感します。労働者への権利保障など、「アタリマエのこと」をやれていない部分というのは多々あるわけですね。

 

坂爪 荻上さんが『セックスメディア30年史』で触れていた「情報の非対称性」の話にも通じますね。店側はそれなりの情報を持っているけど、働く側の女性、利用する側の男性客は、ほとんど持っていない。風俗産業自体が、その「情報の非対称性」を利用して、事業者側の短期的な利益を最大化することだけが目的になっている世界、働く女性の人権や労働環境、利用する男性の長期的な満足度を全く考えていない世界である、というのは私も実感としてありました。そのあたりを透明化していければいいのかなと思っています。

 

 

sakazume

 

 

シノドスの運営について

 

シノドスは日本の言論をよりよくすることを目指し、共感してくださるみなさまのご支援で運営されています。コンテンツをより充実させるために、みなさまのご協力が必要です。ぜひシノドスのサポーターをご検討ください。

⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/14015

98_main_pc (1)

 

 セミナー参加者募集中!「対話/ダイアローグから見た精神医学」植村太郎(12月16日16時~18時)

 

 

無題

 

vol.233 公正な社会を切り開く 

 

・ジェームズ・ミニー氏、鈴木啓美氏インタビュー「もっと楽しいお買い物を目指して――フェアトレードの魅力」

・【「民主」と「自由」――リベラルの再生へ向けて――】古川江里子「大正デモクラシーと吉野作造 ―大日本帝国憲法下での民主主義的政治の試みが現代に問うもの」

・【知の巨人たち】重田園江「ミシェル・フーコー――なぜ『絶望系』なのに読んでしまうのか」

・阪井裕一郎「学びなおしの5冊 <家族>」

 

vol.232 芸術にいざなう 

 

・吉澤弥生氏インタビュー「人をつなぐ芸術――その社会的評価を再考する」

・【現代演劇 Q&A】長瀬千雅(解説)「時代を捕まえるダイナミクス――現代演劇事始め」

・【今月のポジ出し!】橋本努「タックス・ヘイブン改革 香港やシンガポールにも圧力を」

・増田穂「『知見』が有効活用されるために」

 

1 2 3
シノドス国際社会動向研究所

vol.233 特集:公正な社会を切り開く

・ジェームズ・ミニー氏、鈴木啓美氏インタビュー「もっと楽しいお買い物を目指して――フェアトレードの魅力」

・【「民主」と「自由」――リベラルの再生へ向けて――】古川江里子「大正デモクラシーと吉野作造 ―大日本帝国憲法下での民主主義的政治の試みが現代に問うもの」

・【知の巨人たち】重田園江「ミシェル・フーコー――なぜ『絶望系』なのに読んでしまうのか」

・阪井裕一郎「学びなおしの5冊 <家族>」