αsynodos -荻上チキ責任編集「知の最前線」を切り開く電子マガジン-

数多の困難に次々と直面している現代社会。しかし、それを語り解決するための言葉は圧倒的に不足しています。
わたしたちシノドスは、こうした言説の供給不足を解消し、言論のかたちを新たなものへと更新することを使命としています。
「αシノドス」はそんなシノドスが提供する電子マガジンです。

◆「シノドス」と「αシノドス」は何がちがうの?
日刊メディアである「シノドス」では時事問題に応答すべく、「いま」必要な知識を供給することを目的としています。
対する「αシノドス」では、「これから」注目されるであろうテーマを設定し、
人文・社会科学から自然科学、そしてカルチャーまで、様々な分野から徹底的に掘り下げます。

各領域の最前線に立つ論者たちから現代を読み解くための「知」を、
毎号、新書並みのボリュームと新書以上の速度感でお届け。月額540円(税込)、月2冊(1日、15日)の配信です。

_a-synodos_big_220

vol.220 2017.05.15

特集:スティグマと支援

・稲葉剛氏インタビュー「全ての人の『生』を肯定する――生活保護はなぜ必要なのか」

・内田良「児童虐待におけるスティグマ――『2分の1成人式』を手がかりに考える」

・金泰泳(井沢泰樹)「在日コリアンと精神障害」

・加藤武士「アディクション(依存)は孤独の病」

・齋藤直子(絵)×岸政彦(文)「Yeah! めっちゃ平日」第五回

_a-synodos_big_218+219

vol.218+219 2017.04.20

特集:表現の自由とポリティカル・コレクトネス

<ポリコレのジレンマ―政治・芸術・憲法から見た政治的正しさと葛藤>

・第一部 テラケイ×荻野稔(大田区議会議員)

・第二部 テラケイ×柴田英里(アーティスト/フェミニスト)

・第三部 テラケイ×志田陽子(憲法学者)

<『裸足で逃げる』刊行記念トーク>

上間陽子×岸政彦「裸足で、いっしょに逃げる」

<連載エッセイ>

齋藤直子×岸政彦「Yeah! めっちゃ平日」

○シン・編集後記(山本ぽてと)

ご購読方法

通常版

  • 月額540円(税込)、毎月2回配信(1日・15日)
  • テキストファイルおよびEPUBファイル、2種類のファイルでお届けします。
  • 初回は、お申し込み開始の前号とセットで配信します。
αsynodosご購読お申し込み(通常版)

iアプリ版

  • 月額840円(税込)、毎月2回配信(1日・15日)
  • 年間購読(8,400円・税込)で、全バックナンバーが読み放題。
  • アプリのダウンロードは無料です。まずはサンプル記事をお試しください。
αsynodosご購読お申し込み(iアプリ版)