αsynodos -荻上チキ責任編集「知の最前線」を切り開く電子マガジン-

数多の困難に次々と直面している現代社会。しかし、それを語り解決するための言葉は圧倒的に不足しています。
わたしたちシノドスは、こうした言説の供給不足を解消し、言論のかたちを新たなものへと更新することを使命としています。
「αシノドス」はそんなシノドスが提供する電子マガジンです。

◆「シノドス」と「αシノドス」は何がちがうの?
日刊メディアである「シノドス」では時事問題に応答すべく、「いま」必要な知識を供給することを目的としています。
対する「αシノドス」では、「これから」注目されるであろうテーマを設定し、
人文・社会科学から自然科学、そしてカルチャーまで、様々な分野から徹底的に掘り下げます。

各領域の最前線に立つ論者たちから現代を読み解くための「知」を、
毎号、新書並みのボリュームと新書以上の速度感でお届け。月額540円(税込)、月2冊(1日、15日)の配信です。

_a-synodos_big_214

vol.214 2017.02.15

特集:資源

・岡田勇「持続可能な資源開発への課題――カハマルカの事例から」

・三浦綾希子「ニューカマーの親子を支える地域の教育資源」

・宮本結佳「現代アートと地域の出会い――新たな資源創出の過程」

・齋藤直子(絵)×岸政彦(文)「Yeah! めっちゃ平日」第2回:人生をしみじみする時

_a-synodos_big_213

vol.213 2017.02.01

特集:境界

・「在日朝鮮人として生きるということ――日本社会から断絶された部落での暮らし」趙弘子氏:講演会「証言 ~川崎を生きる~」より

・本多啓「言語からみる自己の境界のゆらぎ」

・中屋敷均「生物と非生物の境界、ウイルスとは何か」

・嶋田晴行「境界(国境)の内と外――『アフガニスタン』という国家を例に

・片岡剛士「経済ニュースの基礎知識TOP5」

ご購読方法

通常版

  • 月額540円(税込)、毎月2回配信(1日・15日)
  • テキストファイルおよびEPUBファイル、2種類のファイルでお届けします。
  • 初回は、お申し込み開始の前号とセットで配信します。
αsynodosご購読お申し込み(通常版)

iアプリ版

  • 月額840円(税込)、毎月2回配信(1日・15日)
  • 年間購読(8,400円・税込)で、全バックナンバーが読み放題。
  • アプリのダウンロードは無料です。まずはサンプル記事をお試しください。
αsynodosご購読お申し込み(iアプリ版)