αsynodos -「知の最前線」を切り開く電子マガジン-

「αシノドス」はシノドスが提供する電子メールマガジンです。ほかでは読めない知識と教養満載でお届けします。

◆「αシノドス」は下記のコンテンツから構成されています。
・人文・社会科学から自然科学、カルチャーまで、各界の気鋭にじっくりインタビュー
・報道等で耳にする気になるテーマをやさしく解説
・専門家たちがポジだし提言「こうすれば●●は今よりもっとよくなるはず!」
・人類の偉大な英知から学ぶ「知の巨人たち」
・初学者のためのブックリスト「学びなおしの5冊」    ……etc.

月額540円(税込)、月1冊(15日)の配信です。

vol.260 2019.2.15

・吉永明弘「都市に「原生自然」を残す――人新世の時代の環境倫理学」
・藤重博美「学び直しの5冊――「相対的な安全保障観」を鍛えるための読書術」
・赤木智弘「今月のポジだし――AIが支配する社会を待ち続けて」
・竹端寛「「実践の楽観主義」をもって、社会に風穴を開けていく」
・伊吹友秀「エンハンスメントの倫理」
・鈴木崇弘「自民党シンクタンク史(4)――東京財団退職後」
・加藤壮一郎「デンマーク社会住宅地区再開発におけるジェーン・ジェイコブス思想の展開」

vol.259 2019.1.15

・桑田学「気候工学は地球温暖化の救世主になりうるのか?」
・常見陽平「こうすれば日本の雇用はよくなる!――「出向・留社ネットワーク」を創ろう」
・那須耕介「ナッジ――働きかけと自発性のあいだで」
・東野篤子「中欧における「法の支配の危機」――EU内部に深まる亀裂」
・外山文子「学び直しの5冊〈東南アジア〉」
・鈴木崇弘「自民党シンクタンク史(3)――東京財団の時期・後編」
・大澤津「ロールズ――社会的分断の超克はいかにして可能か」

ご購読方法

通常版

  • 月額540円(税込)、毎月1回配信(15日)
  • テキストファイルおよびEPUBファイル、2種類のファイルでお届けします。
  • 初回は、お申し込み開始の前号とセットで配信します。
αsynodosご購読お申し込み(通常版)

iアプリ版

  • 月額650円(税込)、毎月1回配信(15日)
  • 年間購読(7,800円・税込)で、全バックナンバーが読み放題。
  • アプリのダウンロードは無料です。まずはサンプル記事をお試しください。
αsynodosご購読お申し込み(iアプリ版)