片岡剛士(かたおか・ごうし)
応用計量経済学 / マクロ経済学 / 経済政策論

1972年愛知県生まれ。1996年三和総合研究所(現三菱UFJリサーチ&コンサルティング)入社。2001年慶應義塾大学大学院商学研究科修士課程(計量経済学専攻)修了。現在三菱UFJリサーチ&コンサルティング経済政策部上席主任研究員。早稲田大学経済学研究科非常勤講師(2012年度~)。専門は応用計量経済学、マクロ経済学、経済政策論。著作に、『日本の「失われた20年」-デフレを超える経済政策に向けて』(藤原書店、2010年2月、第4回河上肇賞本賞受賞、第2回政策分析ネットワークシンクタンク賞受賞、単著)、「日本経済はなぜ浮上しないのか アベノミクス第2ステージへの論点」(幻冬舎)などがある。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  • vol.212 特集:生命

    ・『生殖医療の衝撃』著者、石原理氏インタビュー「時間と空間を超える生殖が日常となる現代――日本で求められる法整備」

    ・粥川準二「『新しい優生思想』とは――相模原事件、出生前診断、受精卵ゲノム編集」

    ・打越綾子「生命の観点から人と動物の関係を考える」

    ・杉田俊介「優生と男性のはざまでとり乱す――優生思想についてのメモ」

    ・岩崎秀雄「生命美学とバイオ(メディア)アート――芸術と科学の界面から考える生命」

    ・齋藤直子(絵)×岸政彦(文)「Yeah! めっちゃ平日」第1回:加齢と向き合う