先生だからこそ――『スクールセクハラ なぜ教師のわいせつ犯罪は繰り返されるのか』(他)

『スクールセクハラ なぜ教師のわいせつ犯罪は繰り返されるのか』(幻冬舎)/池谷考司

 

著者・池谷氏は「記者としてその教師を取材すること」を、教師からのスクールセクハラの被害を受けた横山智子(仮名)さんに提案する。葛藤の中で横山さんは「あの時」のことを聞こうと決意し、教師を呼び出す。

 

本書は、緊張感あふれる対決からはじまる。横山さんは、進路面談の場で担任教師からカラオケに誘われ、内申書に響くかもしれないと、断れずに集合場所へ行くと、車でホテルに連れて行かれ、乱暴される。

 

自分に隙があったからでは、自分が悪いのでは、どうして断れなかったのか、と彼女は自問自答し続け、思い悩んでいた。誰にも言えず抱え込むうちに摂食障害や男性不信になった。

 

一方で、元担任教師は「二人で楽しんでいたよ」「俺の方が誘った面もあるかもしれないけど、智子のほうが誘っていた面もあったよ」とちょっとした思い出話のように語り、あくまで合意の上であったことを強調する。

 

元担任教師の言葉は屁理屈以外の何ものでもないが、「やはり私が悪かったのか」と横田さんの顔は曇っていく。そこで読者である私たちは「なんで相談しなかったのか」の一言が、どれだけ無意味なものであるのかを知る。

 

しかし、被害者を取り巻く環境は厳しい。友人に相談するが「その気になれば逃げられたはずだから、誘いに乗ったあなたも悪い。相手には家庭もある。」との言葉を投げかけられてしまう。

 

横山さんは言う「人って自尊心があるから『それはおかしい』って言えるんですよね。私は自尊心を奪われてSOSを出せなくなっていたんです」。

 

スクールハラスメントは、一部の「異常」な教師が起こしているもののように捉えられている。しかし、指導のために教師は生徒に対し多くの権限が与えられている。先生だからこそ拒否することが出来ないのだ。

 

本書では、小学校の教室、部活動、二次被害など、様々な角度からスクールハラスメントに迫っている。ぜひ手に取ってもらいたい一冊。(評者・山本菜々子)

 

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。

 

 

 

◆◆「αシノドス」購読でシノドスを応援!◆◆

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.226+227 特集:自立的思考のために

・飯田泰之氏インタビュー「経済学の基礎で社会を読み解け!――マクロ経済の思考法」

・角間淳一郎氏インタビュー「『風俗嬢かわいそう』で終わらせない――“孤立”に歯止めをかけるセカンドキャリア支援」

・【今月のポジ出し!】吉田徹「形骸化する地方自治――『くじ引き民主主義』を導入せよ!」

・藤代裕之氏インタビュー「フェイクニュースが蔓延するメディア構造はいかにして生まれたのか」

・塚越健司 学びなおしの5冊 <統治>

・齋藤直子(絵)×岸政彦(文) 「Yeah! めっちゃ平日」第八回