キュレーションサイト事件の背景

著作権法とネットの実態の乖離

 

次に著作物の無許諾利用について考えてみよう。著作権違反が横行した一因は、第一の問題と同根である。とにかく安く大量のコンテンツを用意しようとすれば他者のコンテンツを使うことが手っ取り早いからである。しかし、ここにはそこにとどまらないネット上の著作権のあり方の問題が隠れている。ここではその点を掘り下げてみよう。

 

まず、文章と写真を分けて考える必要がある。文章の場合、記事のライターは自分で文章を書けるし、実際書いているのであるから、人の文章の無許諾利用すなわちコピペを行う必要はない。しかもこの場合のコピペは出典が明示されず当人の文章と区別されていないので単なる無許諾利用を超えて「剽窃」であり、論外である。一部にはリライトソフトを使うなどしてまったく自分で書いていない人もいるという指摘もあり、そうだとすればそもそも創作活動には値しない。この違反は排除すべきであるし、キュレーションサイト側は排除すべきだった。それをやらなかったのは単なる手抜きというほかはない。この点は対策がなされるだろうし、なされれば解決するだろう。

 

問題なのは写真のほうである。ライターは書くのが仕事で写真は本分ではないので、通常は他者の撮った写真を利用することになる。これは引用ではなく利用なので著作権法上は許諾が必要である。しかし、キュレーションサイトでは出典は示されていても許諾はとっていない例が多かったようである。出典表記があるので剽窃ではないが、無許諾利用なので著作権法違反となる。

 

ただ、このような状態が生じたのにもそれなりに理由がある。それはネットが普及して以来、そもそも無許諾利用が創作活動を支えてきたという事実である。ネットの普及はプロではない多くのアマチュアの創作活動を可能にした。創作のためには他者の作品を様々な形で利用する必要がある。プロの場合はそもそもの取引金額が大きいため契約をして許諾をとればよく、実際に許諾がとられている。しかし、アマチュアの場合は、金額がゼロか微小なため、許諾をとるためのコスト、すなわち取引費用の方が大きくて許諾を取るのは現実的ではない。もしすべて許諾を求めれば、創作活動自体が停止してしまう。では、どうすればよいか。

 

ここで時を同じくしてネットの普及とともに、許諾を取らなくても(法的には違法であるが)事実上は利用できる著作物が大量に現われるようになった。著作物は次の3つに分けられる。

 

Ⅰ 権利者が許諾権を行使し、報酬を要求する著作物

Ⅱ 権利者が権利は保持するが、利用は妨げない著作物

Ⅲ 権利者が権利行使に関心がない著作物

 

Ⅰは通常のプロがとる立場である。Ⅱで自由に利用させる理由は、宣伝になる、あるいは名声が得られる、単に利用されることが嬉しいなど様々である。利用してもよいから一言連絡してほしいという人や、とりあえず保留にしておくというような人もこのなかに含まれる。アマチュアのなかにはそのような人がおり、さらにプロの一部にもいないわけではない。Ⅲは、そもそも権利者が権利行使しようとしておらず、自分の作品の管理もしない場合で、この場合、作品の大半は作者不詳のいわゆる孤児作品(orphan works)となる。

 

ここでⅡとⅢの類型はネットが登場したからこそ利用可能になった著作物であることに注意しておく。ネット上のアマチュアの創作活動は、このⅡとⅢの類型の作品を無許諾で利用して行われることが多い。MADや同人活動、パロディ作品などはその典型である。キュレーションサイトでの写真の利用も、このようなネットのグレーな現状に追随して行われたと思われる。

 

ここで問題なのは、Ⅰ、Ⅱ、Ⅲの区別が容易につかないことである。区別がつかないのでⅠの領域の著作物を無許諾利用してトラブルとなる例が生じるのは避けがたい(注3)。3類型を分けて著作権法を柔軟に運用できればよいのであるが、現行の著作権制度はそうなっていない。著作権法をそのままあてはめるとⅠ、Ⅱ、Ⅲは区別せずすべて許諾が必要であり、無許諾利用は違反となる。しかし、すべて違反として一掃するとネット上の創作活動の息の根がとまってしまいかねない。まことに困った状況と言わなければならない。

 

(注3)特に写真の場合はトラブルが多い。先に述べたMAD・同人活動では暗黙の許諾で利用してよい領域がわかっており、比較的平和共存ができた。しかし、写真ではそのような暗黙の許諾領域が不明であり、著作権者の意図に反する無断利用行為がずっと多いという事情がある。

 

このような硬直した状況は著作権制度の不備、すなわち制度上のいわば傷であり、これをなんとかするべく法学者から改善提案もされている(注4)。しかし、実現にはまだまだ時間がかかる。著作権法とネットの実態には乖離があるのが現状で、キュレーションサイトは組織的に大規模に活動したがために、もともとあった乖離が傷としてあらわになってしまったと考えられる

 

(注4)たとえば、中山・金子編『しなやかな著作権制度にむけて』信山社(近刊)の中には、このような方向にむけての提案がいくつも示されている。この本の中にある、権利制限の一般規定、拡大許諾制度、孤児作品の裁定制度、著作権取引所、方式主義の復活提案などはいずれもⅡ、Ⅲに位置する著作物の利用促進を狙った制度提案である。

 

 

改善案:縮小均衡と拡大均衡

 

改善案はどこにあるだろうか。二つの方法が考えられる。ひとつはキュレーションサイトがライターにすべての写真に許諾をとるよう要求する案である。これで著作権法はクリアされ、権利侵害はなくなる。ただし、その結果キュレーションの活動は停滞するかもしれない。許諾を取るのは取引費用がかかるので、写真の許諾を取れと言われたライターの中には書くのをやめる人が出るだろう。写真の無い面白みのない記事や、写真がのっても素材サイトなどの同じ写真ばかりということも考えられる。肉ジャガの記事ではどのキュレーションサイトの記事でも同じ肉ジャガの写真が載っているというような貧しい事態であり、文化活動としてはいわば縮小均衡になる。ただし、著作権は厳格に守られる。

 

もう一つの方法は、キュレーションサイトが写真利用についてのネガティブリストあるいはポジティブリストを作る方法である。たとえばある写真家から無断使用の抗議があればすみやかに使用を取り下げ、使用料を払い、その作家のサイトからは今後無許諾利用はしないように全ライターに伝える。一方、宣伝にもなるのでURLを明示してもらえれば無償で利用してよいという写真家がいれば、リストしておいてライターに知らせる。前者がネガティブリスト、後者がポジティブリストになる。キュレーションサイト同士でこのリストをデータベース化して共有化しておけば、業界全体で権利侵害を防ぐことができる。権利者からすれば、一回どこかのサイトに意思表示すれば、すべてのキュレーションサイトで使うのをやめてくれる。これはいわば、上記のⅠ、Ⅱ、Ⅲ類型を見分けるデータベースを業界全体でつくることである。権利侵害を防ぎながら、作品を無償で利用してもらってもかまわない人の作品の利用を進めることができるので、いわば拡大均衡である。ただし、権利侵害を完全に防ぐことはできないので片足をグレーゾーンに突っ込むことになる。

 

どちらの方法をとるとかは企業次第である。安全策を取りたい企業は前者の著作権順守の策をとるのかもしれない。ただ、私見を述べれば、後者のⅠ、Ⅱ、Ⅲを見分けるリストづくりのほうが、長期的には文化の発展に寄与するだろう。その理由は長くなるので、中山・金子編の前掲書をご覧いただきたいが、あえて一言で要約すれば情報化社会のあるべき姿がこちらの方向にあると考えるからである、これからの情報化社会では、一握りのプロだけが創作をして他はそれを享受するのではなく、ほとんどの人が何らかの創作活動を行う世界になるだろう。ならばアマチュアの創作活動を最大限伸ばす方向に制度設計したほうが良い。

 

 

終りに:よりよきキュレーションのために

 

キュレーションサイトの抱える問題の背景には構造的な問題がある。検索エンジンが一つしかなく、その検索順位の競争は記事単位でメディア単位ではないこと、そしてアマチュアクリエイター達はネット上の作品の一部を無許諾で使うのが常態だったことである。いずれも問題をはらんでいたが、個人サイトにとどまっているかぎり問題は小さかった。

 

キュレーションサイトの設計者たちは、これらネットで普通に行われていることを徹底して行っただけという意識だったのかもしれない。確かに、検索エンジン対策も著作権上のグレーな行為も普通に行われていることで、キュレーションサイトの設計者たちはそれをあまりにも「素直」に徹底させただけと見ることもできる。しかしながら、そもそもの検索エンジンならび著作権のあり方には問題があり傷口があった。キュレーションサイトはその活動が組織的かつ大規模だったため、この傷口も大きく広がり、一挙に顕在化するにいたったと考えられる。今回の批判コメントの中に、個人がやるならいざ知らず、上場企業がやるのは許せない、というような発言が見られるのはこの点を指していると考えられる。

 

根本的な解決策は、すでに述べたように検索エンジンの複数化と著作権制度の柔軟化である。ただ、これらはすぐには望めない。しかし、キュレーションサイト側にも本文中ではいくつか示したように一定の対策はありうるだろう。ここに述べた以外にも対策はありうるかもしれない。立て直して出直していただきたいものである。

 

キュレーションサイトには需要がある。今回の事件を機にキュレーションサイト自体を否定的にとらえる意見も見られるが、キュレーションサイトあるいはそれに似た、まとめ・要約型のサイトは世の中に必要である。ネット上の記事はあまりに多く、多様かつ玉石混交であり、それをわかりやすくまとめてほしいという需要は常に存在する。なにより今回問題となったキュレーションサイトが短期間に数百万単位の多くの利用者あるいは会員を集めていたという事実が人々の間に需要があることを物語っている。アマチュアの力を使うというのも、記事の質の管理を行い妥当な報酬を払えば、方向としては間違っていないだろう。今回露見した問題点を克服した新たなキュレーションサイトが再登場することを期待したい。

 

 

ネット炎上の研究

著者/訳者:田中 辰雄 山口 真一

出版社:勁草書房( 2016-04-22 )

定価:

Amazon価格:¥ 2,376

単行本 ( 242 ページ )

ISBN-10 : 4326504226

ISBN-13 : 9784326504220


 

 

知のネットワーク – S Y N O D O S –

 

 

 

バナーPC

α-synodos03-2

1 2

vol.218+219 特集:表現の自由とポリティカル・コレクトネス

<ポリコレのジレンマ―政治・芸術・憲法から見た政治的正しさと葛藤>

・第一部 テラケイ×荻野稔(大田区議会議員)

・第二部 テラケイ×柴田英里(アーティスト/フェミニスト)

・第三部 テラケイ×志田陽子(憲法学者)

<『裸足で逃げる』刊行記念トーク>

上間陽子×岸政彦「裸足で、いっしょに逃げる」

<連載エッセイ>

齋藤直子×岸政彦「Yeah! めっちゃ平日」

○シン・編集後記(山本ぽてと)