時代劇を気軽に楽しむ「補助線」として――『エドノミクス 歴史と時代劇で今を知る』(扶桑社)あとがき

【シノドスに参加しよう!】

▶メールマガジン「αシノドス」

 https://synodos.jp/a-synodos

▶セミナー「シノドス・サークル」

 https://synodos.jp/article/20937

▶ファンクラブ「シノドス・ソーシャル」

 https://camp-fire.jp/projects/view/14015

5月に刊行された『エドノミクス 歴史と時代劇で今を知る』(扶桑社)は、経済学者の飯田泰之と時代劇研究家の春日太一が「江戸経済」と「時代劇」から今を読み解くヒントを照らし出す新しい歴史本。刊行記念として、あとがきにかえて行われた対談の模様を特別掲載! ふたりが本書で提案しようとしたものとは?

 

 

あとがきにかえて

 

春日 飯田さんといちばん最初に出会ったのは、高校1年生の2学期の終わり頃でしょうか。

 

飯田 そうだね。それにしてもなんで、春日君が俺のグループに来たのかは今でも不思議。

 

春日 中高一貫の男子校で、僕だけ高校からの入学でしたからね。高校から入るのはそれなりに難しい学校なんですが、入学した段階でやる気をなくしていて、全然、勉強しなくなってしまった。「高校デビューしよう!」と決めていたので、バレー部やアメフト部にも行ってみたんですが、それも全然ダメで。

 

飯田 リア充、無理だったんだ(笑)。

 

春日 スポーツをやって女のコにキャーキャー言われるような人生はムリだということがわかり(笑)、開き直って、逆に振れちゃったんですよね。これが俺だ、文句あるか、って。文化の世界にかぶれていって、そこで同じように、ガリ勉にもリア充にもなれない同級生らと出会って。そんな奴らが心酔していたのが、ふたつ上の飯田さんだった。

 

飯田 当時の僕は、高校生主催のイベントやったり、学園祭でワンフロア占拠してお金儲けしたりと、なんだかエンジョイしてたからなぁ。

 

春日 『涼宮ハルヒの憂鬱』にある「SOS団」みたいなのも作ってましたよね。「KHK」でしたっけ?

 

飯田 そう。海城放送研究会の頭文字をとって「KHK」。何がよかったって、放送研究会だから部室にはテレビとビデオデッキがあって。普段は、部室に入り浸ってテレビ見放題。

 

春日 自民党本部に行ったりもしませんでしたっけ?

 

飯田 行った、行った。なんの計画性もなく、「自民党の本部に行こう!」って。

 

春日 飯田さんが卒業したあとは、徳川埋蔵金を探しに群馬に行った奴らもいました(笑)。とにかく学校がつまらなかったので、何か面白いことをしようと必死だった記憶があります。飯田さんは高校を卒業し、東大入学を機に桜台で一人暮らしを始めて、私塾というか、僕らに勉強を教えてくれるようになって。

 

飯田 関東出身でひとり暮らしって珍しかったからね。そりゃたまり場になるわな。

 

春日 その飯田さんの桜台のアパートに行っていたのが、毎週水曜日の夜でした。当時、水曜夜8時から、フジテレビで時代劇をやっていて、飯田さんの家で『鬼平犯科帳』とか『御家人斬九郎』(1995年〜)を見たのが印象に残ってます。

 

飯田 あの頃のフジテレビ8時台の時代劇は、ものすごく出来がよかったよね。

 

春日 学生の目でも丁寧な作りがわかりました。当時、僕は親からもらった予備校の授業料を映画代にしたりして、年500本くらいの映画見ていたし、他の奴らも高校生のクセにウルサ方でしたが、『鬼平』や『斬九郎』はそんな僕らもつい黙って見入ってしまうほど、面白かった。

 

飯田 1990年代に高校生だと時代劇のイメージって、もう『水戸黄門』や『大岡越前』で固まっちゃってたからね。

 

春日 当時の『水戸黄門』は視聴率が毎週20%を超えていました。

 

飯田 フジの水曜8時に、水戸黄門的なのとは全然違う時代劇がやっている!というのは、やっぱり大きかった。『水戸黄門』は読売ジャイアンツのようなものだから、とりあえず、一回、アンチにならなくてはいけないんだよ。

 

 

A

 

 

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.264 

・畠山勝太「こうすれば日本の教育はよくなる」
・穂鷹知美「マスメディアの将来――マスメディアを擁護するヨーロッパの三つの動きから考える」
・大賀祐樹「リチャード・ローティ」
・西山隆行「学び直しの5冊〈アメリカ〉」
・知念渉「「ヤンチャな子ら」とエスノグラフィー」
・桜井啓太「「子育て罰」を受ける国、日本のひとり親と貧困」
・鈴木崇弘「自民党シンクタンク史(8)――「シンクタンク2005年・日本」第一安倍政権成立」