秘宝館と「言い訳」――『秘宝館という文化装置』(妙木忍)他

『秘宝館という文化装置』(青弓社)/妙木忍

 

もちろん個人差はあるけれど、多くの人にとって性的なものを積極的に見るためには「言い訳」が必要だ。学問的価値がある、信仰的に尊いものである、芸術的な目で見ている……。言い訳なしに見ていると、「えろえろ大魔神」と言われかねない。おそろしいことだ。

 

全国の温泉地にあった秘宝館。性愛シーンを表現した等身大人形や、性に関する品々が展示されており、等身大人形の近くにあるボタンやハンドルを回すと、下から風が吹き、人形のスカートがめくれるなど、参加型の展示があることが特徴だ。全盛期には20館以上存在していたが、今や栃木県日光市の鬼怒川秘宝館と静岡県熱海市の熱海秘宝館の2館を残すのみである。

 

今回取り上げる『秘宝館という文化装置』は、そんな秘宝館を「複製身体の展示」という面からとらえながら、日本の社会的背景の中で秘宝館がどのように成立・興隆・衰退してきたのか考察している。

 

興味深いのは、性を扱う秘宝館が来場者に(もしくは自分自身に)「言い訳」を用意している点である。秘宝館の元祖である伊勢の秘宝館では、性的な等身大人形の一方で、医学模型を展示していた。大衆に医学を伝える役割も一緒に付随していたのだ。実際に、入り口には「社会に役立つ元祖国際秘宝館」の看板があった。

 

それ以降の秘宝館でも、遊園地技術を応用するなどアミューズメント性を強くする一方で、入口付近に日本古来の性信仰を展示するようになっていった。民間信仰に触れる場であることをアピールしているのである。秘宝館は性的なものを楽しむ言い訳をきちんと用意してくれているのだ。

 

本書には、そんな秘宝館の展示物の写真も充実している。「妖妃マーメイド」「飛び出すヒップ」「アラビアのエロレンス」「ハーレム エロチカ・ア・ラ・カルト」など、怪しく官能的でどこか滑稽な秘宝館の世界を味わうことができる。

 

まじめに秘宝館について研究されている本なので、学問的に重要なのであり、日本の民間信仰を学べるのであり、等身大人形の芸術性を確認できる。写真に性的な内容が含まれているからといって、「えろえろ大魔神」と呼ばれる心配はないので安心して手に取って欲しい。(評者・山本菜々子)

 

 

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。

 

 

 

 

◆◆「αシノドス」購読でシノドスを応援!◆◆

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.226+227 特集:自立的思考のために

・飯田泰之氏インタビュー「経済学の基礎で社会を読み解け!――マクロ経済の思考法」

・角間淳一郎氏インタビュー「『風俗嬢かわいそう』で終わらせない――“孤立”に歯止めをかけるセカンドキャリア支援」

・【今月のポジ出し!】吉田徹「形骸化する地方自治――『くじ引き民主主義』を導入せよ!」

・藤代裕之氏インタビュー「フェイクニュースが蔓延するメディア構造はいかにして生まれたのか」

・塚越健司 学びなおしの5冊 <統治>

・齋藤直子(絵)×岸政彦(文) 「Yeah! めっちゃ平日」第八回