秘宝館と「言い訳」――『秘宝館という文化装置』(妙木忍)他

『秘宝館という文化装置』(青弓社)/妙木忍

 

もちろん個人差はあるけれど、多くの人にとって性的なものを積極的に見るためには「言い訳」が必要だ。学問的価値がある、信仰的に尊いものである、芸術的な目で見ている……。言い訳なしに見ていると、「えろえろ大魔神」と言われかねない。おそろしいことだ。

 

全国の温泉地にあった秘宝館。性愛シーンを表現した等身大人形や、性に関する品々が展示されており、等身大人形の近くにあるボタンやハンドルを回すと、下から風が吹き、人形のスカートがめくれるなど、参加型の展示があることが特徴だ。全盛期には20館以上存在していたが、今や栃木県日光市の鬼怒川秘宝館と静岡県熱海市の熱海秘宝館の2館を残すのみである。

 

今回取り上げる『秘宝館という文化装置』は、そんな秘宝館を「複製身体の展示」という面からとらえながら、日本の社会的背景の中で秘宝館がどのように成立・興隆・衰退してきたのか考察している。

 

興味深いのは、性を扱う秘宝館が来場者に(もしくは自分自身に)「言い訳」を用意している点である。秘宝館の元祖である伊勢の秘宝館では、性的な等身大人形の一方で、医学模型を展示していた。大衆に医学を伝える役割も一緒に付随していたのだ。実際に、入り口には「社会に役立つ元祖国際秘宝館」の看板があった。

 

それ以降の秘宝館でも、遊園地技術を応用するなどアミューズメント性を強くする一方で、入口付近に日本古来の性信仰を展示するようになっていった。民間信仰に触れる場であることをアピールしているのである。秘宝館は性的なものを楽しむ言い訳をきちんと用意してくれているのだ。

 

本書には、そんな秘宝館の展示物の写真も充実している。「妖妃マーメイド」「飛び出すヒップ」「アラビアのエロレンス」「ハーレム エロチカ・ア・ラ・カルト」など、怪しく官能的でどこか滑稽な秘宝館の世界を味わうことができる。

 

まじめに秘宝館について研究されている本なので、学問的に重要なのであり、日本の民間信仰を学べるのであり、等身大人形の芸術性を確認できる。写真に性的な内容が含まれているからといって、「えろえろ大魔神」と呼ばれる心配はないので安心して手に取って欲しい。(評者・山本菜々子)

 

 

秘宝館という文化装置

著者/訳者:妙木 忍

出版社:青弓社( 2014-03-21 )

定価:

Amazon価格:¥ 2,159

単行本 ( 208 ページ )

ISBN-10 : 4787233734

ISBN-13 : 9784787233738


 

 

 

 

シノドスのサポーターになっていただけませんか?

98_main_pc (1)

 

 セミナー参加者募集中!「スノーデンと監視社会の現在」塚越健司

 

 

無題

 

vol.232 芸術にいざなう 

 

・吉澤弥生氏インタビュー「人をつなぐ芸術――その社会的評価を再考する」

・【現代演劇 Q&A】長瀬千雅(解説)「時代を捕まえるダイナミクス――現代演劇事始め」

・【今月のポジ出し!】橋本努「タックス・ヘイブン改革 香港やシンガポールにも圧力を」

・増田穂「『知見』が有効活用されるために」

 

vol.231 ひとりひとりが生きやすい社会へ 

・森山至貴氏インタビュー「セクシュアルマイノリティの多様性を理解するために」

・【障害児教育 Q&A】畠山勝太(解説)「途上国における障害児教育とインクルーシブ教育」

・【あの事件・あの出来事を振り返る】矢嶋桃子 「草の根の市民活動「タイガーマスク運動」は社会に何をもたらしたのか」

・成原慧「学び直しの5冊 <プライバシー>」

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.232 特集:芸術へいざなう

・吉澤弥生氏インタビュー「人をつなぐ芸術――その社会的評価を再考する」

・【現代演劇 Q&A】長瀬千雅(解説)「時代を捕まえるダイナミクス――現代演劇事始め」

・【今月のポジ出し!】橋本努「タックス・ヘイブン改革 香港やシンガポールにも圧力を」

・増田穂「『知見』が有効活用されるために」