昆虫食への眼差し ―― ナミビアの昆虫食と資源活用への展望

いま、昆虫食に熱い視線が注がれています。2013年5月13~15日にローマで開催されたFAO(国連食糧農業機関)の国際会議「食料安全保障・栄養のための森林に関する国際会議」では、森林産物のひとつである昆虫の活用が話題になりました。また、その会議に合わせて発表された200ページにわたるFAOの調査報告書「Edible Insects: Future Prospects for Food and Feed Security」では、昆虫の食料や飼料資源としての可能性について議論されています。2050年には全世界で90億人に達すると試算される人口を養う潜在的な食料源として、これまで産業として活用が「未発達」であった昆虫に注目が集まっているのです。

 

しかし、昆虫食という言葉をそもそも聞いたことがない人も多いのではないでしょうか。日本では、イナゴやハチノコをはじめ、ザザムシやカイコの幼虫、セミ、ゲンゴロウなど、地域によって異なる昆虫が食材として用いられ、現在でも一部のものは根強い人気があります。しかし、日本で昆虫食といったときに多くの人が想像されるものと、世界で広くみられる昆虫食のあいだには、そのニュアンスに少し隔たりがあるように思われます。ここでは、わたしが長年調査を行ってきた、アフリカのナミビア共和国の事例から、昆虫食の現状の一端を紹介したいと思います。

 

 

食文化としての昆虫食

 

アフリカでは熱帯雨林から砂漠まで、多種多様な昆虫が食用にされています。なかでも、アフリカではシロアリ類とイモムシ類が広範囲で食用にされていることが知られています。わたしの調査地であるナミビア北部に暮らす人々はシロアリやイモムシ(5種類)・コガネムシ(幼虫)・カメムシ(成虫と若虫)・タマムシを食用にしています。ナミブ砂漠が広がり、国土の大部分が乾燥気候下に位置するナミビアでは、熱帯雨林に比べると食用とする昆虫の数は少ないのですが、それは現地に生息するとみられる数百種類に及ぶ昆虫のなかから、食用に適したものを選び抜いた結果であるともいえるでしょう。

 

ナミビア北部の地域には、農業と牧畜を営むオヴァンボという民族が暮らしています。彼らは乾燥した土地で、トウジンビエというヒエの一種を栽培し、それを主食にしています。昆虫はそのおかずの一品として用いられます。おかずは現地語で、“オムウェレロ”とよばれ、肉や魚、酸乳、野草などが含まれます。ある村に住んでいる人たちに「おいしいオムウェレロは何?」と尋ねると、鶏肉やヤギ肉、魚がよくあげられますが、イラガの幼虫の“オカナンゴレ”は、それらを抑えて一番おいしいという人が半数以上いました。昆虫は日々の「おいしいおかず」の代表格でもあるのです。

 

 

オカナンゴレ(イラガの幼虫)を集める女性

オカナンゴレ(イラガの幼虫)を集める女性

 

 

これらの昆虫は、採集をした後に下処理を行い、種ごとに異なる調理の仕方がされます。たとえば、“オマヘンコエ”と現地語でよばれるヤママユガ(の一種)の幼虫は、内臓を取り出したのち、沸騰させた少量のお湯のなかに塩とともに入れて水が蒸発するまで火を通し、その後乾燥させます。そして、ふたたびお湯にスープの素などと一緒にいれて煮込み、「イモムシスープ」にします。一方、先に紹介した“オカナンゴレ”は、内臓を取り出さずに沸騰させた少量のお湯に塩とともに入れて火を通し、乾燥した状態で食べます。コガネムシの幼虫は少量の油とともに炒めて食べます。それぞれ、昆虫ごとにもっともおいしい食べ方があり、それは各家々によっても少しずつ変わっています。

 

 

主食のオシスィマ(トウジンビエの練り粥)とイモムシスープ

主食のオシスィマ(トウジンビエの練り粥)とイモムシスープ

 

炒めたコガネムシ幼虫

炒めたコガネムシ幼虫

 

 

わたしの一番のお勧めは、カメムシです。カメムシというと、「臭いが気になるのでは?」と日本の友人からは言われますが、不思議なことにナミビアのカメムシはむしろ香ばしい匂いがします。このカメムシは、煎ってそのまま食べたり、またご飯にのせて食べたりします。最初、この「カメムシご飯」をみたときは、ぎょっとしましたが、食べてみると意外とおいしいのに驚きました! 昆虫食も他の食材と変わらない、洗練された食文化であるといえます。

 

 

カメムシご飯

カメムシご飯

 

 

昆虫食を支える幅広い知識と技術

 

野生/半野生の昆虫を自分で採って利用するためには、地域の自然環境や昆虫の生態に関する幅広い知識が必要となります。ナミビア北部では、コガネムシの幼虫は餌となる有機物が豊富な家畜囲いのなかに発生します。それぞれの家ではたいてい家畜を飼っているので、自分の敷地にある家畜囲いのなかで勝手に育っているコガネムシの幼虫を、クワを片手に掘りに行きます。「ちょっとおかずをとってくるわね」という様子です。家畜の横で土を掘って探すだけなので、難なく手に入ります。また、カメムシも畑に生えているスイカの葉の裏にたくさんいるので、駆除のついでに、たくさん採ることができます。

 

 

コガネムシの幼虫を掘る女性たち

コガネムシの幼虫を掘る女性たち

 

 

一方、イモムシ類は、発生の時期や場所を予想することが困難です。発生の時期になると、「今年はどこの地域でたくさんでている」という情報が毎日のように村のなかを駆けめぐり、本当だということがわかると人々は連れだって採集に行きます。不思議なもので、イモムシは局所的に大発生する傾向があります。そうした場所に行くと1時間も採れば袋にいっぱいのイモムシを集めることができます。しかし、大量の昆虫を入手するためには時期や場所などの知識が必要で、住んでいる人でないとそうした採集を行うのはなかなか難しいようです。

 

こうして集めたイモムシは、先に紹介したような下処理を行い、乾季のための非常食にされます。乾燥気候下にあるナミビアでは、乾季に食料が少なくなるため、その時期に備えた保存食でもあるのです。昆虫食は、採集や調理、保存などに関する幅広い知識や技術のなかに成立しているといえます。

 

 

 

◆◆シノドス・ラウンジに参加しませんか?◆◆

 

 

 

困ってるズ300×250

 

 

α-synodos03-2

1 2

vol.204 特集:都市再生

・木村幹夫×飯田泰之「不動産情報はウソをつけない!?――登記簿情報から読み解く、空き家、相続、ニュータウン、AI利用」
・木曽崇「都市の経済的価値を高めるナイトタイムエコノミー」
・久繁哲之介「市民・顧客は『攻略する対象でなく、協働する仲間』――競わない地方創生」
・田中友章「都市再生プロジェクトへの景観法の活用」
・富井規雄「電車はなぜ遅れるのか?――都市における電車の遅延メカニズムとその対策」