過去を生きた人びとに寄り添って――「島」から学ぶ、歴史社会学

「歴史社会学」という学問をご存知ですか? 「歴史学? 社会学? いったいどっちなの?」と疑問に思う方も少なくないかもしれません。今回の「高校生のための教養入門」は社会学者の石原俊先生に、ご専門である歴史社会学についてお話を伺いました。なんだか難しそうな雰囲気の漂う「歴史社会学」。石原先生が歴史社会学にのめり込むきっかけとなったのは、かつては忘れられていたという、ある「島」との出会いでした。(聞き手/金子昂、構成/倉住亮多)

 

 

社会学のルーツは歴史社会学にあり!?

 

―― 歴史社会学とはどんな学問なのでしょうか?

 

歴史社会学は、社会学のおおもとになる分野だと私は思っています。社会学の歴史は、だいたい150年程度しかありません。政治経済学や歴史学などに続くかたちで19世紀に社会学が誕生しました。社会学は、いわゆる「近代」と呼ばれる社会を、自己反省的に見る学問として誕生したと私は考えています。

 

日本の学校における歴史の学習は、基本的にたくさんの暗記労働をこなした人間がいい大学への切符を手に入れるという、非常に悪名高いものです(笑)。中学校や高校の先生たちも、ほんとうはそんな暗記労働などさせたくないでしょうけど、こうした受験制度のために、大学以前の学校で歴史学を含む社会科学の研究成果を学ぶ機会はほとんどない状態です。そのため高校生はきっと「近代」という言葉を、事件や年号を覚える時期区分の道具として“覚えている”と思います。「明治維新からアジア太平洋戦争までの時期を『近代』と呼ぶ」と。

 

しかし社会科学における「近代」は、時期区分ではなく、ものごとを包括的、普遍的に捉えるための理論的な概念なんです。そして社会学が対象とするこの「近代」には、非常に強いメカニズムを備えた制度や装置が存在することが特徴です。「近代」とは、それらの制度や装置の複合体に、人類史上始めて世界中の人びとが巻き込まれていってしまった時代だと言えます。この観点からみれば、現代社会でも「近代」は継続中です。

 

 

―― 「非常に強いメカニズムを備えた制度や装置」とは?

 

たとえば資本主義とか国民国家とか、あるいは官僚制であるとか、学校制度、医療・福祉制度などといったものを思い浮かべることができるのではないかと思います。そうした非常に強い力をもった制度の複合体に、人びとがグローバルな規模で巻き込まれてしまう、そういう時代が「近代」であるということですね。

 

そうした近代におけるさまざまな制度や装置のメカニズムを明らかにし、また、そのなかで人びとがどのように生活しているのかを明らかにするのが、社会学のもともとの問題意識であったように思います。

 

ここで勘の良い人はわかると思うんですけれども、そうした意味で社会学は、歴史的な考え方とは無縁ではいられません。そうした意味で社会学は、近代というものを歴史社会学的に捉える学問として誕生したとさえ言えるかもしれません。

 

 

過去を生きた人びとの視点から

 

―― 社会学そのものが歴史的な考え方を必要とする学問であるという話ですが、それでは一般的な社会学と歴史社会学の相違点はどこにあるんでしょうか?

 

たとえば経済学だと、貨幣や資本をめぐる現象に焦点が絞られています。あるいは政治学であれば、国家組織、国際機構やさまざまな政治集団を対象としています。このようにそれぞれかなりはっきりとした対象があるわけですよね。

 

一方、社会学は「なんでもあり」というところがあり、研究の対象とするものを「◯◯社会学」というかたちで規定します。たとえば、都市社会学、産業社会学、家族社会学、ジェンダーの社会学、医療社会学など、さまざまなものがあって、そうしたものをまとめて「連字符社会学」と呼ぶんです。連字符というのはハイフンのことで、たとえば「都市−社会学」のように、対象とする領域と「社会学」をハイフンで結んだかたちに表記できるところから来ています。

 

これらの連字符社会学は、都市にせよ、産業にせよ、家族にせよ、近代的な制度を扱っていますから、そもそも歴史社会学的な発想をもっている。では連字符社会学と歴史社会学はどこが違うかというと、それらの連字符社会学が歴史的な側面を扱うときは、どうしても研究者が生きている同時代の視点から、過去のことがらのなかの都合のいいところだけを拾ってきたりする場合が、全部とはいいませんが、少なくないんですね。それは歴史学ではなく社会学と名乗っている以上、仕方ないといえば仕方ないのですが。

 

一方で歴史社会学は、過去の人びとの歴史的経験の意味というものを、現在の観点から一方的に評価するのではなく、できるだけ同時代を生きた人びとにとっての意識や実践の意味に焦点をあてて見ていきます。過去の眼に寄り添って現在の社会をみていくことで、現在の眼からみた過去のステレオタイプなイメージを問い直していこうとする、そういうところが他の連字符社会学とは少し違うと思います。

 

 

DSC_9538

 

 

 

シノドスのサポーターになっていただけませんか?

98_main_pc (1)

 

 セミナー参加者募集中!「スノーデンと監視社会の現在」塚越健司

 

 

無題

 

vol.232 芸術にいざなう 

 

・吉澤弥生氏インタビュー「人をつなぐ芸術――その社会的評価を再考する」

・【現代演劇 Q&A】長瀬千雅(解説)「時代を捕まえるダイナミクス――現代演劇事始め」

・【今月のポジ出し!】橋本努「タックス・ヘイブン改革 香港やシンガポールにも圧力を」

・増田穂「『知見』が有効活用されるために」

 

vol.231 ひとりひとりが生きやすい社会へ 

・森山至貴氏インタビュー「セクシュアルマイノリティの多様性を理解するために」

・【障害児教育 Q&A】畠山勝太(解説)「途上国における障害児教育とインクルーシブ教育」

・【あの事件・あの出来事を振り返る】矢嶋桃子 「草の根の市民活動「タイガーマスク運動」は社会に何をもたらしたのか」

・成原慧「学び直しの5冊 <プライバシー>」

1 2 3 4 5
シノドス国際社会動向研究所

vol.232 特集:芸術へいざなう

・吉澤弥生氏インタビュー「人をつなぐ芸術――その社会的評価を再考する」

・【現代演劇 Q&A】長瀬千雅(解説)「時代を捕まえるダイナミクス――現代演劇事始め」

・【今月のポジ出し!】橋本努「タックス・ヘイブン改革 香港やシンガポールにも圧力を」

・増田穂「『知見』が有効活用されるために」