どうして妻は不機嫌なんだ?――産後に冷え込む夫婦の愛情

出産後の女性に訪れる3つの危機

 

―― やっぱり男の人は出産を経験できないので、出産後の妻の気持ちがなかなかわからないんだと思うんですよね。だから「産後クライシス」が起きちゃうんじゃないのかな、と。

 

出産は女性の生き方を大きく変えるイベントです。この本では産後に身体的危機、精神的危機、社会的危機が訪れると書きました。

 

身体的危機ですと、とにかく陣痛はひたすら痛くてたまりませんし、しかも生み終わってもずーっと痛いんですね。体力もなかなか回復しなくて、私は出産後に普段なら20分程度で行ける1キロほどの道のりを1時間以上かけてゼエゼエ言いながら歩きました。母乳が詰まると胸は腫れるし、乳首も痛い。朝から晩まで赤ちゃんに手をかけなくてはいけないのでひたすら体力が削がれます。

 

精神的にも不安になります。ちゃんと育児ができるか不安になりますし、泣いている赤ちゃんがどうして欲しいと思っているのかわからない。私は辛い物が大好きなのですが、辛い物を食べると母乳が不味くなるのか、赤ちゃんがおっぱいを飲んでくれない。すぐにペッと吐きだされてしまう。自分の時間なんてとうてい持てませんから、すべての時間を赤ちゃんにあわせて過ごさなくてはいけません。

 

そして、いつになったら仕事に戻れるんだろうという社会的な不安もあります。育休が終わって仕事ちゃんと戻れるのか。保育園に入ることはできるのか、子育てをしながら働くことはできるのだろうかという不安。しかもいまは少子化ですから、同じくらいの赤ちゃんを育てている方が近所にいないので、相談することもなかなかできない。友達に子どもがいなければ、話題もすれ違って友達とも疎遠になってしまいます。

 

そんなたくさんの不安の中で、夫がほろ酔いで上機嫌に帰ってきたら……。たいしたことじゃないとお思いなのでしょうが、いろいろなものが積み重なっている妻の怒りが爆発してしまうのも仕方ないと思います。妻の怒りが爆発しなくても、夫からしたら、なぜかわからないけど不機嫌な妻がいる家には帰りたくなくなってしまって、つい仕事帰りに一杯飲みに行ってしまう。これってお互いにとっても不幸なことですよね。

 

お聞きしたいのですが、家事ってなんだと思いますか?

 

 

―― えっ、家族が暮らす空間を整える事、でしょうか……?

 

それって家事を「作業」だと考えているということですよね? でも家事ってそういうことじゃないと思うんです。「家族」の「事」で「家事」だと思うんですね。家族という営みの一つが「家事」なのではないでしょうか。

 

長時間労働にも種類があると思うんですけど、時間管理ができないでだらだらと会社にいるのはやめたほうがいいと思います。うちの職場でこんなこというと怒られちゃいますけど(笑)。でも家事や育児が「家族事」だったら、家族と一緒にいる時間も計算して、時間を管理すると思うんですよね。

 

この本で取り上げている例の多くは、家事に関する場面についてです。でも、家事って裾野だと思うんですね。取材をしてわかったのは本当に問題なのは家事ではなくて、夫と妻が、しっかりお互いのことを話し合えるかどうかなんですよ。その最初の試練が産後なんです。

 

不景気の中で、グローバル化も進んで、男性もとてもたいへんです。他の国に比べて実労働時間が非常に長くて、家族との時間がなかなか持てない。重要なプロジェクトで徹夜が続き、くたくたになって帰宅しているので赤ちゃんの面倒をみる余裕なんてない。夜に帰って子どもと遊んでいたら、「寝かしつける時間に興奮させないでよ」と妻に嫌な顔をされることもある。

 

でも「いまは大事な仕事があるからどうしても子どもの面倒がみられない」とか「いま育児にたいへんだから、少し早めに帰ってきてほしい」とか、夫婦で自分たちの状況を話し合って、どんなことを考えているのか伝えて、ちゃんと二人が納得できれば、きっと夫婦仲も悪化しないと思うんですね。【次ページにつづく】

 

 

photo

 

 

 

バナーPC

α-synodos03-2

1 2 3

vol.218+219 特集:表現の自由とポリティカル・コレクトネス

<ポリコレのジレンマ―政治・芸術・憲法から見た政治的正しさと葛藤>

・第一部 テラケイ×荻野稔(大田区議会議員)

・第二部 テラケイ×柴田英里(アーティスト/フェミニスト)

・第三部 テラケイ×志田陽子(憲法学者)

<『裸足で逃げる』刊行記念トーク>

上間陽子×岸政彦「裸足で、いっしょに逃げる」

<連載エッセイ>

齋藤直子×岸政彦「Yeah! めっちゃ平日」

○シン・編集後記(山本ぽてと)