正当性と正統性

たとえば典型的な事例として、敗訴判決を受けて行政訴訟の原告側弁護団が「不当判決」という垂れ幕を掲げて出てくるような場面を想像してほしい。もちろん彼らは当該判決に不服であり、それが「正しくない」ものだと思っているのだが、しかしなおそこで否定されている「正しさ」と否定されていない「正しさ」の差異を、われわれは考えることができる。

 

 

ふたつの「正しさ」と「せいとうせい」

 

前者は、この事例において納得のいく結論を与えているかどうかという問題である。仮に彼らの満足行くような判決が出されていたとしたら、「正当な判断だった」とうなずくことになるだろう。このように、特定の判断が「正しい」か「正しくない」かを問題にするのが「正当性」(justness)である(なお、《正当であると証明できること》=「正当化可能性」justifiability、あるいはその証明=「正当化」justificationは、本当に最終的に区別できるのかは別として、さしあたり「正当性」それ自体とは別の概念である)。

 

一方、彼らがいかに裁判所の具体的な判断に不満であるとしても、その裁判所が事件に対して判断を下す適法な権限をもち、またその判断が社会で通用する権威をもっていることを認めているからこそ、彼らは訴訟提起という行為を選んだのだということができる。仮に裁判制度自体を、あるいはその裁判所を設置した国家自体の存在を不当なものだと考えているとか、それは茶番劇にすぎず得られた判決にもまったく実効性は期待できないと考えるなら、そもそも訴訟という手段に訴えようとは思わないだろう。

 

ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争の際のセルビア人勢力指導者であったラドヴァン・カラジッチの事例をみてみよう。イスラム系ボスニア人などに対する民族浄化を指示した疑いで2008年に逮捕された彼は、国連の設置した旧ユーゴスラビア戦犯法廷に起訴されたが、裁判の冒頭に行われる罪状認否に対して答弁自体を拒否している。当該法廷は国際社会を代表していないNATOの組織にすぎず、自分を裁く権限をもっていないというのである。

 

このように裁判所自体を受け入れない態度と比較したとき、冒頭の行政訴訟の事例は、今回の判断には不服であるとしても裁判所自体の存在と権威は認めている態度だということになろう。このように、具体的な決定が「正しい」権限に由来しているのか、「正しい」手続きによって形成されたかといった点を問題にするのが「正統性」(legitimacy)である。

 

このようにわれわれはレベルの異なるふたつの「正しさ」を分けて議論するのだが、困ったことに日本語ではどちらも「せいとうせい」と発音されるので、前者を「当たるせいとうせい」、後者を「統べるせいとうせい」と説明したり、もう面倒になってjustnessとlegitimacyと横文字のままで喋っていたりする。「研究者は小難しい英語を使って格好をつけている」などと批判されることがあるが、ときにはこのような事情があるのだと、これは余談。

 

 

民主政と正統性の課題

 

ところでこのように分析の道具を準備するのは何故かというと、民主政の抱える課題をこの《正統性の根拠》という面から考えることができるからである。つまり、民主政とは基本的に多数による少数の支配であり、多数による決定に対して敗れた少数派はつねに不満を抱えることになる。多数派の支える政府の決定を「正当」だと思わない彼らが、しかし政府の命令にしたがう根拠があるとすれば、それは「しかしそれでもこれが政府の合法的な命令には違いない」という正統性だと考えられる。

 

逆にいえば、正統性を支える根拠が失われたとき、少数派はそれでも政府にしたがう義務があるとは考えず、穏やかにはサボタージュや市民的不服従、激しくは反乱・革命・独立運動といった実力行動に訴えて自ら「正当」だと信じるところを実現しようとするだろう。それが正しいかどうかは別にして少数派が正統性を疑う理由のありそうな社会、たとえば法的な人種差別が維持されていた時代のアメリカを考えれば、そこで黒人たちが政府の決定にしたがうべき義務があると考えるかどうかは疑問だということになる。そもそも、「代表なくして課税なし」とはアメリカ独立運動それ自体のスローガンだったはずだ。その意味するところは、つまり代表を選ぶ権利こそが政府の正統性の根拠であり、それが欠けている場合には服従の義務がないということである。

 

これ以外にも正統性の根拠としてはさまざまな候補をあげることができる。たとえば、同胞愛や民族意識(同じ◯◯人として政府にはしたがおう)、逆転可能性(次に自分たちが政権を取ったら相手にも言うことを聞かせたい)、あるいは首尾一貫性(統治が首尾一貫しており、結論は違うとしても一定の意見として尊重できる)。気づかれた方もいるだろう通り、つまりこれは「法にしたがう義務」、遵法責務を支える根拠の議論に等しい。法が政治によってつくられることを考えれば当然のことではある。だが重要なのは、いずれにせよ《内容的な正しさ》はここに入ってこないということだ。

 

 

 

シノドスのサポーターになっていただけませんか?

98_main_pc (1)

 

 セミナー参加者募集中!「スノーデンと監視社会の現在」塚越健司

 

 

無題

 

vol.231 ひとりひとりが生きやすい社会へ 

・森山至貴氏インタビュー「セクシュアルマイノリティの多様性を理解するために」

・【障害児教育 Q&A】畠山勝太(解説)「途上国における障害児教育とインクルーシブ教育」

・【あの事件・あの出来事を振り返る】矢嶋桃子 「草の根の市民活動「タイガーマスク運動」は社会に何をもたらしたのか」

・成原慧「学び直しの5冊 <プライバシー>」

 

vol.230 日常の語りに耳を澄ます 

・荒井浩道氏インタビュー「隠された物語を紡ぎだす――『支援しない支援』としてのナラティヴ・アプローチ」

・【アメリカ白人至上主義 Q&A】浜本隆三(解説)「白人至上主義と秘密結社――K.K.K.の盛衰にみるトランプ現象」

・【今月のポジ出し!】吉川浩満「フィルターバブルを破る一番簡単な方法」

 

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.232 特集:芸術へいざなう

・吉澤弥生氏インタビュー「人をつなぐ芸術――その社会的評価を再考する」

・【現代演劇 Q&A】長瀬千雅(解説)「時代を捕まえるダイナミクス――現代演劇事始め」

・【今月のポジ出し!】橋本努「タックス・ヘイブン改革 香港やシンガポールにも圧力を」

・増田穂「『知見』が有効活用されるために」