性差別野次からみる、日本一議会改革の遅れた東京都議会の問題

2014年6月18日の都議会の最中、一般質問を行う塩村あやか都議(みんなの党)に対して性差別的な野次が飛ばされたとして、連日報道を騒がしている。23日には、自民党会派に所属する鈴木章浩都議が記者会見を開き、「早く結婚したほうがいいんじゃないか」と野次を飛ばしたことを認め会派を離脱した。鈴木都議の記者会見直後に行われた塩村都議、同じくみんなの党会派の上田令子都議、そして経済学者・飯田泰之による鼎談の模様をお送りする。(構成/金子昂)

 

 

悔しいというより、情けなかった

 

飯田 たいへんお忙しいところありがとうございます。今日は、塩村議員が受けた野次についてのお話はもちろん、そこから都議会をどう変えていくべきなのか、塩村議員が今後どうしていきたいとお考えなのかも含めてお話を伺いたいと思います。今日(23日)になってからの急展開とさきほどの謝罪と……お時間もないところでしょうからさっそく本題に入ります。

 

野次の内容についてはもちろん、その後の対応の酷さを含めて報道の多くは塩村議員に同情的でしたが、その一方で「こんなことで泣くんじゃない!」といった意見も多いようです。これには二重にも三重にも驚きました。塩村さんは一連の問題に関する報道や識者見解をみて、どのようにお感じですか?

 

塩村 とてもバタバタしていてほとんど報道は見ていないんですよね。ただ、私が号泣しているように思われているのは驚きました。涙声になったのは確かですけど、あの場で涙は流れていません。流れていないんですよ。

 

それに涙声になったのも、悔しいというか、情けないと思ってしまって。性差別の問題は、政策に最も近い私たち議員が一番理解していなければ解決に向けて進んでいかないですよね。今回の野次は、「セクハラなんとか集」みたいなものがあるならば、一ページ目に載っているような、本当に古典的な、耳にしたことを疑うようなものだったので……。あまりにびっくりしてしまって質問が止まっちゃったんです。

 

飯田 野次の内容そのもの以上に、「いまどきこんなことを言う人がいるのか!?」という酷さに驚いたというわけですね。これまでも差別的な野次を受けたことはありますか?

 

塩村 差別的な野次というよりは、もともと都議会の、少数会派に対する風当たりがすごく強いんですね。しっかり勉強してきても、たとえ与党と同じような質問になったとしても、「間違ったことを言うな」「わかりきったことを質問するな」という野次が飛んでくるんです。とてもじゃないけれど、政策のことを野次っているとは言えないものもたくさんあります。

 

都議会の意識は私が思っていたよりも低いことがわかりました。ここをあげていかないと変わらない。今回の「セクハラ」という言葉でくくられている騒動と同じようなことが、これからも起きてしまうように思います。

 

上田 今回の問題で都議会の一部の前時代性が明らかになったのではないかと。いまだにこのレベルのまま止まっているんです。だから議長も止めないし、本人もずっとしらばっくれていた。処分請求書を出したって受け付けもしなかった。3段も4段も酷かったですよね。

 

 

人の発言権を奪う野次は議会制民主主義に反している

 

飯田 野次について肯定的な意見もありますよね。

 

塩村 野次自体どうなのかと思っています。あえて言えば、応援や合いの手ならいいと思いますよ。例えば一年生議員に対して、「どなたさまー?」という決まり文句の野次があるんですね。最初は失礼だと思ったんですけど、最近は「あ、またでた」と和むこともあって。今回の野次騒動でも、髪をかきあげながら笑うシーンがたびたび報道で使われていますが、あれは苦笑いじゃなくて、「どなたさまー?」が聞こえてつい笑っちゃっただけなんです。

 

飯田 それは知りませんでした。報道などでは全部がセクハラ野次への反応のように取り上げられていますね。かけ声のような野次もあるというわけですね。

 

上田 自分の声も聞こえなくなるくらい酷いときもあるんですよ。あまりにもうるさい場合は議長が制するように地方自治法129条に書いてあるんですけど、今回はそんなことなかったですよね。言論の場ですから、人の発言権を奪うことは議会制民主主義に反しています。みんなの党は自由主義の政党ですので、発言の自由は特に重要だと思っています。

 

 

全体

 

 

 

■■■ アンケートにご協力ください。 ■■■

 

 

1 2 3 4
300_250_5g 困ってるズ300×250 α-synodos03-2

vol.198 特集:大人の学習

・関本保孝氏インタビュー「棺桶に夜間中学の卒業証書を入れてほしい――夜間中学における大人の学習とは」

・舞田敏彦「成人にも開かれた教育機会を――求められる『リカレント教育』とは」

・福田一彦「朝活学習は効果的なのか?」

・石村源生「サイエンスカフェの拓く未来――市民が互いの学習環境を能動的にデザインしあう社会を目指して」