日本におけるLGBTの法整備の動き

 

「この法案はあくまでもお互いに愛し合っている二人のための法案。核戦争を仕掛けるわけでもなく世界の終わりでもない。この法案が可決したからといって明日太陽は昇るし、住宅ローンが増えるわけでも皮膚病になるわけでもなく、ベッドにヒキガエルが発生することもありません。影響がある人にとってはとても素晴らしいものであって、それ以外の人には人生はなにも変わりません」

 

これは今年4月、ニュージーランドで同性婚が法制化されたときの同国議員のユーモアあふれるスピーチです。

 

LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)などのセクシュアル・マイノリティにかんして、日本国内では少しずつ「身近な存在」として認知が進んでいる感もあるこの頃ですが、国内ではニュージーランドのような「同性婚」はできないのみならず、あいかわらず学校や職場で「ホモ」「オカマ」と指をさされる人々も多く、また当事者の相談先もかぎられ、さらに自殺率も高い――そんな過酷な状況が野放しにされていることも事実です。

 

ここ日本でも、LGBTを社会的な存在として認知し、法制度にかんする議論がなされるべきではないでしょうか(アマガエルも発生しません)。

 

そもそもセクシュアル・マイノリティってなに? ゲイと性同一性障害ってどう違うの? という読者のみなさんはこちらをご覧ください。

 

 

「セクシュアル・マイノリティ/LGBT基礎知識編」http://synodos.jp/faq/346

 

 

ここでは、これまでの日本におけるLGBTの法整備にかんする各政党や国会議員の動きについて検証をおこない、今後どのような展開の可能性があるのかについて考察していきたいと思います。

 

 

まずは各政党の公約を比較すると

今回の参院選で、LGBTにかんする公約が確認できるのは

 

・民主党
・公明党
・日本共産党
・社会民主党

 

の4政党、その他(政党要件を満たしていない)政治団体では緑の党が言及しています。

 

各政党の言及は、具体的には以下の通りです。

 

 

■民主党

 

「差別解消」の項に「性的マイノリティなどが差別を受けない社会をめざします」。
(民主党政策集 http://www.dpj.or.jp/compilation/policies2013/50070)

 

 

■公明党

「性的マイノリティの人々が暮らしやすい社会の構築」として、具体的には「性的マイノリティの人々への理解を深め、偏見や差別をなくすことを目的とした多方面にわたる啓発や人権相談体制の強化など、必要な施策の充実に努め、性的マイノリティの人々が暮らしやすい社会を構築します。」「性同一性障がいについて、精神保健福祉センターなどの相談窓口体制の強化や、学校教育での配慮を図るとともに、医療や人権分野の環境整備を進める」(政策集Policy2013 http://www.komeito.com/policy2013/index.php)

 

 

■日本共産党

「性的人権を守り社会的地位向上をはかる」として、具体的には「性別や性自認、性的指向を理由とした、就労や住宅入居などのあらゆる差別をなくし、生き方の多様性を認め合える社会をつくります。公的書類における不必要な性別欄を撤廃するよう求めます。未成年の子どもがいても性別の変更が可能となるよう、「性同一性障害特例法」を見直します。また、性同一性障害の適合手術には数百万円がかかるなど、当事者の負担は深刻です。保険適用に性同一性障害をくわえ、治療のできるクリニックの拡充を求めます。

公営住宅、民間賃貸住宅の入居や継続、看護・面接、医療決定の問題など、同性のカップルがいっしょに暮らすにあたっての不利益を解消するため力をつくします。欧米各国のパートナーシップ法などを参考に、日本でも性的マイノリティの人権と生活向上、社会的地位の向上のために力をつくします。」(2013年参院選挙政策 http://www.jcp.or.jp/web_policy/html/2013sanin-seisaku.html)

 

 

■社会民主党

 

「ゲイ・レズビアンなどの性的マイノリティへの偏見解消に取り組みます。職業選択・雇用や公営住宅・高齢者施設への入所などについて、性的指向や性自認を理由とした差別的取り扱いを禁止します。性別にかかわらず多様な形態の家族に対して民法上の権利を保障する、フランスのPACS(連帯市民協約)にならった新制度の創設を目指します。性別適合手術などへの健康保険適用を行います。」
(2013年社民党参院選公約 http://www5.sdp.or.jp/policy/policy/election/2013/)

 

各党の政策は、相談機関の拡充や差別の禁止など「比較的消極的な」人権施策から、同性カップルの権利保障まで踏み込んだものなど、幅がある内容になっています。まずは政策にきちんといれること、さらに既に言及している政党の公約を充実させていく働きかけはもちろん重要ですが、公約にあげられていることをどう具体的に活かしていくかが問われているように思います。また今回、みんなの党は、前回の公約にあった性的マイノリティに関する記載を削ってしまいました。政治家個人の想いや「ひととなり」に期待するだけでなく、「組織として」性的マイノリティについてどのような姿勢で捉えているのかを内外に示していくための指標として、今後も注目していきたいところです。

 

 

公約で大々的に触れていない政党でも・・

 

公約で大々的に触れていない政党でも、党内には同性愛者の権利についての見解に賛否両論があります。

 

民主党は与党時代に、党内の有志議員による「性的マイノリティ小委員会」を結成、何度も勉強会や議論を重ねたすえに、2012年秋に改定された「自殺総合対策大綱」において性的マイノリティを自殺のハイリスク層であり、教育機関等での理解促進が必要であるという画期的な内容を盛り込むことに大きく貢献しました。

 

自民党については、党内の意見はさまざまであるものの、2013年より馳浩衆議院議員が中心となって「性的マイノリティにかんする課題を考える会(仮称)」を立ち上げる動きがあります。日本維新の会ではLGBTの就職差別について西根由佳衆議院議員がたびたび衆議院法務委員会で取り上げています。

 

α-synodos03-2

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.220 特集:スティグマと支援

・稲葉剛氏インタビュー「全ての人の『生』を肯定する――生活保護はなぜ必要なのか」

・内田良「児童虐待におけるスティグマ――『2分の1成人式』を手がかりに考える」

・金泰泳(井沢泰樹)「在日コリアンと精神障害」

・加藤武士「アディクション(依存)は孤独の病」

・齋藤直子(絵)×岸政彦(文)「Yeah! めっちゃ平日」第五回