もうひとつの沖縄戦後史──「オッパイ殺人事件」と経済成長

電子マガジン「α-synodos」新連載! 貧困、スラム、売春、犯罪……。1960年前後の「沖縄タイムス」の記事から、戦後沖縄の知られざる側面を鋭く切り取る。

 

 

     *  *  *

 

沖縄戦が終わってから13年、復帰まであと14年。1958年は、「戦後沖縄」のちょうど折り返しの時期だった。

 

那覇のすぐ隣にあり、いまでは閑静なベッドタウンとなっている浦添市。1958年、この街で凄惨な事件が起こった。

 

ある日、浦添市沢岻付近の幹線道路で、走行中のトラックに飛び込んだAという29歳の青年がいた。Aは一命を取りとめたが、「可愛いやつを殺した、俺もこの車で轢き殺してくれ」とわめいていたという。

 

そのすこし前。Aは、近所に住む遠縁の自宅を訪れ、同じことを話していた。「一番可愛いやつを殺した。君や親戚を皆殺しにして、俺も死ぬ」そう叫んでいた。そして、Aは、ズボンのポケットから、切り取ったばかりの血まみれの片方の乳房を取り出して、その親戚の青年に差し出したという。

 

前の晩おそく、Aは、同居する妻B子(19)を近所の林のなかで撲殺し、その死体とともに夜を明かした。死体の皮膚には「スキ」という文字が刃物で刻まれていた。彼はナイフでB子の死体から片方の乳房をえぐり取り、それをポケットに入れてふらふらとさまよい、死のうと思ってトラックに飛込んだのである。殺されたとき、B子は妊娠していた。

 

この事件は、猟奇的で残酷な殺人事件として当時の新聞などで詳しく報道されているが、青年AやB子の詳しい生い立ちまでは記録されていない。わかっているのは次のことだけである。

 

Aは地元の地主の長男で、8000坪の土地を相続によって所有していたが、事件当時までにはほとんど売り払っていた。定職に就かず、強盗、窃盗、傷害、暴行、放火などを繰り返し、前科7犯であった。そして、新聞記事によれば「宜野湾村真栄原新町の飲み屋で働いていたB子さんと知り合い、1万5千円の前借を支払って身うけ一緒になった」[沖縄タイムス 1958.10.21] 。B子の両親は当時、ブラジルに移民していた。ふたりはこのようにして出会い、隣町の貸家を借りて所帯を持った。ところが、Aは、犯罪を繰り返していただけではなく、独特のパーソナリティの持ち主だったようだ。それは異常な独占欲である。Aは所持金が尽きたことからB子と心中しようとしたと供述しているが、沖縄タイムスは次のように報道している。(以下、引用文はすべて原文のまま)

 

 

調べによるとAはB子さん(19)を異常なほどに愛しており、買物、入浴、どこへでもついていくといった溺愛ぶり。ときどき冗談でB子と別れるぐらいなら死んだ方がいいともらしていたようだ。一方B子さんには、心中といった暗いところはどこにもみえず事件当夜(20日よる)ふだんの通り翌日の朝めし準備もすまし、ふだん着のままスリッパをつっかけて家をでている。……Aは、B子さんがそばを離れるのを極端にきらい、隣にいっても5分とまたずによびにいったようである。B子さんに見放されるのが怖くさいきんは生活に自信を失ったことからB子さんが逃げだしはしないかという恐怖からこの犯行となったのではないかと警察ではみている。[沖縄タイムス 1958.10.21]

 

……B子さんは器量もよし性格も朗らかだった。AはB子さんといっしょになってからは酒もピタっと止めゴロ仲間も遠ざけ、B子さんと愛することで毎日を楽しく送っていた。買物、入浴、どこへでもいっしょについて行くというおしどり夫婦だった。しかし彼の溺愛も前科者であり、定職もなく、おまけに風貌は上らないときているため、何時も逃げられはせんかという不安がともなっていた。……B子さんがちょっと隣家に行っても5分とまたず呼びに来た。その都度“何もしなくていいから俺の側にいてくれ”と頼み込んだ。……職もなく寝たり食ったりの生活。その間、Aの土地を売って得た金も使い果たし、20ドルの借金さえつくってしまった。払う見通しも、ないので近くの小間物店からの延売も気まずくB子さんはとうとう買い物にも行かなくなった。そのためAが代りに行くことはしばしばだった。劣等意識の人一倍強いAにとってはこうしたことでB子が自分と別れるのではないかとそのことだけで頭がいっぱいになったようだ。[沖縄タイムス 1958.10.22]

 

 

昔の新聞の「あけすけな」書き方にも驚くが、ここでこの記事を引用したのは、この事件のなかに、戦後の沖縄の「ある側面」を読み取ることができるからである。

 

 

 

◆◆「αシノドス」購読でシノドスを応援!◆◆

1 2 3
シノドス国際社会動向研究所

vol.226+227 特集:自立的思考のために

・飯田泰之氏インタビュー「経済学の基礎で社会を読み解け!――マクロ経済の思考法」

・角間淳一郎氏インタビュー「『風俗嬢かわいそう』で終わらせない――“孤立”に歯止めをかけるセカンドキャリア支援」

・【今月のポジ出し!】吉田徹「形骸化する地方自治――『くじ引き民主主義』を導入せよ!」

・藤代裕之氏インタビュー「フェイクニュースが蔓延するメディア構造はいかにして生まれたのか」

・塚越健司 学びなおしの5冊 <統治>

・齋藤直子(絵)×岸政彦(文) 「Yeah! めっちゃ平日」第八回