風俗嬢の『社会復帰』は可能か?

セックスワークは悲惨かつ劣悪な「裏社会」という通俗的なイメージをもとに「社会復帰の必要性」を問われることが多い。しかしセックスワーカーは本当に、社会復帰を望んでいるのか。社会はセックスワーカーが復帰するに値する社会なのか。「セックスワークの社会化」をキーワードに開催されているセックスワーク・サミット2012。当事者の声が聞こえづらいなかで、外部の支援者・代弁者は何ができるのか。支援現場のリアリティや課題、展望を語りあった。(構成/金子昂)

 

 

風俗嬢の「社会復帰」は可能か

 

赤谷 皆さんこんにちは。セックスワーク・サミット2012にご参加いただきありがとうございます。本日司会を務めさせていただきます、編集ライターの赤谷まりえです。本日は「風俗嬢の『社会復帰』は可能か? ―― 風俗嬢の『社会復帰支援』の可能性を考える」というテーマで、セックスワーカーの「社会復帰」について考えていきたいと思います。

 

主催のホワイトハンズが掲げる、本日の会の趣旨説明を申し上げます。

 

 

性風俗の世界に従事する大半の女性は、さまざまな事情で家庭や学校といった「表社会」からはじき出された結果、セックスワークという悲惨かつ劣悪な「裏社会」のもとで自らの体を切り売りし、継続性と将来性の乏しい働き方をしていると考えられがちです。

 

そういった通俗的なイメージから「救済しなくてはいけない」「社会復帰せよ」と、ありがちな救済論が出てくるわけですが、救済論的発想および現状認識は本当に正しいのでしょうか。セックスワーカーは「反社会」という社会にいるほうが、居心地のよさを感じているのではないでしょうか。

 

非常に不安定、かつ刹那的なかたちではありますが、性風俗や売買春は精神的、経済的な「救済システム」になっている側面は否めません。社会に絶望した人間に「社会に復帰せよ」と語るのであれば、その「救済システム」に変わるオルタナティブなシステムをわたしたちの社会が用意する必要があります。はたしてそれは可能なのでしょうか。そして、この問いはどのように考えるべきなのでしょう。

 

本日は、支援現場のリアリティや課題展望を語っていただきたく思い、夜の世界で働く女性を支援する2つの団体の方に来ていただきました。風俗嬢の社会復帰は可能か、そもそも社会復帰すべきか否か、そしてわたしたちが向かうべきセックスワーク3.0の世界 ―― セックスワークの社会化を実現するためのヒントを、皆さんと考えていきたいと思っています。

 

 

説明が長くなりましたが、最初に主催者のあいさつとして、一般社団法人ホワイトハンズ代表理事の坂爪真吾さん、お願いします。

 

坂爪 こんにちは、ホワイトハンズ代表理事の坂爪です。

 

セックスワーク・サミットは、これからのセックスワーク(性風俗労働、売春労働)のあり方、進むべき方向性を議論するサミットです。サミットのキーワードは、「セックスワークの社会化」。社会化とは、分かりやすく言えば、「日常生活のなかで、誰もが当たり前に利用でき、働くことのできる仕事にする」という意味です。

 

セックスワークを「関わった人の大半が不幸になる」「一生消えないスティグマ(負の烙印)になる」世界から、「関わった人すべてが幸せになる」「そもそもスティグマにならない」世界に変えるための仕組みを、セックスワークの当事者・支援者を交えて徹底的に議論します。

 

本サミットでは、飛田新地やソープランドといった昔ながらの本番系サービスの世界を「セックスワーク1.0」、1980年代以降に増加した、店舗型ヘルスやデリヘルなどの非本番系サービスの世界を「セックスワーク2.0」、重度身体障害者への射精介助などの、健全で社会性のある性サービスの世界を「セックスワーク3.0」と定義しています。

さて、セックスワーク・サミット2012は、4月の福岡・中洲から始まりまして、新宿・歌舞伎町、札幌、京都といった、全国各地で開催してまいりました。本日の歌舞伎町2回目が、年内最後の会となります。

 

全国各地をまわって、わたしがもっとも強く感じたことは「当事者の不在」です。こうしたサミットを開催しても、会場に来て下さるのは、ソープやハコヘルなどで働き、それなりに稼ぐことのできている一部のエリートワーカーのみで、大多数を占めるデリヘル嬢やホテヘル嬢、ピンサロ嬢は、まず来てくれません。

 

では、どのような方が来て下さるのかというと、「セックスワーカーを代弁したい」「支援したい」と思っている人が、主に参加してくださっている、というのが現状です。

 

セックスワークに関する議論の特徴として、風俗店や、そこで働く風俗嬢の実態が見えづらいがゆえに、代弁者がイメージ先行で議論してしまっている点があげられます。とはいえ、代弁者による議論が、必ずしも悪であるとは言えません。

 

セックスワーカーは、そもそも、自分が当事者であると思っていないことが多く、当事者意識を持っていないために、夜の世界の労働環境を整える、という発想が、なかなかでてこないんです。であるならば、内部の当事者ではなく、外部の支援者・代弁者が、問題を少しでも良い方向に引っ張っていくことが、セックスワークの問題系を解決していく上での、現実的な解だと思います。

 

本日は、短い時間ではありますが、風俗嬢の「社会復帰支援」の現場で活躍されているゲストの方のお話を聞いて、実態の見えづらいセックスワークの世界をどのように理解し、どのように当事者を支援していけばよいかを、考えたいと思っています。それでは、最初にガールズケア代表、株式会社オフィスキング取締役である中山美里さんにお話いただきたいと思います。中山さん、よろしくお願いします。

 

 

 

シノドスをサポートしてくれませんか?

 

誰でも自由にアクセスできる本当に価値ある記事を、シノドスは誠実に配信してまいります。シノドスの活動を持続的なものとするために、ぜひファンクラブ「SYNODOS SOCIAL」のパトロンをご検討ください。⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/14015

 

無題

 

・人文・社会科学から自然科学、カルチャーまで、各界の気鋭にじっくりインタビュー
・報道等で耳にする気になるテーマをQ&A形式でやさしく解説
・研究者・専門家たちが提案する「こうすれば●●は今よりもっとよくなるはず!」

・人類の英知を伝える「知の巨人」たち
・初学者のための「学びなおしの5冊」

……etc.  

https://synodos.jp/a-synodos

1 2 3 4 5
シノドス国際社会動向研究所

vol.246 特集:「自己本位」で考える

・福田充「危機管理学」とはどんな学問か

・山本貴光「「自己本位」という漱石のエンジン」
・寺本剛「高レベル放射性廃棄物と世代間倫理」
・高田里惠子「ちゃんとアメリカの言うことを聞いたら「大学生の教育」はもっとよくなる」
・絵:齋藤直子、文:岸政彦「沼から出てきたスワンプマン」