平野智佳子(ひらの・ちかこ)
文化人類学

神戸大学大学院国際文化学研究科博士後期課程在籍。甲南女子大学非常勤講師。2003年、神戸大学医学部保健学科卒業後、看護師として勤務。2012年、神戸大学大学院国際文化学研究科博士前期課程修了。現在、オーストラリア先住民アボリジニの飲酒問題を切り口に、酒に関する法的規制と人々の動態について民族誌的研究を行っている。著作に「北部準州アボリジニ社会における「先住民」「非先住民」関係の構図」(2013年、『文化人類学』78巻2号)、「アボリジニコミュニティ出身者の集団意識」(2016年、白川千尋・石森大知・久保忠行編著『多配列思考の人類学』)。

vol.256 

・熊坂元大「「道徳教育」はこうすれば良くなる」
・穂鷹知美「終の住処としての外国――スイスの老人ホームにおける 「地中海クラブ」の試み」
・徳山豪「アルゴリズムが社会を動かす」
・鈴木崇弘「自民党シンクタンク史(1)――シンクタンク創設への思いとその戦い」