細谷雄一(ほそや・ゆういち)
外交史

慶應義塾大学法学部教授。主著に『戦後史の解放I 歴史認識とは何か』(新潮選書、2015年)『戦後アジア・ヨーロッパ関係史』(慶應義塾大学出版会、2015年)など。

vol.267 

・堅田香緒里「ベーシック・インカムとジェンダー」
・有馬斉「安楽死と尊厳死」

・山本章子「誤解だらけの日米地位協定」
・桜井啓太「こうすれば日本の貧困対策はよくなる――貧困を測定して公表する」
・福原正人「ウォルツァー政治理論の全体像――価値多元論を手がかりとして」
・鈴木崇弘「自民党シンクタンク史(11)――シンクタンク人生から思うこと」
・杉原里美「掃除で、美しい日本人の心を育てる?」