「ももクロ×平田オリザ」論 「幕が上がる」をめぐって――関係性と身体性 対極の邂逅

【シノドスに参加しよう!】

▶メールマガジン「αシノドス」

 https://synodos.jp/a-synodos

▶セミナー「シノドス・サークル」

 https://synodos.jp/article/20937

▶ファンクラブ「シノドス・ソーシャル」

 https://camp-fire.jp/projects/view/14015

青春映画の王道の「部活もの」

 

アイドル「ももいろクローバーZ(ももクロ)」と劇作家・演出家、平田オリザ。ともにそれぞれのジャンルで日本を代表する存在である両者が手を組んだのが本広克行監督の映画「幕が上がる」(2月28日封切り)である。全国大会出場を目指す弱小演劇部の少女たちの奮闘を描いた平田の初めての小説作品を、ももクロが主演し、「踊る捜査線」シリーズで知られる本広監督が映画化した。

 

青春映画の巨匠・大林宣彦監督、「AKB48白熱論争」の共著者などでも知られるサブカル評論家、中森明夫から高い評価を受けるなど識者の評判も上々だ。

 

青春映画の傑作というだけでなく、「演劇映画」という新たなジャンルも生み出した。これまでも演劇を描いた小説、マンガ、映画などはあったが、「幕が上がる」はモチーフに演劇を取り上げた作品のなかでも過去に例がないユニークなものとなっている。それを生み出した平田=本広コンビを高く評価をしたい。

 

地区大会を一度も勝ち抜いたことのない弱小演劇部の仲良し3人組(百田夏菜子、玉井詩織、高城れに)。彼女らの前に突然現れたのは演劇を諦めて美術教師になった「元学生演劇の女王」吉岡先生(黒木華)だ。

 

指導を頼まれた先生は「せめて一度は悲願の地区大会突破を果たしたい、そのために指導をしてくれ」と懇願する部員の前で一言いい放つ。「目標は地区大会突破などではない。全国大会だ」。名門高校演劇部からの転校生(有安杏果)、しっかりものの下級生(佐々木彩夏)らも加わり、ここから弱小演劇部の奇跡の快進撃の「幕が上がる」。出会いと別れを通じて成長していく仲間たち。友情、努力、勝利の物語である。

 

 

main

(C)2015 O.H・K/F・T・R・D・K・P

 

 

sub_a

(C)2015 O.H・K/F・T・R・D・K・P

 

 

(C)2015 O.H・K/F・T・R・D・K・P

(C)2015 O.H・K/F・T・R・D・K・P

 

 

ジャンルから言えば青春映画、しかもそのなかでも王道の「部活もの」である。この分野で目に付く作品を思いつくままに挙げていくと「がんばっていきまっしょい」「スウィングガールズ」「リンダリンダリンダ」「書道ガールズ!! わたしたちの甲子園」などがあり、ちょっと変り種では高専ロボットコンテストを取り上げた「ロボコン」というのもあった。

 

出演するのは演技経験がほとんどないか、比較的薄い若手の俳優。彼ら(彼女ら)の登竜門的な企画ということも多く、「幕が上がる」も(子役経験の豊富な有安杏果を除けば)いずれも本格的な演技経験はほぼ初めてのももクロメンバーが銀幕デビューするにはぴったりの企画だった。

 

こうした映画では、その時点では無名だが後に活躍する若手俳優が「そのときだけの旬」であるはつらつとした魅力を見せてくれる。「がんばっていきまっしょい」の田中麗奈、「スウィングガールズ」の上野樹里、貫地谷しほり、本仮屋ユイカ、「ロボコン」の長澤まさみ、小栗旬、伊藤淳史、塚本高史ら、良質の青春映画には錚々たるメンバーが名を連ねていたことが分かる。

 

ももクロはアイドルであり、無名ではないが、女優としての本格的な経験はない。それゆえ、映画を見るまでは若干の不安があったが、この点に関していえばメンバーによりそれぞればらつきがあるとはいえ、前述の映画に登場していた俳優らと比較しても遜色はなかった。

 

特に主役の高橋さおり役を演じた百田夏菜子の見せた演技は特筆すべきものだった。「時をかける少女」の原田知世、「セーラー服と機関銃」の薬師丸ひろ子らいまや伝説となっている角川映画のヒロインと思わず比較したくなるようなオーラを放っていた。

 

大林監督も指摘しているが、それを可能にしたのが冒頭の場面からシーンを順番に撮影していくという「順撮り」手法だ。

 

ももクロのメンバーの芝居は最初はぎごちなく稚拙さが目立つが、吉岡先生役の黒木華が素晴らしい。それまで地味な美術教師にしか見えなかった黒木が、自分を語る短い即興劇「肖像画」を演じ出した瞬間、あたりの空気を一変させる。たばねていた髪を振りほどき、美術室の窓を開け放ち、そこから風が吹き込み、揺れる髪に乱反射する。その瞬間、そこには「女優」がたち現れるのだ。

 

その存在感に触発されたかのように、ももクロの演技も大きな変容を見せる。特に目立つのが夏菜子だ。技術を越えて「何かが降臨した」としかいいようがないような演技を時折見せる。彼女がライブのときに見せる神懸った瞬間とこれは関係があるかもしれない。

 

映画ではそれをドキュメンタリーのように記録し、俳優としての成長を登場人物の演劇部員の成長と重ね合わせることで、単に芝居が上手というだけでは出せないようなリアル感を映画のフィルムに焼き付けた。

 

 

主役は「女優」ではなく「演出家」

 

映画「幕が上がる」は青春映画という以外にもこの映画ならではのフックをいくつも用意している。まず指摘しなければならないのは優れた「演劇映画」であることだ。漫画『ガラスの仮面』を挙げるまでもなく、演劇を描いた作品は以前もあった。近年では女子高の演劇部を描いた「櫻の園」(中原俊監督、1990年)などの評価が高い。遡れば薬師丸ひろ子が主演した「Wの悲劇」も忘れることはできないだろう。

 

「幕が上がる」がそうした先行作品と異なるのは、この作品の主役を女優ではなく、演出家にしたことだ。それまでのほとんど作品では主人公は俳優(たいていは女優)であって、したがって演劇の話ではあるが、それは基本的に、『ガラスの仮面』が典型的にそうであるように、「どう役になりきるか」という以上の話にはなりにくかった。

 

演劇にはそれ以外にいろんな側面がある。脚本をどうするか、演出をどうするかは演劇においてもっとも重要な要素だというのは指摘するまでもないことだ。この映画はそれを演劇の門外漢にも分かりやすく伝えてくれる。

 

2つ目は演劇のなかでも「高校演劇」というさらに特殊な素材を取りあげていることだ。原作小説を書くに際し、高校演劇を主題とすることには単に小説の素材以上の大きな意味があった。

 

平田に密着したドキュメンタリー作品「演劇1」「演劇2」(想田和弘監督、2012年)の上映にともなうトークショーの場で平田は「個人的に小説を書きためていたが、それはものにならず、自分は小説家には向いてない」と語った。

 

続けて「幕が上がる」について、小説だが、普通の意味での小説、つまり自己表現ではなくてこれを読んだ高校生や中学生が演劇に興味を持ち、演劇部に入りたいと思わせるような一種のツール(道具)として書いたと言う。

 

さらに、今度は若干冗談めいた口調ではあったが、「できたらこれが映画やテレビドラマになってアイドルが主演したりして話題になり、演劇に興味がない中高生に届けばいいと思う」と話した。

 

その時点で今回のプログラムについてのどの程度の具体的なイメージが平田にあったのかは分からないが、こうした発言を考えると今回の映画はたまたまできたというものではなくて、一定のビジョンの下にかなりの時間をかけて周到に準備が進められてきたことがうかがえる。その狙いは今回かなり理想に近い形で実現したといえるのかもしれない。

 

一方、監督の本広は「演劇」や「高校演劇」の生の魅力を作品中に取り込むことに徹底的にこだわった。「幕が上がる」には演劇や高校演劇など数多くの舞台が登場するが、その多くはおそらく実際に演じられたものを撮影したうえで、映画にその一部を使用したものだ。

 

高校演劇の場面では、実際の大会で収録された舞台の記録と、映画のために上演された舞台が巧妙に組み合わされてもいる。映画のために上演された舞台も、有安杏果演じる中西悦子が出演する「修学旅行」には演出家、畑澤聖悟が自ら演出している。

 

畑澤はその作品で青森中央高校を全国制覇に導いた顧問教師でもあり、口立てで杏果を演出する姿をメイキングのドキュメンタリー映画「幕が上がる その前に」で見ることができる。

 

物語のキーとなる「銀河鉄道の夜」も、映画で使われたのはほんの一部だが、撮影時にはほぼ全編が実際に演じられたようで、その一部を動画サイトで見ることができる。これも青年団版「銀河鉄道の夜」の演出を基に、青年団劇団員らの丁寧かつ厳しい指導の下に撮影されたようだ。【次ページに続く】

 

 

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.265 

・大賀祐樹「こんな「リベラル」が日本にいてくれたらいいのに」
・結城康博「こうすれば介護人材不足は解決する」
・松浦直毅「学び直しの5冊〈アメリカ〉」
・山岸倫子「困窮者を支援するという仕事」
・出井康博「「留学生ビジネス」の実態――“オールジャパン”で密かに進む「人身売買」」
・穂鷹知美「ヨーロッパのシェアリングエコノミー――モビリティと地域社会に浸透するシェアリング」
・鈴木崇弘「自民党シンクタンク史(9)――「シンクタンク2005年・日本」第一安倍政権崩壊後」