ソーシャルファイナンスとしてのクラウドファンディング

2012年7月9日(月)、「ニュースを読み解け!ニコ生シノドス7月号」 というニコ生番組に出演した。特集テーマは「ソーシャルファイナンス~世界を変える新しいお金の集め方…」というもので、司会はいつもの荻上チキさん。もう1人のゲストに、最近「ソーシャルファイナンス革命 世界を変えるお金の集め方」という本を出版された慎泰俊さんをお迎えした。

 

http://live.nicovideo.jp/watch/lv99354966

 

その際に参考になるかと思って、言いたいことを書いておこうと書き始めたはいいが結局間に合わず、しかたなく事後にこうやって、少し内容を付け足して「いまさらながら」と出そうとしているのがこの記事だ。生番組ではまとまった内容を伝えるのがけっこう難しかったりするので、補足、ぐらいにとらえていただけるとありがたい。

 

 

「ファイナンス」と「ソーシャルファイナンス」

 

「ソーシャルファイナンス」ということばは、複数の意味で使われる。英語だと、「社会的意義のある事業にお金を集めるしくみ」といった意味で使われることが多いかもしれない。当然、日本語でもこの意味で使われることはけっこう多いが、慎さんの定義は、「人と人とのつながりを活用するファイナンス」ということらしい。もちろんこれはこれでアリだし、後記の理由でこちらの方がいいと思う。

 

ファイナンスとは、ごく簡単にいえば「お金のやりくりにまつわる活動」だ。お金には、価値の基準、交換の媒体、価値の保存などの機能があるわけだが、それらはいずれも、お金が人と人との間でやりとりされることを前提としたものであり、その意味ではファイナンスはもともとソーシャルな活動ということになる。その中でも、人と人とのつながりがこれまでより大きな役割を果たすものが、ここでいう「ソーシャルファイナンス」、ということになろうか。

 

この定義のしかたで気に入っているのは、「ファイナンス」ということばがニュートラルなニュアンスで使われていることだ。お金まわりの話をする人はときに、暗黙裡に、あるいは明示的に、お金への関心を示すこと自体に対するうしろめたさや言い訳のようなものをにおわせていることがある。「がめつい人、卑しい人とは思われたくない」ということだろう。「社会的に意義のある事業へのお金のやりくり」という意味での「ソーシャルファイナンス」もそうだ。わざわざ「ソーシャル」とつけることによって、「私利私欲ではない」ということを強調しようとする発想を色濃く感じる(単なるひがみかもしれないが)。そうすることの意味はもちろんわからないでもないが、ちょっと言い訳がましい印象があって今一つ気に入らない。

 

その点、「人と人とのつながり」はこうしたうしろめたさとは無縁のニュートラルなものであり、社会的意義やら何やらに縛られてはいない。たとえばノーベル平和賞をとったグラミン銀行などで知られるマイクロファイナンスもここでいうソーシャルファイナンスに含まれるが、同様に、ビジネスとして行われるP2Pファイナンスや、ネタのようなお遊びのプロジェクトのためのクラウドファンディングも、やはりソーシャルファイナンスの一種だ。

 

本来、利潤動機自体を恥じたり隠したりする必要はない。「利潤」を古典的なミクロ経済学でいう「超過利潤」(「レント」ともいう)のような狭い意味でいうならともかく、「付加価値」のような広い意味でとらえれば、古来、人は利潤によって生計を立て、社会は利潤動機によって発展してきたといっていい。その結果集まる富の公正な分配を求める指向も、人間が持ち合わせた性質の一部であるとする研究がある。もしそうなら、人間の社会性は市場メカニズムの中に内在しているわけで、社会的価値の実現をはかることは、利潤を求めることと必ずしも矛盾するものではない。

 

遊びやネタでお金を集めることも、同様に、恥じたり隠したりする必要はない。「お金に色はついていない」という表現があるが、名目はどうあれ価値を伝える媒体であるお金がスムーズに流れていくことには、それなりの意味がある。もちろん、社会的意義の高い(と世間的に解される)事業への資金提供を誇りに思うことを否定はしないが、それをことさら自慢げに強調するのもいかがなものかと思う。

 

 

1 2 3 4 5
シノドス国際社会動向研究所

vol.278 

・山本貴光+吉川浩満「人間とは衝動に流されるものである」
・熊坂元大「培養肉――クリーンミートあるいは現代のプロメテウス的産物」
・伊藤隆太「進化政治学と政治学の科学的発展――社会科学の進化論的パラダイムシフト」
・鈴木公啓「ひとはなぜ装うのか?」
・平井和也「新型コロナウイルスの世界経済への影響」
・石川義正「ミソジニーの「あがない」──現代日本「動物」文学案内(3)」