地方からの教育イノベーション

▶シノドスの電子メールマガジン「αシノドス」

https://synodos.jp/a-synodos

▶真の教養を身に着ける「シノドス・サークル」

https://synodos.jp/article/20937

 

いま大学ではなにが起きているのか

 

少子化によって大学進学者が減少しているにもかかわらず、全国の大学数はここ数年、増加傾向にある。さらには大学全入時代に突入したことによって、大学教育の質が落ちているのではないか、ともささやかれている。

 

また人口減少、人口流出に頭を悩ませている各地方で開学している大学では、少なくない大学が「定員割れ」を起こし、倒産の危機が現実化しつつある。いったい、いま大学の教育現場においてなにが起きているのだろうか? とくに、地方教育はいま、どうなっているのだろう……?

 

 

トークイベント:地方からの教育イノベーションのお知らせ

 

シノドスは、7月19日に、朝日新聞社・WEBRONZAと「地方からの教育イノベーション」をテーマとしたトークイベントを開催いたします。

 

山口県立大学国際文化学部准教授・浅羽祐樹氏と英語教室Logos代表として目黒区自由が丘、山形県酒田市で英語教室を開かれている斉藤淳氏をお招きし、地方から問いかける教育のあり方、地方だからこそ可能な教育方法など、これからの教育の可能性についてお話いただきます。

 

地方教育の現状や教育のあり方を東京で問いかけること、そして、明治大学政治経済学部の経済学者・飯田泰之を司会に迎えることで、東京と地方における教育現場の違いが浮かびあがらせることができるはずです。

 

 

トークイベント詳細

 

先着50名様をトークイベントにご招待いたします。

 

イベント詳細

 

登壇者:浅羽祐樹×斉藤淳

司会:飯田泰之

主催:朝日新聞社・WEBRONZA×Synodos

 

日時:7月19日(金)18時開場・18時半開演

場所:NHK出版社・渋谷区宇田川町41-1 第一共同ビル2階

 

●お申込み

 

こちら https://synodos.jp/contact より、「コメント」欄に「7月19日のトークイベント」とご明記の上、お申し込みください。折り返しご連絡差し上げます。なお人数に達し次第、募集を終了いたします。

 

サムネイル:『New Science Lecture Theatre at UCT』 barbourians

http://www.flickr.com/photos/barbourians/6026082653/

 

 

1
 
 
シノドス国際社会動向研究所

vol.269 

・外山文子「タイは民主化するのか?」
・中西啓喜「データサイエンスは教育を「良い方向」に導くのか?――学級規模の縮小を例として」
・笠木雅史「実験哲学と哲学の関係」
・穂鷹知美「求む、国外からの介護福祉士――ベトナムからの人材獲得にかけるドイツの夢と現実」
・久木田水生「ロボットと人間の関係を考えるための読書案内」
・吉野裕介「【知の巨人たち】ハイエク」
・内田真生「ヒュッゲ(Hygge)とは何か?――デンマークが幸せの国と言われる理由」