2017年産米の「食味ランキング」――福島県が全国最多・4銘柄で「特A」を獲得

2017年産米の「食味ランキング」で、福島県では全国最多・4銘柄が「特A」を獲得し、47都道府県で最多となりました。4銘柄とは「会津のコシヒカリ」「浜通のコシヒカリ」「会津のひとめぼれ」「中通りのひとめぼれ」です。

 

ランキングの評価は毎年2月に「日本穀物検定協会」が行っています。主な産地品種の銘柄について食味の試験をします。2017年産米の対象は151銘柄で、「特A」を獲得したのは43銘柄でした。

 

ランキングでは、「食味評価エキスパートパネル」と呼ばれる委員20人が、「複数の産地でとれたコシヒカリをブレンドした米」を基準とし、これと試験対象の銘柄の食味を比較します。評価項目は「外観・香り・味・粘り・硬さ・総合評価」の6つで、各産地品種のレベルを知ることが目的です。

 

福島県のお米がおいしい理由のひとつに、「気候」があります。稲穂の発育から米の粒が育つ時期は7~9月です。福島県はこの時期、昼間は晴れて気温が高くなりますが、夜になると気温がぐんと下がります。そのため、昼に作ったでんぷんが、夜に消費されることなく残るため、おいしい米ができあがります。そして米づくりに欠かせないきれいな水や土の質、何よりも農家の皆さんが育み受け継いできた技術力が、福島のおいしいお米作りを支えています。

 

東京電力福島第一原発事故により、福島の食品の安全性確保が注目されました。お米以外の野菜や果物などの農産物に関しては、福島県が「サンプル検査」(生産物の一部の放射性物質濃度を検査する検査)を継続的に実施しています。ただしお米だけはサンプル検査ではなく、出荷前のすべてのお米を検査する「全量全袋検査」としています。古来からの日本人の主食であり、農業の根幹であるお米を絶対に守るという強い思いの表れなのかもしれません。

 

福島のお米の全量全袋検査では、2015年産から3年連続で国の基準値を超える検体は出ていません。それどころか、検査対象の99.999%からは放射性物質が検出されていません。原発事故から7年半を経て放射性物質の自然減衰が進んだことが大きな要因ですが、原発事故直後から、農家の皆さんが、米づくりをあきらめずに対策(放射性セシウムが稲に吸収されることを防ぐために、土壌にカリウムなどを混ぜる)を続けた多大な努力の成果でもあります。

 

福島のお米について、ありもしない危険性をほのめかしたり、誤った情報を発信したりする例がこれまでにたくさんありました。根拠のない誹謗中傷にも負けず、日々の地道な農作業を続け、おいしいお米を作り続けた農家の方々がいます。「自分たちはお米をつくることしかできないから」という言葉も何度か耳にしました。彼らの静かな抵抗は何よりも強く、原発事故に伴う風評被害の払拭は着実に進んでいます。福島の農家の人たちは、我が子のように丁寧に稲を育てています。お米に対する確かな自信を抱く、農家の人たちの姿勢に触れると、福島のお米づくりの伝統は未来永劫続いていくのだと希望を感じます。

 

食味ランキングで「特A」を獲得した4銘柄のほかにも、福島県が開発した「天のつぶ」というお米があります。「天のつぶ」は15年の歳月をかけて開発され、「天に向かってまっすぐに伸びる稲の力強さと、天の恵みを受けて豊かに稔る一つぶ一つぶのお米」というイメージから命名されました。稲は台風などの雨や風によって倒されてしまうことがありますが、「天のつぶ」は強い嵐でも倒れにくいしなやかな強さを備えています。逆境にも折れず、たゆまず前進する福島の姿を象徴しているようです。

 

 

「福島レポート」をサポートしてくれませんか?

 

「福島レポート」の運営はファンクラブによって支えられています。福島をめぐる誤った情報や偏見をただし、科学的に正確な知識を広めるために、どうぞサポートをご検討ください。⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/30155

 

 

 

 

福島の「いま」を伝える情報サイト「福島レポート」

無題

 

シノドスが発行する電子マガジン

 

・人文・社会科学から自然科学、カルチャーまで、各界の気鋭にじっくりインタビュー
・報道等で耳にする気になるテーマをQ&A形式でやさしく解説
・専門家たちが提言「こうすれば●●は今よりもっとよくなるはず!」

・人類の英知を知り、学ぶ「知の巨人たち」
・初学者のためのブックリスト「学びなおしの5冊」

……etc.  

https://synodos.jp/a-synodos

1
 
 
シノドス国際社会動向研究所

vol.248 「論壇」の再構築に向けて

・大内悟史「こうすれば「論壇」はもっと良くなる――政治や行政を動かす「意見」や「論争」を」
・中里透「物価はなぜ上がらないのか?――「アマゾン効果」と「基調的な物価」のあいだ」
・牧野雅彦「知の巨人たち――カール・シュミット」
・西垣通「人工知能を基礎情報学で解剖する」