【シノドス・セミナー】進化論と現代社会

セミナー内容

 

一昨年上梓した拙著『理不尽な進化──遺伝子と運のあいだ』(朝日出版社)では、19世紀に誕生した進化論(ダーウィニズム)が20世紀において有力な科学理論として確立されだけでなく、私たちの日常的な世界像・社会像の形成にも大きな役割を演じていることを確認しました。

 

このセミナーでは、上記の歴史的な経緯を復習したうえで、さらに拙著では触れられなかったテーマについて考えたいと思います。生物進化の「主体」である遺伝子についての知識と技術の進展が、人間と社会/人間像と社会像をどのように変えていくだろうか、というテーマです。遺伝子情報のデータベース化、遺伝子編集・操作の実用化、優生思想の新しい局面、何度目かのブームを迎えている科学的人間論/進化的人間論の意味などについて、参考となる文献や資料をご紹介しながら考えていきます。

 

 

セミナー講師

 

吉川浩満(よしかわ・ひろみつ)

文筆家。1972年、鳥取県米子市生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。国書刊行会、ヤフーを経て、現職。おもな著書に『理不尽な進化――遺伝子と運のあいだ』(朝日出版社)、『脳がわかれば心がわかるか──脳科学リテラシー養成講座』(山本貴光との共著、太田出版)、『問題がモンダイなのだ』(山本との共著、ちくまプリマー新書)ほか。翻訳に『マインド──心の哲学』(山本との共訳、J・サール著、朝日出版社)など。

 

 

日時

 

2016年11月13日 15時~16時30分

 

 

場所

 

DMM本社(恵比寿ガーデンプレイスタワー21階)

http://labo.dmm.com/about/access/

 

 

セミナー参加方法

 

本セミナーは「シノドス・ラウンジ」メンバー限定となります。

ご入会はこちらからお願いいたします。⇒ https://lounge.dmm.com/detail/98/

 

 

AWS Access Key ID: AKIAJSA5SEKND2GVG7TA. You are submitting requests too quickly. Please retry your requests at a slower rate.

 

 

知のネットワーク – S Y N O D O S –

 

 

シノドスのコンテンツ

 

●ファンクラブ「SYNODOS SOCIAL」

⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/14015

 

●電子メールマガジン「αシノドス」

⇒ https://synodos.jp/a-synodos

 

●少人数制セミナー「シノドス・サークル」

⇒ https://synodos.jp/article/20937

 

 

 

 

1
 
 
シノドス国際社会動向研究所

vol.2019.3.15 

・中西啓喜「学力格差と家庭背景」
・竹端寛「対話を実りあるものにするために」
・佐々木葉月「日本のテロ対策の展開」

・小野寺研太「「市民」再考――小田実にみる「市民」の哲学」
・久保田さゆり「学びなおしの5冊〈動物〉」
・鈴木崇弘「自民党シンクタンク史(5)――設立準備期、郵政民営化選挙前」
・山本宏樹「これからの校則の話をしよう」