新疆からカイセリへ ―― 亡命ウイグル人ルポルタージュ

▶シノドスの電子メールマガジン「αシノドス」

https://synodos.jp/a-synodos

▶真の教養を身に着ける「シノドス・サークル」

https://synodos.jp/article/20937

中国の統治下におかれている東トルキスタンから亡命し、イスタンブルへとやってきた500人のウイグル人たちは、およそ1ヶ月前からカイセリにある打ち捨てられた、破壊決定の下った警察の宿舎で住むことを余儀なくされている。

 

亡命希望者である彼らウイグル人たちは、東トルキスタンからイスタンブルへとやってきた経緯を本紙に初めて語ってくれた。しかしながら、顔と名前は伏せることが条件であった。自分たちの名前や顔が知れてしまうと、中国統制下の中で暮らしている家族たちに被害が及ぶことを恐れているのだ。 それでは何千キロもの逃走の物語をみてみよう。

 

 

27729895

 

 

1つの地区に2つの大きな旗

 

カイセリのメリキガーズィ郡にあり、財務省に属するシェケル地区の一角の古く保守点検のない宿舎の中で、2つの大きな旗がはためいている。一方は赤と白のトルコ 共和国国旗、そしてもう一方は青と白(空の旗とも言われる)東トルキスタンの旗である。ここはカイセリにおける第二のウイグル人地区だ。カイセリは中国から亡命してきたウイグル人たちを1950年代に初めて受け入れ、居住許可を与えた県である。

 

今年のはじめに施行に入った、中国政府によって東トルキスタンにおける人々の信仰行為を違憲だとする是正により、ここ数ヶ月でウイグル人は再び大規模な移住を行いはじめた。ウイグル人たちが移住しようとする国として最初に名前が挙がるのがトルコだ。世界ウイグル会議副議長、そして東トルキスタン文化協会会長でもあるセイト・テュムテュルクは、先月中国から亡命する際にタイで367人が拘束され、そして身柄を拘束されずに無事トルコへと亡命することができた人々の一部分は政府の援助によってトルコへと到着し、さらには彼らが1ヶ月ほど前にカイセリに移り住んだ、と明らかにした。我々もすぐにカイセリへ向かい、彼らのもとを訪れた。

 

 

仕事はなく、礼拝も禁止

 

宿舎の新たな住人たちは、中国統制下の中で暮らす家族の身柄が拘束されることを恐れ、名前と顔を伏せることを条件として我々に取材の許可を出してくれた。90もの家族が暮らすこの建物は保守点検がないように感じられるが、建物の中は綺麗に装飾がなされている。3つ部屋のある家の広い客間で、数ヶ月前にやってきており、トルコ語を話すことができる人が新しくやってきたウイグル人たちを我々に紹介してくれた。彼らの多くは肉屋か料理人である。アクスやカシュガルといった様々な都市からやってきている。

 

また、家族とともにやってきた者もいた。遅れてやってくるであろう家族を心配する者も多い。どうして中国を離れたのか、という問いに「東トルキスタンでは多くの問題がありました。我々のやっていたお店では、手作りの商品やハラール食品などを売ることは許されていなかったのです。仕事がほとんどない状況でした。礼拝をすることも禁止されています。スカーフを被っている女性のスカーフを無理やり外そうとする者もいました。警察はいつも『お前は政府を倒そうとしているんだろう!』といって、我々を監視下に置いています。子どもたちにも我々の習慣や伝統を教えられないのです」と答えてくれた。

 

 

5000ドルからはじまる

 

しかしながら中国を離れることは楽なことではなかった。東トルキスタンからどのようにしてトルコへやってきたかを、次のように説明してくれた。

 

「パスポートのためだけに5万〜10万ドルの賄賂が必要です。また、賄賂を渡したところで必ずパスポートがもらえるという確証はありません。もらえたとしてもトルコへ来ることは大変なのです。トルコがビザを発行したとしても中国が人々を外に出させないようにしているのです。このため、東トルキスタンでまず250ドル払い、トラックの後ろの部分に肉体労働者のふりをして中国沿岸の都市まで向かいます。そして運転手はそこの警察に賄賂を渡します。そして国境で、タイやカンボジアなどの近隣の国々へ移ろうとする逃亡者たちは密輸業者と手を結びます。彼らは5千〜1万ドルのお金と引き換えに森や山中を徒歩或いはラバに乗ってマレーシアへと向かいます。その距離はおよそ15〜20日間かかり、中には命を落とす者もいます。マレーシアからイスタンブルへは政府の援助によって飛行機でやってきたといいます。しかしながら今後同じように逃亡を試みようとする家族もいるため、彼らはこれ以上このルートについては話そうとしませんでした。」【次ページにつづく】

 

 

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.267 

・堅田香緒里「ベーシック・インカムとジェンダー」
・有馬斉「安楽死と尊厳死」

・山本章子「誤解だらけの日米地位協定」
・桜井啓太「こうすれば日本の貧困対策はよくなる――貧困を測定して公表する」
・福原正人「ウォルツァー政治理論の全体像――価値多元論を手がかりとして」
・鈴木崇弘「自民党シンクタンク史(11)――シンクタンク人生から思うこと」
・杉原里美「掃除で、美しい日本人の心を育てる?」