トルコ初のクルド語小学校で、初のクルド語通知表

▶シノドスの電子メールマガジン「αシノドス」

https://synodos.jp/a-synodos

▶真の教養を身に着ける「シノドス・サークル」

https://synodos.jp/article/20937

去年ディヤルバクルで開校したトルコ初のクルド語小学校において、初のクルド語通知表が配られた。

 

通知表には読解、作文、生活、美術、体育、音楽、会話などの授業における成績が記載された。クルド語小学校は2014年9月15日に開校したが、同日県側から条例違反とされた。しかしBDPディヤルバクル共同代表ズベイデ・ズムルト氏が違反を取り消し、再び開校へとこぎつけた。

 

バーラル郡のクルド語研究向上協会(Kürdi-Der)の主導により、民主社会会議(DTK)と教育労働組合の協力のもと開校されたフェルザド・ケマンゲル小学校で学んできた100人以上の学生に対し、昨日通知表授与式が行われた。式に参加したDTKセルマ・ウルマク共同議長は、「我々の学校がどのような困難の下開校されたのかを目にしてきました。警察は、戦う活動家のように、催涙ガス爆弾を打ち、棍棒で子供たちをここから追い出し、ドアを鎖で閉鎖した。DTKつまりクルド議会として言う。これからはジズレ、ユクセコヴァ、ディヤルバクルだけでなく、他の地区にも開校しようではないか。」と語った。

 

 

kurtce

 

 

ウルマク氏は、当初クルド語学校が開かれることを誰も信じていなかったことを明らかにし、次のように続けた。

 

「以前は子供をクルド語学校に送ったら、子供達の将来はどうなるのかと尋ねてくるご家族もいたが、きっと良い方へ向かっていくと信じ開校し、今ではそのような心配は残っていない。この言語を守ったのだ。当初4人から始まり、現在では100人以上の生徒がいる。この学校は政府公認でないため、先生は皆ボランティアである。近いうちにクラスの数も増える予定である。政府はこの言語の存在を見て見ぬふりするのではなく、もはや認めるべきである。戦車や催涙ガス弾でもこの言語を禁止できなかったではないか。我々はこの言語を今後も話し、書いていく。法律を改正し、我々国民の文化に合った学校を開校してほしいのである。そのためにも憲法改正と共に地方自治体レベルで学校が開校されるべきであり、それはクルド語のみでなく、他の言語に対しても必要なことである。」

 

DBPディヤルバクル支部ハフィゼ・イペキ共同代表は、学校に行く生徒が自らの母語を学ぶのだと述べ、次のように語った。

 

「この学校に子供を通わせている家族はラッキーです。子供達に自分たちの母語で教育を受けてほしいを望んでいる家族はたくさんいるが、機会がないのです。彼らのアイデンティティで、また彼らの言語で教育を受け、また彼らの祖国に貢献する子供達。ご尽力いただいた皆様に感謝致します。」

 

ディヤルバクル広域市ギュルタン・クシャナク共同市長は、クルド語を知らないためはじめのうちは演説したがらなかったが、司会者が促すと「少しクルド語を勉強したけれどもトルコ語で話します。」と述べ、関係者に感謝の意を表した。【次ページにつづく】

 

 

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.268 

・植原亮「エンハンスメント論争の行きつくところ――BMIから徳へ?それとも?」

・出井康博「留学生という名の単純労働者」

・堀内進之介「学び直しの5冊〈現代社会〉」
・有馬斉「患者が望まない延命治療を行うことは正当化できないパターナリズムか――『死ぬ権利はあるか』出版に寄せて」
・穂鷹知美「移動の自由がもたらす不自由――東ヨーロッパを揺り動かす移住・移民問題」
・多賀太「男性の「ケア」参加はジェンダー平等実現の決め手となるか」
・吉永明弘「ローカルな視点からの環境論」