無理して“前向き”にならなくていい

治る・治らないにこだわらない

 

――ご両親に関しては、障害者手帳を申請するかどうか、という場面で(第10話「涙の申請(リクエスト)」)親だからこその葛藤があったようですね。たむらさん自身はどうお感じになっていましたか。 

image011

image009 

(「【第10話】涙の申請(リクエスト)」より)

 

 

障害者手帳をもらうことについては、私はあまり葛藤なく、それで生活が楽になるなら早くもらった方が良いと思っていました。

 

ただ、親の方は「五体満足で生まれて、みんなの手を借りて育てた娘が障害者になる」ということを受け入れられなかったようです。それに「自分たちのせいで病気になってしまった……」と考えていたようなので、私に対する申し訳なさから、なかなか申請に踏み切れなかったみたいです。

 

私の方こそ、五体満足で生まれた体を壊してしまい、申し訳ない気持ちでした。見ているしかない親の方が辛いだろうな……と思いました。

 

 

――たむらさんにとって「病気を受け入れる」とはどういうことでしたか?

 

私にとって「病気を受け入れる」というのは、「こんな病気になる事もあるよな」と納得すること。そして、もう治らないと言われても出来るだけ今よりは良くなりたいと諦めず、でも病気自体は拒否しない(「絶対治る!」と盲信しない)事かな、と思います。

 

肩の力を抜いて、治る・治らないにこだわらず、うまく付き合って行けるのが理想だと思います。

 

 

やりたい事をやった結果が、「前向き」という形になる

 

――『ふんばれ、がんばれ、ギランバレー!』は、病気の辛さや治療・リハビリの様子がリアルに描かれていますが、常に明るさとユーモアがありますよね。そんなたむらさんの、「“前向き”は無自覚なものなので無理して前向きにならなくてもいい」(『最終話・病が教えてくれたこと』より)という言葉はとても印象的です。

 

この漫画は、辛いものを辛く描いてしまうと見てもらえないだろうから、アハハと笑って役に立つものを目指しました。私にとってユーモアや笑いは、生活の一部なので、自然とそうなってしまうような気がします。

 

私は今でも自分が前向きだと自覚しておらず、「前向きになろう」とがんばろうともあまり思っていません。

 

絵など、どうしてもやりたい事を勝手にやっていた結果、前向きという風になったのだと思います。前向き、後ろ向きなどあまり考えず、目の前の事に(出来れば)少しでも楽しみを見つけて取り組んでいれば、それが“前向き”という形になるのでは、と思います。

 

 

「絵は生きがいであり運命であり、自分である」

 

――第11話「たむら会議」の、医師から「これ以上、症状は良くならない」と告げられてからの脳内会議の場面が印象的でした。「絵を描くことを諦めない」と決意されたとき、どのようなお気持ちでしたか。 

image015
(「【第11話】 たむら会議」より)

 

 

脳内会議は本当に1日であのような流れとなりました。今まで、小学校の頃から担任の先生に美大を薦められたりもしましたが、家庭の事情で何度も諦めてきました。ですから、時間が有り余るだけあるならこれからは好きなだけ絵が描ける、と嬉しくなりました。

 

絵の対象は、動物や昆虫、恐竜まで、生き物が多いです。絵は生きがいであり運命であり、自分であるとおもいます。

 

 

――第15話「T君との思い出」は、脳障害のあるT君のために絵を描くというお話でしたね。自分のためでなく誰かのために描くということに、どのような思いを持っておられますか? 

image019

(「【第15話】 T君との思い出」より)

 

 

それまでは自分が描きたい、という欲求を満たすためだけに描いていましたが、自分の好きでやっている事が誰かの役に立った、と実感出来る機会に恵まれて、「本当に生きてて意味があった」「こういう事のために絵が好きだったのかな」と思いました。

 

これからも、人に喜んでもらえる機会がありましたら、答えられる限りの絵が描きたいですし、おもしろい漫画も描きたいです。

 

 

ふんばれ、がんばれ、ギランバレー! (ワイドKC モーニング)

ふんばれ、がんばれ、ギランバレー! (ワイドKC モーニング)書籍

作者たむら あやこ

発行講談社

発売日2016年4月22日

カテゴリーコミック

ページ数160

ISBN4063378446

Supported by amazon Product Advertising API

 

知のネットワーク – S Y N O D O S –

 

 

シノドスをサポートしてくれませんか?

 

●シノドスはみなさまのサポートを必要としています。ぜひファンクラブ「SYNODOS SOCIAL」へのご参加をご検討ください。

⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/14015

 

●シノドスがお届けする電子メールマガジン「αシノドス」

⇒ https://synodos.jp/a-synodos

 

 

 

 

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.252 日本政治の行方

・橋本努「なぜリベラルは嫌われるのか?(1)」
・鈴木崇弘「こうすれば日本の政治はもっとよくなる! 政治の政策能力向上のために「変える」べきこと」
・中野雅至「日本の官僚はエリートなのか?」
・大槻奈巳「職業のあり方を、ジェンダーの視点から考える」