橋下徹大阪市長「性風俗業と従軍慰安婦問題」についての発言【1】(2013年5月15日)

▶シノドスの電子メールマガジン「αシノドス」

https://synodos.jp/a-synodos

▶真の教養を身に着ける「シノドス・サークル」

https://synodos.jp/article/20937

―― 韓国からいうと政治的歴史的問題というよりも、人権的問題と???(聞き取れず)。私の理解???(聞き取れず)、人権的問題というのはふたつ、国家、法律上で人権、いわゆる???(聞き取れず)ということですが、橋下市長としては、韓国からの人権である問題としてどう考えている。どこまでが人権問題化、どこまで歴史的問題化、どこまで???(聞き取れず)。

 

歴史問題でもあるし、人権問題でもありますよ。女性が意に反してそういう職業に就かなければいけなかった状況なんていうのは、現代社会ではあってはなりません。しかし歴史を振り返ればですね。この日本国においても、いろいろ地方部においてですね、身売りなんてこともありました。いまとなってはそれは絶対にやってはいけないですけど、歴史の事実してはあるわけですよね。だからいまそういうことは人権侵害だということで、これは国をあげてそれを防がないといけない。そういうことにならないように、しっかりと対応しなければならないというのは当然なことです。

 

ぼくは13日に会見で話をしたことというのは、まず第一に安倍首相が侵略の定義が定まっていないということで、日本の侵略と植民地政策については、はっきりと明言されなかった。そのことについて質問を受けましたのでね。学術上、侵略の定義がないことは、これは学術上そうなんです。これは学術上侵略の定義はありません。ただそれをもってですね。日本の第二次世界大戦が侵略でなかったというのは、それは詭弁だということです。これは敗戦国としてしっかり受け止めなければいけない。そうでなければ連合国、戦勝国は怒っちゃいますよ。それはやっぱり歴史です。

 

だからぼくは安倍首相が、侵略の定義はさだまっていないという曖昧な答弁をしましたのでね。それははっきり言い切るべきだと、敗戦国として侵略と植民地政策をしっかり認めて。関係国に対して、多大な苦痛と損害を与えたということはしっかりとお詫びと反省をしなければいけないということはしっかり認めるべきだということは、ぼくは明言しました。ただそのなかで、やっぱりそうはいってもですね。不当に日本だけが侮辱を受けるようなことに関しては、やっぱり言うべきことは言わなきゃいけない。その一つの問題として、この慰安婦問題というものをあげました。

 

これは当時、繰り返しになりますけども、いまは人権問題としても絶対に許されない問題。これがですね、当時は世界各国、みな似たり寄ったり同じようなことをやっていたわけです。だからぼくはね、日本を正当化するわけではなくて、これはいまのメディアはね、「世界各国がやっていたんだから日本もいい」っていう、そんな論調で僕が言っているってことをガンガン書きたてていますけどね、ぼくはツイッターでも書いていますけども、自分たちを正当化するためではなく、不当な侮辱に対してはしっかりとモノを申していきましょうということですから。

 

全員が反省をしてね、ああいう戦時下の、戦場の性の問題。女性をね、ああいうかたちで女性の人権を蹂躙するようなああいうことはね、もうやめましょうと、これは全世界でやるべきことだし、日本も反省しなければいけない。ただそういところを、ちょっとアメリカやヨーロッパなんかっていうのは、自分たちが現地の女性を活用していたことは棚に上げて、日本だけを不当に侮辱しているんじゃないですかということを指摘したところです。

 

 

―― ???(聞き取れず)、実はいま東京の外国特派員協会で、韓国大使は橋下市長のコメントについて記者会見していました。昨日、橋下さんは、外国特派員団体に招待されていました(聞き取れず)、東京にきて、海外???(聞き取れず)の前でなにか説明しようと考えていますか。

 

東京に行く機会があればいいのですが

 

 

―― 昨日は招待されましたよね?

 

ただ僕は大阪市でいつでも会見やりますからね。そしたら外国特派員協会の人もなんで僕を呼びつけるのかね。来てくれたらいいんですよ。そのこと自体が、ぼくはやっぱりちょっと欧米の日本に対するスタンスとしてぼくはちょっと納得できませんね。

 

ぼくは会見、いつでもオープンしています。朝も夕方もいつでもやるって言っているんですよ。それがなぜ外国人の特派員協会は、東京まで出て来いと。その一点張りですよ。ぼくはいつでもやりますよ。ぼくは通常の市長業務があるわけですから、東京を往復するだけでもたいへんなわけですね。そしたら記者の皆さんが来てくれたっていいじゃないですか。ぼくはいつでも応じますよ。ぼくのほうこそ、機会は、特派員協会のほうに提供しているわけですから、いつでもそれを活用してください。

 

 

―― 他の国の軍隊にもおなじような制度があったっていうのは、客観的な事実かもしれませんが、???(聞き取れず)という言葉には、主観的な評価、価値観が含まれると思うのですが、ようは慰安婦の言葉と、必要だったんだ、だから仕方なかったんだと、我慢してくれとまでは言わないにせよ、???(聞き取れず)だったんだというニュアンスでとられかねない言葉だと思うんですけど、それは優しい言葉、優しい態度と言えるのか、それは誤解を招きかねない表現だったのではないでしょうか。

 

いや、ぼくは容認はしていませんからね。ぼくはそれはね、当時はですよ、みんながそう思っていたんでしょってことを伝えたところです。その客観的にですよ、いまはそりゃありえませんよ。やっちゃいけないことなんでね。当時世界各国が軍隊を保持するために、戦場での性の問題は、軍の最大の課題だったわけです。

 

それはもう歴史を紐解けば、軍のコマンダーですね、司令官はですね、どうやって軍隊の性病を、どう抑えるかってところに一番悩ましていたわけです。センシショウ(聞き取れず、戦死・負傷か?)という、いわゆる戦場での銃弾とかそういうことで負傷を負ったこと。それと同時にですね、性病蔓延というところが一番軍のオペレーションで最大の課題だったわけですから、そういうなかで、世界各国がみんなそういうものを必要としていたことがあったんでしょうね。

 

でもぼくはそれは容認していませんよ。それはあってはならないことだし。当然女性の人権を蹂躙することになるし。当時の慰安婦や、アメリカなんかは自由恋愛だって言いきっていますけど、当時の現地の女性がどういう状況だったのか、そこで生まれた子どもはどういう状況になっているのか、そういうことは、アメリカは自由恋愛の名のもとに一切知らん顔です。

 

そりゃ日本もね、正々堂々と言える立場ではないですよ。そりゃ悪いことやっているわけですから。でもアメリカだってね、自由恋愛で、日本だけが悪い悪いっていうのはおかしいと思いますよ。やっぱりみんな同じようにこれは戦時下で女性に対して大変、これはやちゃいけないことをやってきたわけですよ、だからそれは全世界共通のね、反省のもとに、きちんとこの問題、二度とくりかえしちゃいけないということはやっぱり肝に銘じないといけないと思いますね。

 

だから必要性がある、それは認めたことじゃないかってのは全然違いますね。必要性がないんだったら、慰安婦制度だったりとか、現地の女性を活用したり、民間業者を活用したりとかそういうことはないわけです。必要性っていうのは客観的な事実ですよ、主観的な表現ではないです。それを認めるか認めないかっていう風になった時には、それは主観が入ってくるし、それは認めるのかどうなのかは非常に問題ですけども、僕は認めていませんから。

 

 

1 2 3 4 5
シノドス国際社会動向研究所

vol.268 

・植原亮「エンハンスメント論争の行きつくところ――BMIから徳へ?それとも?」

・出井康博「留学生という名の単純労働者」

・堀内進之介「学び直しの5冊〈現代社会〉」
・有馬斉「患者が望まない延命治療を行うことは正当化できないパターナリズムか――『死ぬ権利はあるか』出版に寄せて」
・穂鷹知美「移動の自由がもたらす不自由――東ヨーロッパを揺り動かす移住・移民問題」
・多賀太「男性の「ケア」参加はジェンダー平等実現の決め手となるか」
・吉永明弘「ローカルな視点からの環境論」