核兵器の廃絶を訴えること、核の傘に安全を頼ること――核兵器禁止条約を事例に考える

▶シノドスの電子メールマガジン「αシノドス」

https://synodos.jp/a-synodos

▶真の教養を身に着ける「シノドス・サークル」

https://synodos.jp/article/20937

2017年7月7日、国際連合の会議は、賛成122カ国・反対1カ国・棄権1カ国の圧倒的多数で、核兵器禁止条約(Treaty of the Prohibition of Nuclear Weapons: TPNW)を採択した。この条約は、核兵器の開発・生産・保有・貯蔵等を禁止している(第1条a)ことから、核兵器のない世界の実現に向けてきわめて重要である。

 

核兵器禁止条約が発効するためには50カ国の批准が必要となる(第15条1項)。2019年3月末現在、70カ国が署名し、そのうち22カ国が批准している状況にある。「唯一の戦争被爆国」というナショナル・アイデンティティをもつ日本は、「核兵器を廃絶していくべきことを、世界の人々に強く訴えていく使命がある」(外務省軍縮不拡散・科学部編2016:7)と高らかに謳っている。ヒロシマ・ナガサキの惨劇を人類は二度と繰り返してはならないと考えているからだ。ところが日本は、核兵器禁止条約に批准はもとより、署名すらしていない。

 

この事実は私たちを2つの素朴な問いへと導く。すなわち、(1)なぜ日本は核兵器禁止条約に署名しないのか、(2)核兵器廃絶を目指す日本が核兵器禁止条約に署名しないのは、日本の核軍縮・不拡散をめぐる外交の矛盾なのか、という問いである。小論では、これらの問いへの回答をわかりやすく述べてみたい。

 

 

なぜ日本は核兵器禁止条約に署名しないのか

 

まず、1つ目の問いから考えてみよう。「なぜ日本は核兵器禁止条約に署名しないのか」である。その回答は簡単だ。核兵器禁止条約は日本の安全保障にマイナスの効果をもたらす、と考えられているからである(そのほか、同条約が核保有国と非核保有国との対立の溝を深めているという理由もある)。

 

北朝鮮や中国の核兵器が日本の安全保障に深刻な脅威を与えていることは指摘するまでもない。北朝鮮は核実験を繰り返し実施することで、核兵器の小型化・弾頭化の実現を試みている。また、中国は核戦力の近代化と拡大を図っている。このような状況のもと、日本政府は「核兵器のない世界の実現に至る道のりにおいて、換言すれば、現実に核兵器が存在する間、国家安全保障戦略でも明確に述べられているとおり、核抑止力を含む米国の拡大抑止が不可欠である」としている(外務省軍縮不拡散・科学部編2016:7)。

 

つまり日本は、核兵器の脅威に対して、いわゆる「核の傘(nuclear umbrella)」で安全保障を確保しようとしているのだ。大ざっぱにいえば、日本にとって核の傘とは、“もし日本に核兵器を使用するのであれば、米国の核兵器で報復する”という威嚇によって、北朝鮮や中国による核兵器の使用を思いとどまらせるという試みである。

 

であるからこそ、核兵器禁止条約への署名は、日本の安全保障にマイナスの効果をもたらす。核兵器禁止条約は「核兵器その他の核爆発装置を使用し、又はこれを使用するとの威嚇を行うこと」を禁止している(第1条d)からである。もし日本が核兵器禁止条約に署名した場合、核の傘を閉じなければならなくなる。核の傘を閉じてしまうこと、それは日本が北朝鮮や中国による核兵器の脅威に対して、無防備にさらされることにほかならない。

 

 

日本の核軍縮・不拡散をめぐる外交は矛盾しているのか

 

「唯一の戦争被爆国」である日本は核兵器の廃絶を目指している。にもかかわらず、安全保障上の理由から核兵器禁止条約に署名していない。そこで、2つ目の「日本の核軍縮・不拡散をめぐる外交は矛盾しているのか」という問いである。

 

核兵器の廃絶を訴えることと、核の傘に自国の安全を頼ること、これら2つの日本外交の選択と行動は矛盾しているのだろうか。矛盾しているとすれば、どのような論理なのであろうか。逆に、矛盾していないというのであれば、それもまたどのような論理によるものなのだろうか。以下、核軍縮・不拡散に対する日本外交のスタンスを考えてみよう(詳細については、拙論「核軍縮をめぐる非人道性と安全保障の論理」、佐藤史郎・川名晋史・上野友也・齊藤孝祐編『日本外交の論点』法律文化社、2018年を参照のこと)。

 

 

矛盾しているという見解

 

まず、矛盾しているという見解がどのような論理に基づいているのかを考えてみよう。「核兵器の廃絶を目指す」ことは「核兵器は不要である」と主張することと同じである。対して、「核の傘で自国の安全確保を試みる」こと、これは「核兵器は必要である」と主張することと同じである。つまり、日本の核軍縮・不拡散外交をめぐるスタンスは、一方で「核兵器は不要である」と主張しながら、他方で「核兵器は必要である」とも主張していることになる。

 

したがって、核兵器の不存在と存在を同時に求めているという点において、核軍縮・不拡散をめぐる日本外交のスタンスは明らかに矛盾しているとなろう。たとえば、田井中雅人は「日本政府の軍縮外交の矛盾は、唯一の戦争被爆国として核兵器廃絶を訴えながら、米国の『核の傘』に自国の安全保障を委ねていることにある」(田井中2017:199)と述べている。

 

それでは、矛盾しているという見解をもつ人たちは、日本が核兵器禁止条約に署名しないことをどのように捉えているのだろうか。まず、(1)日本の核軍縮・不拡散外交をめぐるスタンスが矛盾しているということをあらためて世に知らしめたということになろう。そして、日本が核兵器の廃絶を訴えていくためには、(2)核の傘に自国の安全を頼るというアプローチそのものを再考する必要があるということになろう。

 

たとえば、川崎哲は「そもそも、日米同盟関係において核兵器は必要なのか。必要だというなら、いかなる時にか。はたしてアメリカが、日本を守るために核兵器を使用するなどということがありうるのか。またそれは、被爆国の私たちが望むことなのか。これらの問題を抜本的に議論する必要がある。」(川崎2018a:73)と問題提起している。これは、いまの「現実」を決して定点とみなさずに、つねに「現実」を問い続けるという意味で、きわめて現実主義的な思考である。「現実」を問い続けることは、日本外交の選択と行動の幅を広げることになるからだ(詳細については、川名晋史・佐藤史郎編『安全保障の位相角』の序文「なぜ位相角なのか」を参照のこと)。

 

 

核兵器の非人道性

 

矛盾しているという見解の人たちは、核兵器の「非人道性」の部分をとくに重視して、核兵器の廃絶を目指す傾向にある。核兵器は、熱線・爆風・放射線の相乗的効果により、戦闘員と民間人を区別せずに、また老若男女を問わずに、多くの人たちを無差別に殺傷する。1945年12月末の時点で、広島の原爆による死者数は約14万人、長崎では約7万人と推計されている。それだけではない。核兵器は生き残った被爆者たちを放射線で苦しめる。実際、いまもなお約17万もの人びとがいわゆる「原爆症」に苦しんでいる。

 

それゆえ、矛盾しているという見解の人たちは、「核兵器の使用による非人道的な結末を避けるために、核兵器を廃絶すべき」という立場である。彼ら/彼女らにとって、核兵器の脅威から安全保障を確保するためには、まずなによりも核兵器の廃絶が望ましいとなる。核兵器を廃絶すれば、核兵器をめぐる安全保障の問題が解決の方向に向かうという主張だ。これはいかにも楽観的な考えのように思える。ただ、核兵器禁止条約の前文に、「いかなる場合にも核兵器が再び使用されないことを保証する唯一の方法として、核兵器を完全に廃絶することが必要であることを認識し」と述べられていることは看過できない。【次ページにつづく】

 

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.268 

・植原亮「エンハンスメント論争の行きつくところ――BMIから徳へ?それとも?」

・出井康博「留学生という名の単純労働者」

・堀内進之介「学び直しの5冊〈現代社会〉」
・有馬斉「患者が望まない延命治療を行うことは正当化できないパターナリズムか――『死ぬ権利はあるか』出版に寄せて」
・穂鷹知美「移動の自由がもたらす不自由――東ヨーロッパを揺り動かす移住・移民問題」
・多賀太「男性の「ケア」参加はジェンダー平等実現の決め手となるか」
・吉永明弘「ローカルな視点からの環境論」