風俗嬢の『社会復帰』は可能か?

ウェブサイト・ガールズケアとは

 

中山 こんにちは、中山美里です。まずは自己紹介をします。

 

わたしは16歳から夜遊びを始めて、援助交際やヌードショーを行うクラブで働いているうちに、なぜかライターになっていました。いまは編集プロダクション・オフィスキングを、元男優の夫と経営しています。夫婦ともに夜の世界にどっぷり浸かって生きているわけです。

 

ガールズケアは、ライターをしているあいだに出会った20歳くらいの女の子がきっかけで立ち上げました。とても可愛い女の子なのですが、小学生のときに壮絶ないじめにあって精神的に参ってしまい、北海道にある本番もできるピンサロに中学生のころから働いていたようです。その後お店で「東京でAV女優になれば、タレントや女優になれる」とスカウトされたことをきっかけに上京したものの、もちろんタレントにも女優にもなれず、超狭い風俗店の寮に10万払って生活を送ることになりました。それでも彼女はまだアイドルになれると信じて働いています。

 

彼女はアスペルガーのような症状も見られましたし、鬱傾向もありました。知能的な問題があるのかもしれません。健康保険も銀行口座も持っていないし、そもそも健康保険の存在も知らなければ、銀行がなにをする場所なのかもわかっていませんでした。彼女に必要なのは、行政の支援であり、生活保護であり、生活を立て直すために親身に相談を受けてくれる人でしょう。

 

彼女は稀なケースではありません。その後、同じような女の子とたくさん出会ってきました。彼女たちのために出来るかぎりのことはしたいけれど、わたしにも生活がありますから限界があります。そこで彼女たちと繋がりながら情報を発信していくコミュニティを設けようと思い、風俗嬢やAV女優、キャバ嬢などに役立つ記事を掲載するウェブマガジン・ガールズケアを見切り発車で始めました。

 

GIRLS CARE;http://www.girlscare.org/

 

見切り発車ですから、トラブルつづきで大変です。最初、風俗で働いている女の子に「ITに興味があってプログラムも書けるしイラストレーターも使える」と言われたのでサイトの開設をお願いしたらパソコンを持ってないと言い出して(笑)。「うわー、信用できねー!」と思いつつもパソコンを貸してみたら、ちゃんとロゴを作ってくれました。ただし、彼女はその後、わたしのパソコンと共にいなくなってしまって。「これはハードルが高いなあ」と思いながら、なんとかつづけていこうとしているのが現状です。

 

 

中山美里氏

中山美里氏

 

 

目標は繋がりあうこと

 

さて、風俗嬢の社会復帰は可能か、そして復帰とは何かということですが、一概に言えないというのがわたしの考えです。風俗嬢にも個人的な背景がたくさんあります。なぜこの世界で働くようになったのか、働きたくて働いているのか、それとも嫌々やっているのか。要因はさまざまです。

 

社会復帰が必要なのかどうかわからない人もいますし、復帰することで負担が増えてしまう場合だってあるでしょう。ですから、ガールズケアは社会復帰を目標にしているのではなく、風俗嬢同士が繋がりあって発信していくことを目標に活動をつづけています。

 

議題をいただいているので、いくつかお答えしたいと思います。まずはセックスワーカーと障害者の関係についてですが、たしかに夜の世界で働く人のなかには、発達障害や精神障害を抱えている女性がいます。本来であれば福祉の支援を受けるべきなのでしょうが、彼女たちは何の支援も受けずに働いているケースが多く見られる。そして、そういう女の子たちが、たとえばAVのハードな撮影に出演していることが頻繁にあるように思います。

 

ハードな撮影によって怪我を負う子もいれば、病気になってしまう子もいる。でも最初にお話した女の子のように、それでもアイドルになることを夢見ているんです。わたしも初めは冗談だと思っていたのですが、彼女たちはどうやら本気のようです。そういう世界があることを知っていただけると幸いです。

 

次に、支援団体の先行事例とわたしたちの活動内容との比較についてお話します。今までの支援団体の多くは、性病の危険性や予防などの情報発信に留まっていました。わたしたちの活動は、性病にかぎらず、いろいろな情報を発信しています。

 

たとえば、風俗業界も不景気の煽りを受けて、稼げない仕事になっていて、1ヵ月フルで働いても20万円しか稼げない世界になっています。風俗は年を取れば収入が減りますから、稼げるあいだに稼がなくてはいけません。そこで、現役のセックスワーカーに風俗で稼ぐことをテーマにしたコラムを連載していただいています。

 

他にも、風俗嬢のなかにはどの業界でも立派に活躍できるだろう女の子がいろいろな成り行きでこの世界に従事しています。そこで風俗嬢の転職をテーマにしたコラムも、同じく現役のセックスワーカーに連載をしてもらっています。

 

わたしたちの活動はなかなか実績が見えにくいものですし、繋がりあって発信するといっても、内輪の繋がりになっているのが正直なところではありますが、そのあたりが先行事例との違いだと思っています。

 

最後に、社会復帰支援の困難性についてですが、先ほどもお話したように、いろいろな背景の風俗嬢があっていろいろな理由で働いているわけですから、どのような社会復帰のための支援が望ましいか一概には言えません。だからこそ、相互支援・扶助のかたちで、風俗嬢同士が繋がって、さらには行政と繋がっていくことで、何か新しい道が見えてくるのではないかと思っています。

 

今夏、キャバクラ嬢の私物を販売している会社から、コスメを開発・販売をする会社の設立を持ちかけられ、12月半ばから後半にオープンすることになりました。ガールズケアと連動しながら、新しいかたちでの活動も出来るのではないかと思っていますので、注目いただければと思います。

 

 

 

シノドスのコンテンツ

 

●ファンクラブ「SYNODOS SOCIAL」

⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/14015

 

●電子メールマガジン「αシノドス」

⇒ https://synodos.jp/a-synodos

 

●少人数制セミナー「シノドス・サークル」

⇒ https://synodos.jp/article/20937

 

 

 

 

1 2 3 4 5
シノドス国際社会動向研究所

vol.2019.3.15 

・中西啓喜「学力格差と家庭背景」
・竹端寛「対話を実りあるものにするために」
・佐々木葉月「日本のテロ対策の展開」

・小野寺研太「「市民」再考――小田実にみる「市民」の哲学」
・久保田さゆり「学びなおしの5冊〈動物〉」
・鈴木崇弘「自民党シンクタンク史(5)――設立準備期、郵政民営化選挙前」
・山本宏樹「これからの校則の話をしよう」