シノドス・トークラウンジ

2020.09.24

2020年10月11日(日)開催

なぜ「表現の自由」は重要なのか?

志田陽子 憲法、言論・芸術関連法 司会:芹沢一也

開催日時
2020年10月11日(日)14:00~15:30
講師
志田陽子
司会
芹沢一也
場所
Zoom
料金
1100円(税込)
※高校・大学・大学院生は無料です。

対象書籍

「表現の自由」の明日へ:一人ひとりのために、共存社会のために

志田 陽子

なぜ「表現の自由」は重要なのでしょうか?多くの国家が憲法で、集会や言論、出版の自由を保障し、公権力の介入を禁じているのはなぜなのでしょうか?

個々の表現を見れば、その内実は玉石混交でしょう。公共性の高い価値のありそうなものもあれば、あえて擁護する価値のなさそうなものもあるでしょう。しかし、「価値があるかもしれないもの・ないかもしれないものを取り混ぜて、それらが流通する《自由な表現のあり方》が確保されていることに意味と価値がある」のです。

昨今は、「公共の福祉」との関連で、「表現の自由」の規制を求める声も、しばしば耳にします。ときには、「自由な言論市場」から、ある種の表現を排除しようとする動きも目立ちます。こうした状況の中で、いまいちど、「表現の自由」の意味を原理的に考えることは有益でしょう。

「シノドス・トークラウンジ」第3回は、『「表現の自由」の明日へ』の著者、志田陽子さんをお招きしてお話を伺います。

プロフィール

志田陽子憲法、言論・芸術関連法

武蔵野美術大学造形学部教授、東京都立大学システムデザイン学部客員教授、博士(法学)。「憲法」および表現者のための法学を担当。研究対象は、表現の自由と人格権、文化芸術と法。著書に『文化戦争と憲法理論』(法律文化社、2006年)、『表現者のための憲法入門』(武蔵野美術大学出版局、2015年)、『合格水準 教職のための憲法』(共著・法律文化社、2017年)、『「表現の自由」の明日へ』(大月書店、2018年)、『映画で学ぶ憲法Ⅱ』(編著・法律文化社、2021年)。東京新聞「新聞のあり方委員会」委員。「シノドス」では、「シノドス・トークラウンジ」共同主宰者、「法と社会と自分ごとをつなぐパブ」編集委員。

この執筆者の記事