新たな支援制度の実態とは――生活困窮者自立支援法の問題点

7月21日の参議院議員選挙は、自民・公明両党の圧勝となった。今後の社会保障をめぐる議論においても、与党の「意向」が強く反映され、進められていくことは間違いない。

 

政府は選挙前の6月に閣議決定した「骨太の方針(経済財政運営と改革の基本方針)」において、『聖域とはせず、見直しに取り組む』と、今後の社会保障の削減を明言している(*1)。

 

また、社会保障制度改革国民会議においても、

 

 

(1)「自助を基本としつつ、自助の共同化としての共助(=社会保険制度)が自助を支え、自助・共助で対応できない場合に公的扶助等の公助が補完する仕組み」が基本

 

(2)政策効果を最小の費用で実施できるよう、同時に徹底した給付の重点化、効率化が必要

 

 

などが基本的な考え方として提言されている。

 

ここでの議論は、年金や医療、介護などの「社会保険」に関するものが中心だが、全体として「財源的な持続可能性」という基軸の下で語られている(報告書自体はそれぞれ非常に読みごたえのあるものになっているので、ぜひ目を通してもらいたい(*2))。

 

もちろん「財源的な持続可能性」の話はとても重要だ。それなしに議論することはできない。しかし一方で、「財源的な持続可能性」によって重点化・効率化されるそれぞれの制度は、現在進行形で人々の生活を支える大切なセーフティネットになっていることも事実だ。

 

「削減」や「見直し」ありきに見える議論は、「いのちの持続可能性」についての発想や理念が軽視されているようにも思える。

 

実際に、生活保護については8月から給付基準額が一部引き下げられた。世帯構成や地域によって金額は異なるが、数百円から場合によっては数千円のカットが始まり、すでに215万人の生活保護利用者の生活を「削減」している。

 

 

生活保護の「引き下げ」は何をもたらすのか https://synodos.jp/welfare/743

 

 

このように社会保障全体が、現在、全方位的に「削減」の波にさらされている。そういった文脈をふまえた上で、本題に入っていきたい。

 

(*1)経済財政運営と改革の基本方針 http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/cabinet/2013/2013_basicpolicies.pdf

(*2)社会保障制度改革国民会議 http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kokuminkaigi/

 

 

新しい支援制度は生活保護の改悪と両輪

 

さきの国会で政府与党は「生活保護法改正法案」と新法である「生活困窮者自立支援法」の両法案を重要法案と位置づけ、その成立を目指した。5月17日に閣議決定されると、すぐさま衆院で可決。しかし、参院では審議が長引き、国会閉幕の6月26日、結果として時間切れ廃案となった。

 

この両法案は民主党時代に「生活支援戦略」と呼ばれていた、生活困窮者支援の体系化をおこなうための議論の文脈を引き継いでいる。生活支援戦略は、「生活保護の見直し」と、生活保護の手前に「新たな支援制度」をつくることを両輪として設計されていた。

 

 

「生活支援戦略に関する主な論点(案)」における「生活保護の適正化」についての私見 https://synodos.jp/welfare/1449

 

動き始めた「生活支援戦略」をひも解く https://synodos.jp/society/379

 

 

つまり、ここでいう「新たな支援制度」は、まったく新しいところから作る(メニューを増やす)支援制度ではなく、結果的にしろ、生活保護の役割を圧縮することを「前提」とした制度であると考えることができる。

 

そして、両法案は自公政権に引き継がれ、ここでも「セット」として国会に提出された。

 

生活保護法改正法案に関しては、その内容のひどさもあって批判や議論を呼び起こした。

 

 

生活保護法改正法案、その問題点 https://synodos.jp/welfare/3984

 

 

しかし、もう一方の生活困窮者自立支援法に関しては、これまでメディアもふくめて、あまり積極的にその内容が検証されることはなかった。

 

また、「新しい支援制度」ということからくる期待や、生活保護法改正法案とセットであることの意味、提起されている制度の内容をよく知らないままに、比較的ポジティブな印象で受け取られる場合も多い。

 

政府は秋の国会に両法案を再度国会に提出すると明言している。生活困窮者自立支援法は、そもそもどんな制度で、一体何が問題なのか。成立するとどんなことがおこるのか。本稿では、あまり語られていない「生活困窮者自立支援法」について考えていきたい。

 

 

 

◆◆「αシノドス」購読でシノドスを応援!◆◆

1 2 3 4 5 6
シノドス国際社会動向研究所

vol.228 特集:多様性の受容に向けて

・安藤俊介氏インタビュー「『許せない』の境界を把握せよ!――アンガーマネジメントの秘訣」

・【PKO Q&A】篠田英朗(解説)「国連PKOはどのような変遷をたどってきたのか」

・【今月のポジだし!】山口浩 ことばを「『小さく』すれば議論はもっとよくなる」

・齋藤直子(絵)×岸政彦(文)「Yeah! めっちゃ平日」第九回:こんなところでジャズ