なぜアベノミクスを否定する人の中に債券市場関係者が多いのか?

▶シノドスの電子メールマガジン「αシノドス」

https://synodos.jp/a-synodos

▶真の教養を身に着ける「シノドス・サークル」

https://synodos.jp/article/20937

アベノミクスを否定する人が債券市場関係者に多いのはなぜか

 

浜田 私はどちらかというと、理論経済学の角度から証券市場を見てきました。ですから現場に詳しいエコノミストの安達さんに、実際の投資の世界について伺いたいと思います。

 

まずお聞きしたいのは、アベノミクスの第1の矢(金融緩和政策)によって株価が上がり、円安も起こり、有効求人倍率と完全失業率が改善し続けている状況において、なぜ市場関係者のなかには、いまだアベノミクスの効果を否定したがる人がいるのかについてです。

 

安達 日本では長らく円高が続き、デフレが進行していましたが、それに伴って債券(国債)利回りがどんどん低下してきました。債券利回りが低下するということは、債券の価格が上昇することを意味します。円高とデフレの進行が長期間続く限り、債券を購入すれば将来の価格が上昇するのは確実なので、市場として儲けやすかったということが、まず指摘できます。

 

債券の取引で生計を立てている債券市場関係者は、円高になればなるほど債券価格が上がり、利益が出るわけですから、理論的にどうこうというよりも、自らの経験(特に成功体験)を基準にして、円高を支持する人たちが多いように思います。これは円安を否定したがる市場関係者が多い一因にもなっていると思います。

 

また、円高、デフレの局面では、金融機関の多くが、貸し出しを増やすことができず、債券の売買益で収益を稼がざるを得なくなりました。これによって、債券市場に関連する部署の組織的な地位が高まり、社内での出世等の利得に与った人も少なくなかったのではないかと想像します。

 

金融機関では、若手が収益拡大に貢献し、その手柄を管理職がさらって出世していくということもあります。そのため、「次は俺の番だ!」と思っている若手は少なくないはずです。ところが、自分がおいしい思いをする前に環境が激変すると、これまでの苦労が水の泡になってしまうと考える人も多いでしょう。アベノミクスによって、長年やってきた方法ではこの先食べられなくなるわけですから。彼らにはそういった危機感もあるのだと思います。

 

浜田 これまで円高と債券高でうまいことやってきたのだから、これからも円高でいいじゃないか、という自己本位な発想があるわけですね。

 

安達 よかれ悪あしかれ、そういうことです。そんな状況にもかかわらず、現在の債券市場は、日銀が新規に発行する国債の約7割超を市場から買っている構図になっています。2013年4月の黒田日銀による「異次元の金融緩和」以降、債券市場の関係者たちは取引する物自体がなくなってしまい、毎日やることなく過ごしているような状況だという話も聞きます。

 

浜田 アベノミクスは、債券市場の商いを細らせている一面があるということなんですね。

 

安達 そういうことです。また、債券市場での取引の大部分は国債取引なのですが、国債は財務省が発行しています。そのため、債券市場で働いている人たちは、市場関係者のなかでも、特に財務省とのつながりを重要視しているように思います。彼らは「財務省の意向と反対のことを言っていると、国債の入札から外されるんじゃないか」ということを恐れているので、そもそも財務省の意向に反した意見を口にしづらいようです。

 

最近、債券市場に関わっているエコノミストや債券アナリストのほぼ全員が、「ある程度の景気の悪化には目をつむって、消費税増税による財政再建を優先すべきだ」と主張しているのは、まさにこのような背景があると思います。ただし、個人的な経験から考えて、財務省の人たちが実際にそのような圧力をかけているのかといえば、必ずしもそうとはいえないのではないかと思いますが。

 

浜田 なるほど。実際に圧力があるわけではなくとも、余計なことは言わぬが吉だと考えているのが現状なのでしょうね。【次ページにつづく】

 

 

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.268 

・植原亮「エンハンスメント論争の行きつくところ――BMIから徳へ?それとも?」

・出井康博「留学生という名の単純労働者」

・堀内進之介「学び直しの5冊〈現代社会〉」
・有馬斉「患者が望まない延命治療を行うことは正当化できないパターナリズムか――『死ぬ権利はあるか』出版に寄せて」
・穂鷹知美「移動の自由がもたらす不自由――東ヨーロッパを揺り動かす移住・移民問題」
・多賀太「男性の「ケア」参加はジェンダー平等実現の決め手となるか」
・吉永明弘「ローカルな視点からの環境論」