東日本大震災、体育館避難所で起きたこと

はじめに

 

東日本大震災。

 

東日本全体で21000人もの人が命を失い、または行方不明となりました。私も被災し岩手県陸前高田市米崎小学校の体育館で二ヶ月間にわたり避難所生活をしながら避難所運営を経験しました。

 

多くの人に助けられ過ごした時間です。この場をお借りして、日本中の人に御礼を述べさせていただきます。

 

本来であれば、避難所運営の一例として記録と御礼だけに留めるべきことですが、次の万が一の時のために避難所運営の改善点とご支援をいただいた際に気になった点を記させていただきます。

 

 

地震発生、そのとき

 

両親と妻と一男二女の7人暮らしをしていました。両親とも同じ米崎町生まれで、昭和35年のチリ地震津波の被害も経験しています。妻は同じ岩手県内でも内陸の一関市生まれなので、結婚するまで津波に対する防災教育を受けずに育ちました。

 

震災時、子どもは小学校一年の長女と保育園年長組の次女は学校と保育園へ。1歳6ヶ月の長男は自宅で妻と一緒でした。父は会議のため市役所の近くにおり、母は体調がすぐれないということで、あの日は午後から布団に入っていました。いつ発生するか分からない地震は、家族が揃っている時間を狙ってはくれないのです。

 

3月11日14時46分――地震発生のその時間、私は牡蠣養殖の仕事のため船で陸前高田市の広田湾内の脇ノ沢港を出港し、牡蠣筏(かきいかだ)へと移動していました。

 

地震の揺れは海を伝わり、走っていた船さえも揺らしました。揺れる船を操船していた自分には何が起きているか分かりませんでした。プロペラにロープを巻き込んだような感じでした。前進を停めても揺れはおさまりません。船を静かにすることにより聞こえてきたのは、ポケットの中の携帯電話が発する緊急地震速報でした。

 

周りを見渡すと複数の土砂崩れが見えます。私は土砂崩れの場所を暗記して119番通報しようとしました。しかし、いつまで経っても収まらない揺れ。「本物が来た」と感じました。

 

宮城県沖を震源とする地震は繰り返し発生しており、マグニチュード(以下Mと表記)7クラスの地震はいつ来てもおかしくないと言われていました。前回の宮城県沖地震(1978年6月)から平成23年で32年と9ヶ月が経過し、十分にエネルギーが溜まっていると、浜で暮らす人間は認識していました。そんな中での大きな揺れに、「津波も来る」と直感しました。

 

船は港を出たばかりです。沖に避難することより港に戻ることを決めました。5分ほどで港に戻り、船を碇につなぎ陸に上がりました。作業場にいるはずの従業員5人はいませんでした。見渡すと防潮堤の上からこちらを眺めています。従業員に怪我はないかと確認し、自宅に戻るように言い、戻る際には渋滞も心配なので、街中を通らない道で帰るように伝えました。私は、すぐに自宅へ戻りました。

 

地震の直後から心配していたのは、妻と1才の長男のことでした。妻は一関市の生まれで、津波と無縁の生活をしてきました。つまり津波に対する教育を受けずに育ったのです。

 

結婚後から何度か、「地震が発生したら自宅には戻るな。高台のおじさんの家に集合だよ」と、話していましたが、津波の怖さを知らないのですから、どれほど伝わっているかも分かりません。急いで家に帰ると、妻は自宅の二階にいました。私の顔を見るなり「4時から皮膚科を予約しているんだけど、どうしよう」との言葉。やはり、伝わっていませんでした。

 

妻には小学校の娘を迎えに行き、その後、高台のおじさんの家に行くように、絶対自宅には戻らないように話し、私は保育園の次女を迎えに行き、高台のおじさんの家に行きました。

 

 

「すぐ逃げろ、津波が来ている」

 

家族の安全を確保できたと思った私は、絶対にやってはいけない行動をしてしまいました。津波の危険性のある自宅周辺に戻ったのです。

 

私は消防団ですので、津波注意報が発表された場合、近所の高齢者の家を訪ね、避難の確認をすることになっていました。いろいろな所を廻ったので地震から30分は過ぎていたと思います。その時には、津波がいつ来るかも分かっていませんでした。

 

その中で、ある高齢の女性の一人暮らしの家に行きました。玄関に着くと「避難しました」の札が下げてありました。結果、私はその札に助けられたと思います。何も表示がなければ家を一周確認して歩いていたでしょう。防潮堤からわずか50mの所ですが、周りの建物に阻まれて海も防潮堤も見えません。今にして思えば、一分一秒を争う状況でした。その玄関の札がなければ逃げ遅れていた可能性もあります。

 

近所の確認が済み、私は自宅に戻りました。二階に上がり、何か持つ物はないかと考えながら周りを見渡します。窓が開いていました。妻が閉じ込められることを防ぐために開けたのだと思います。その窓から防潮堤が見えます。その防潮堤の上に船が見えました。津波は防潮堤を超える所まで来ていたのです。

 

一瞬、何が起きているか理解できませんでした。次の瞬間、階段を駆け下り車に飛び乗りました。駐車場を出てすぐの所で、父と近所の人が話をしていました。車の窓から「すぐに逃げろ。津波が来ている」と叫んで避難を促しました。

 

後日、父から「あの時声をかけられていなければ、死んでいた」といわれました。それほどギリギリのタイミングでした。

 

父も私も高台のおじさんの家に無事着くと、「津波が来た」との叫び声が聞こえてきました。高台でしたが、念のため、家の後ろにある山にみんなで駆け上がりました。

 

駆け上がると、山の向こうはすでに津波が襲っていました。陸前高田の観光名所の高田松原の見える場所でした。高田町も米崎町も田んぼも商店街のあった場所も津波が襲い黒い煙が立ち上っていました。

 

大きな余震が何度も襲います。

 

地震に怯え震える娘を抱きしめながら「大丈夫。大丈夫」と自分に言い聞かせるように繰り返していました。

 

どれくらい時間が過ぎたか分かりませんが、自分が見下ろしている津波の動きが止まり、少しずつ引き波に変わりだしたころ、「ここにいても情報も何もない。みんなが集まっている場所に行かなければ」と考え、山を下り近くにある米崎中学校へと移動しました。

 

米崎中学校には大勢の人が避難していました。まだ明るい時間でした。200人以上いたと思います。

 

中学校へ着くと消防団の先輩が駆け寄って来ました。「一男が見えないから流されたんじゃないかと心配していた。よかった。よかった」と言ってくれ抱き合いました。

 

中学校のグラウンドからは、自分の家やJR大船渡線の脇ノ沢駅があった場所が見えます。まさに「あった」場所でした。その惨状を見ながら自分の家は無くなったと確信しました。

 

 

地震発生後

 

地震発生直後、地域の人は一度、各地域の公民館に集まりました。

 

しかし、津波はその公民館さえも飲み込んだのです。幸い消防団の誘導により避難していた人たちは、高台にある米崎中学校の校庭に集まりました。その時の動画が消防団員により撮影され、Youtube によりいつでも見ることができます。

 

 

 

 

中学校では生徒が校庭に集まり家族の迎えを待っていました。迎えが来た生徒は家族とともに帰り、家族が迎えに来ない生徒は避難して来た人たちと米崎中学校長の指示の元、水の確保や炊き出しを行いました。

 

中学生は校舎内から炊き出しに使えそうな鍋などを運び出し、大人は近所の知り合いを尋ね、米を譲ってもらうためにお願いしたり、消化栓から水を鍋に汲んだりしました。近くの山から薪を集めて火を熾しごはんを炊き、おにぎりにして小さい子どもやお年寄りから順に配りました。炊いたご飯ではたりず、大人は鍋の底に残ったおこげで空腹を癒しました。

 

3月の岩手は冬です。体育館の中は厳しい寒さでした。近所の方から来客用の毛布を借りて膝を抱えた「おしくらまんじゅう」状態で周囲を毛布で包みました。夜中には何度も大きな余震が襲い、暗闇の中わずかな携帯電話の灯りを頼りにさらに高台に避難を繰り返し眠れない夜を過ごしました。

 

一夜明けてみると自分たちが避難していた体育館の壁や本校舎の壁に亀裂が走っています。中学校の校長は「申し訳ないが、建物が危険で皆さんをここに置くわけにいかない」と判断されました。

 

何人かが町内を見て周り、米崎小学校の体育館が使用されていないことを確認し、全員で米崎小学校体育館に移動します。移動の際には中学校長に許可を得て、体操のマット、柔道の畳、だるまストーブ(電気のいらない灯油ストーブ)も移動させました。

 

こうして、米崎小学校体育館での長い避難所生活が始まりました。

 

 

米崎小学校体育館避難所の初期(4日目まで)

 

3月12日、中学校から移動して来た人は200人を超えていたと思います。室内でしたが、いつでもどこの出入り口からでも避難できるように土足で生活していました。

 

移動してすぐに確認したのは、トイレと水です。体育館のトイレは合併浄化槽につながっています。電気のない状態でトイレを流せば壊れる危険性もありました。

 

浄化槽の業者さんに問い合わせると、「水で流し込んでもらえば、なんとかなります。定期的に見に行きますから」とのこと。その日からバケツに水を汲み、大便をした時だけ水で流すことを決めました。みんなで順番に近くの川から水を汲み、トイレを流しながら使っていました。

 

一方、飲食に使う水を、川から汲むわけにいきません。調べて廻ると車で5分程度の所に2箇所、湧き水を汲める場所が見つかりました。それぞれ、土地の所有者さんが落差を利用しホースをつないでくれていました。水を運ぶ入れ物も、近所の農家さんがりんご畑に水を運ぶために持っていた500リットルのタンクを借りることができました。そのタンクを軽トラに積み、毎日交代で朝と晩に水汲みして飲料水と調理用に使います。

 

次は、食事を確保しなければいけません。校舎内にプロパンガスによる調理室がありましたが、鉄筋コンクリートの建物の中を鉄のパイプが配管されている設計で、地震で校舎にひびが入っている状態では怖くてガスを使うことができません。電気が来ていないためガス漏れ警報機も作動しません。

 

幸い、100mほどの所に保育園がありました。調理場もあります。古い園舎でしたが、そのぶん、ガスの配管はむき出しで接続はゴムホースでした。つなぎ目に洗剤を溶かした水を塗り、ガス漏れがないことが確認できたので、保育園の調理場でおかずと味噌汁を作り、避難した3月12日から暖かい食事を続けることができました。

 

 

SONY DSC

 

 

被災した3日目には水・米・野菜・毛布といった個人レベルでの支援物資が届きました。近くの工事現場に務めていた人が、大型の発電機を運んでくれました。近所の炊飯器を2台持っているお宅から炊飯器を借りてきました。発電機と米と炊飯器、米を炊くことができます。しかし、200名に対して5合炊飯器6台。フル回転しても全員にはご飯は届きません。全員に届く頃には、次の食事の時間でした。

 

夕方には、被災を免れたものの電気がないために保管できなくなったということで、大船渡のお寿司屋さんから握り寿司が届けられました。また、同じように大船渡から「かもめの玉子」も人数分いただきました。寿司と甘いもの、この状況には贅沢すぎる食べ物です。涙を流しながら皆で食べました。

 

4日目には自衛隊の第一陣が米崎小学校に様子見に来ました。米崎小学校では、グラウンドを半分あけ、自衛隊が到着しだい活動できるように指示されました。自衛隊はすぐに作業に取り掛かり、お風呂、大量の炊飯、洗濯設備を設置しました。お風呂に入れるようになったのはそれから3日後ですが、ご飯はすぐに炊き上がりました。

 

暖かいおにぎりを人数分、皆で食べることができる。炊事の担当をしていた人も一緒に食べることができる。なによりの幸せでした。おかずや味噌汁も欲しくなります。

 

この4日間、避難者みんなが自発的に炊事、掃除、物資の整理、修理、外来者対応などをしていました。そうすると、自然と各作業の取り纏めと指示をする人が見えてきます。総括として受付にいた私から見て、各分担の中心となる人物を一本釣りで集めて、運営役員を決めました。

 

 

運営役員

 

米小体育館避難所では、下記のように担当を配置しました。

 

・会長 支援者さんとごあいさつするのが主な役割となるので、24時間避難所を離れずにいてくれる人。

 

・副会長 会長の知り合いを選任。

 

・渉外担当 普段から地域のスポーツや公民館活動で町内の部落会長や市役所に知人が多い人を選任

 

・医療 避難所内に看護士OBが3人いましたので、その中から選任

 

・調理 普段から大量の食事を作る仕事の人を探しましたが、該当者が見当たらなかったので、生活習慣病の予防の知識のある看護師さんを選任

 

・製作 避難所内の便利機能製作を目的に大工さんを選任

 

・事務局 記録や会議で決まったことの周知、借り受けた資機材やその燃料や物資の管理を担当、私が職務担当

他にも来ていただいたボランティアの方に、受け付けや物資搬入と整理のスタッフをお願いました。もちろん、役員だけではなく、避難者も多くの作業をこなしました。体育館入り口の下駄箱の増設から始まり、避難生活後半には体育館の脇に調理室を設置しました。

 

 

SONY DSC

 

 

米崎小学校避難所運営で心がけたこと

 

ここからは、実際に運営していく上で、心がけたことを紹介したいと思います。

 

(1)物資は見えるところに置く

「あります」と「ありません」を全員に知らせるためにすべての物資を見えるところに重ねておきました。

 

(2)役員は最初に物資を取らない

役員が決めたことに協力してもらうためには「役得」と思われないように行動する必要があります。ですので、役員が先に物資を取らないと役員会で決め、周知もしました。どんなに立派なことを言っても、「役得」だと思われたら、誰も耳を貸してくれなくなるでしょうから。

 

(3)決まったことの説明は全員が揃った時に行う

避難所にいる人たちのほとんどが、家族が行方不明になっていたり家が流されているために、捜索や片付けに行きます。物資が届くたびに配布していたのでは、物資の配分に偏りができます。ですので、いただいた物資はすべてステージや二階のギャラリーに重ねておき、今日は衣類の配布、明日は靴の配布などと、毎日夕方に時間を決めて配布しました。そうすることにより、食事の支度や全員での掃除の時以外は自由に行動できるようになりました。

 

(4)持ち物による強弱を作らない

まずは、携帯電話の充電器をすべて集めて、皆の携帯電話を事務局管理で充電しました。全員から借りると、DoCoMo、au、softbankのガラケーとスマホ用と全てありました(当時はガラケー率が8割くらいで、充電器も統一されていませんでした)。個人的に貸し借りしても良いのですが、毎回頭を下げて借りていると全体的に強弱が出てしまいます。私たちは、なるべく持ち物による強弱を作らないように心掛けました。【次ページにつづく】

 

 

 

◆◆シノドスへのご寄付のお願い◆◆

 

 

 

lounge

1 2

困ってるズ300×250

α-synodos03-2

vol.204 特集:都市再生

・木村幹夫×飯田泰之「不動産情報はウソをつけない!?――登記簿情報から読み解く、空き家、相続、ニュータウン、AI利用」
・木曽崇「都市の経済的価値を高めるナイトタイムエコノミー」
・久繁哲之介「市民・顧客は『攻略する対象でなく、協働する仲間』――競わない地方創生」
・田中友章「都市再生プロジェクトへの景観法の活用」
・富井規雄「電車はなぜ遅れるのか?――都市における電車の遅延メカニズムとその対策」