医学研究からわかった!DHA・EPAの正しい効果と活用法

DHAやEPAの効果を正しく知り、自分の健康のために役立てたいという方は多いのではないでしょうか。

 

DHAもEPAも健康に役立つ栄養素として考えられています。

 

しかし、DHAやEPAの効果については間違った情報も数多く一般に知られています。

 

正しくDHA・EPAを利用してもらうために、私たち医大生で100を超える医学研究や医学書を調べ上げました。

 

そして、正しい効果はどれなのか、どう活用したらよいのか科学的に解説しました。これらの知識を知ることで、より健康に生活していくサポートとしてDHAやEPAを最大限活用できるようになるでしょう。

 

是非、記事を読んで、DHAとEPAについて効果があるものと証明されていないものをはっきりと知り、正しい活用法を実践することで生活に役立ててほしく思います。

 

 

DHA・EPAの科学的に正しい効果と活用法のポイント

 

・科学的に根拠のある効果は2つだけ!「中性脂肪を減らす」「血小板凝集を押さえる」

・頭が良くなる、うつに良い、ダイエットに良いといった宣伝には科学的な根拠がないので要注意!

・DHA・EPAは合計して男性は2.0-2.4g/日、女性は1.6-2.0g/日摂取するのが良いです。

・効果的な摂取のために多く含む食材を知ったり、健康食品を組み合わせよう!詳しくは2.DHA・EPAの効果的な摂取法で説明しています。

 

 

1.DHA・EPAの科学的に証明されている効果

 

DHAやEPAに関して科学的に効果があることが証明されているものは

 

・中性脂肪を減らす

・血小板凝集を抑える

 

の二つです。

 

とはいうものの、実際に中性脂肪が減るとどんなメリットがあるのか、血小板凝集をおさえることはどんないいことがあるのかうまく想像がつかないのではないでしょうか。

 

以下ではDHAやEPAが健康に及ぼすメリットを解説していきます。

 

 

1‐1.中性脂肪を減らす

 

中性脂肪を減らすことに関しては複数の信頼性の高い研究で効果があることが証明されており、特定保健用食品などのための国の審査でも明らかになっています。

 

 

18歳から37歳の健康な324名を対象に二重盲検無作為化プラセボ比較試験を実施した。実験群にはDHA1.6 g/日+キャリアオイル2.4 g/日を、対照群にはオリーブオイル4.0g/日を16週間摂取させた。

血中のトリグリセリド(中性脂肪)、VLDLコレステロール濃度の有意な低下が認められた。中性脂肪は平均値で-28%、95%信頼区間で-15%~-40%の減少が見られた。

引用文献:Docosahexaenoic acid supplementation, vascular function and risk factors for cardiovascular disease: a randomized controlled trial in young adults.

 

 

DHAを摂取したグループは何も摂取していないグループに比べ、平均28%の中性脂肪が減少したという報告がされています。EPAも同様に中性脂肪を減らすことがわかっています。

 

このような実験結果が他の優良な実験でも多数見られました。中性脂肪を減らすサポートとなるということに関しては非常に信頼性の高い効果であるように思います。

 

では中性脂肪を減らすと私たちの生活にどのようないいことがあるのでしょうか。

 

 

1‐1‐1.中性脂肪が減ることのメリット

 

中性脂肪が減ると、動脈硬化や高血圧といった生活習慣病になるリスクが低くなります。これらは命に関わる病気の原因になるものです。つまり、中性脂肪が減ることで、長く健康に生きていられるようになります。

 

 

中性脂肪が増える

→悪玉コレステロール(LDL)が増える

→血管の壁にコレステロールが取り込まれ、血管の壁が分厚くなる(動脈硬化)

→高血圧へ

 

 

さらに進行していくと血栓ができて心臓の血管に詰まって心筋梗塞を起こしたり、脳の血管に詰まって脳梗塞を起こしたりします。そんな命に関わる生活習慣病を予防するため、厚生労働省でもDHAやEPAの摂取を勧めています。

 

 

1‐1‐2.中性脂肪は生活習慣病の原因の一つでしかないという点には注意

 

高血圧や動脈硬化の原因の一つの大きなものとして中性脂肪が挙げられますが、他にも脂質異常症や肥満などが原因としてあげられます。

 

積極的にDHAやEPAを摂っているからといって、過剰に脂肪分の多い食べ物を食べたり、お酒を飲みすぎたりするのはやめましょう。せっかく日々それらの栄養素をとっても逆効果になりかねません。

 

 

1‐2.血小板凝集をおさえる

 

EPA・DHAともに体内でプロスタグランジンという物質に変化し、血小板凝集を抑える作用があります。

 

 

健康な成人94名を対象とした二重盲検無作為化プラセボ比較試験において、EPA 1000 mg/日+ DHA 200 mg/日またはEPA 200 mg/日+ DHA 1000 mg/日を4週間摂取させた。その結果、EPAでは-11.8%の血小板凝集がみられ、DHAでは-14.8%の血小板凝集がみられ、プラセボ群と比べ有意に血小板凝集の抑制効果を示した。

また、性別で検討した場合、男性では高EPA油摂取群、女性では高DHA油摂取群で血小板凝集能の低下が認められた。男性では、EPA投与群において、血小板凝集が偽薬群(P = 0.005)および女性(P = 0.011)に比べて、有意に低下(-18.4%)していました。一方、女性では、DHA投与群において、血小板凝集の低下が顕著(-18.9%)であり、偽薬群(P = 0.001)および男性(P = 0.017)に比べて有意な低下となっています。

引用論文:Eicosapentaenoic and docosahexaenoic acid supplementations reduce platelet aggregation and hemostatic markers differentially in men and women.

 

 

DHAとEPAを摂取することで何もしなかったグループに比べ血小板凝集が抑制されることが報告されています。

 

また、男性ではEPAの方が女性ではDHAの方が血小板凝集を抑える効果があることがわかっています。自分に合わせてどちらが良いか選ぶとよいでしょう。

 

 

1‐2‐1.血小板凝集をおさえると何にいい?

 

血小板凝集を抑えると血が固まりにくくなり、血栓ができにくくなります。これによって脳梗塞や心筋梗塞を予防することにつながります。

 

中性脂肪を減らすのと同じように、命に関わる病気を予防することで、長く健康に生きることができるようになるのです。

 

 

1‐2‐2.過剰摂取に要注意

 

DHAやEPAを過剰に摂取することは避けた方が良いです。

 

というのも、血小板凝集を抑えすぎると、出血した際に血が固まりにくいため、かさぶたができにくくなってしまいます。場所によっては出血が続くと貧血になったりすることも考えられます。内臓系では死につながることもあるでしょう。

 

そのため、過剰に摂取することなく、正しいDHAやEPAの摂取法を正しく守り生活に取り入れるようにしましょう。

 

 

1‐3.DHAとEPAの違い

 

DHAとEPAはどちらもω-3脂肪酸という栄養素で、その働きも効果もよく似ています。

 

違いとしては

 

・EPAは男性の、DHAは女性の血小板凝集を抑えやすい

・EPAは脳に存在しない

 

ということくらいです。

 

ただし、DHAは脳に必要な成分だが、摂取したからといって頭が良くなる訳ではないので注意しましょう。【次ページにつづく】

 

 

シノドスのサポーターになっていただけませんか?

98_main_pc (1)

 

 セミナー参加者募集中!「スノーデンと監視社会の現在」塚越健司

 

 

無題

 

vol.232 芸術にいざなう 

 

・吉澤弥生氏インタビュー「人をつなぐ芸術――その社会的評価を再考する」

・【現代演劇 Q&A】長瀬千雅(解説)「時代を捕まえるダイナミクス――現代演劇事始め」

・【今月のポジ出し!】橋本努「タックス・ヘイブン改革 香港やシンガポールにも圧力を」

・増田穂「『知見』が有効活用されるために」

 

vol.231 ひとりひとりが生きやすい社会へ 

・森山至貴氏インタビュー「セクシュアルマイノリティの多様性を理解するために」

・【障害児教育 Q&A】畠山勝太(解説)「途上国における障害児教育とインクルーシブ教育」

・【あの事件・あの出来事を振り返る】矢嶋桃子 「草の根の市民活動「タイガーマスク運動」は社会に何をもたらしたのか」

・成原慧「学び直しの5冊 <プライバシー>」

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.232 特集:芸術へいざなう

・吉澤弥生氏インタビュー「人をつなぐ芸術――その社会的評価を再考する」

・【現代演劇 Q&A】長瀬千雅(解説)「時代を捕まえるダイナミクス――現代演劇事始め」

・【今月のポジ出し!】橋本努「タックス・ヘイブン改革 香港やシンガポールにも圧力を」

・増田穂「『知見』が有効活用されるために」