ヴェールのファッション化と宗教言説の変容――「ヘガーブ・アラ・モーダ」の誕生

ヴェールの条件

 

「ムスリム女性のヴェール」と聞いて、どのようなものが思い浮かぶだろうか。真黒なイランのチャードル? テントのようなアフガニスタンのブルカ? 黒子の衣装のようなエジプトの二カーブ? いずれにしても、お洒落や流行とは縁遠そうなものばかりである。

 

それもそのはず、ムスリム女性のヴェールは、お洒落とは真逆の目的でまとわれると言われてきたのだから。たとえば、エジプトの著名な宗教学者の一人、ムハンマド・ハッサーン(1962– )は、『ムスリム女性のヴェール』(1995)と題する説教の冒頭でこう述べている。

 

 

「イスラムは高潔な社会を築くことを目指している。つまり、(婚姻外の男女の間に)性欲が沸き起こることや、衝動が生じることが一切ない社会である。……むき出しの肉体、飾り立てられた美しさ、刺激的な匂い、意味ありげな視線、くねくねとした歩き方。これらはすべて性欲を刺激し、誘惑の火をつけ、欲望を煽り立てる。……だからこそ、イスラムではムスリム女性に対して、身を飾り立てることを禁じ、ヴェールの着用を課したのである。」

 

 

イスラムの啓典『クルアーン(コーラン)』には、ヴェールに関わるいくつかの章句がある。ムスリム女性を嫌がらせから守るために、その他の女性と見分けがつくような「ジルバーブ」と呼ばれる衣服の着用を命じた33章59節、男性信仰者に対して預言者の妻たちとの間に「ヒジャーブ(帳)」を介するようにと命じた33章53節、男女の信仰者に慎み深く行動し、とくに女性は美しい部分を覆い隠し、胸に「ヒマール」と呼ばれる覆いをかけるようにと命じた24章30、31節などである。

 

クルアーンの章句や、ハディース(預言者ムハンマドの言行録)などの宗教典拠を見た限りでは、たとえば、「ジルバーブ」や「ヒジャーブ」というのがどのようなものだったのか、ムスリム女性はそれでどの部分を覆うべきなのか、そもそもなぜこうした啓示が下されたのかなどは、必ずしも明確ではない。

 

そこで後世の人々は、これらの章句をさまざまに読み解いてきた。ムスリム女性がヴェールをまとう理由や、覆うべきとされる身体範囲が、時代や地域、個々人によって異なってきたのはそのためでもある。

 

20世紀後半のエジプトで、ヴェールの着用は通常、「男性の欲望」を防ぎ、「社会の平安」を保つための行為だとされていた。結果的に、ヴェールは女性自身の清い心や身体、尊厳を守るものと言われた。

 

こうした目的でまとわれるヴェールの条件として、ムハンマド・ハッサーンを含む現代の宗教知識人たちが挙げてきたのが、以下の八つの項目である。

 

 

1. 女性の身体を覆うこと

2. それ自体、飾りにならないこと

3. 下が透けて見えない、分厚い布地でできていること

4. 身体に密着せず、ゆったりとしていること

5. 香水やお香の匂いがついていないこと

6. 男性の衣服と似ていないこと

7. 不信仰者の衣服と似ていないこと

8. 目印となるような(目立つ)衣服ではないこと

 

 

要は、女性の身体的特徴をあらわにせず、ほのめかさず、地味で、男性の関心を引いたり、欲望を煽ったりしないもの、がヴェールの条件にされている。

 

 

ヴェールのファッション化と商品化

 

ところが、2000年代に入った頃から、エジプトでは、この条件を満たさないと思われるヴェール姿の女性が目立ち始めた。それが「ヘガーブ・アラ・モーダ」である。

 

エジプト・カイロ方言では、ムスリム女性がまとうヴェールのことを「ヘガーブ」と言う。「モーダ」とは、『エジプト口語辞典』によると、語源がイタリア語の<moda>、意味は英語のfashion, styleに相当する。fashionやstyleという語は、服飾史家のValerie Cummingによると、prevailing customs、つまり、「流行している/普及している習俗」と言い換えうる。そして二つの語をつなぐ「アラ」は、前置詞で「~の状態の」を表す。よって、ヘガーブ・アラ・モーダとは、「流行のヴェール」という意味になる。

 

それはどのようなものなのか。たとえば、2005年7月にレバノンで発行された芸能週刊誌『アル=マウイド(約束)』に下のような記事が掲載されていた。ハイサム・サイードという名の新人エジプト人男性歌手のビデオ・クリップ(プロモーション・ビデオ)が、このところ大きな注目を集めている。そこに登場する女性が、エジプトの音楽ビデオでは初めて、「ヘガーブ・アラ・モーダを着ていた」からだという。

 

 

p-1-1

 

 

 

ハイサム・サイード『夜よ、彼らは僕らと何の関係があるの』(2005)

 

 

このクリップの制作監督シェリーフ・サブリーは、前年、ルービーという歌手のクリップを制作した。それが「エジプト人女性歌手のものとしてはエロティック過ぎる」と物議を醸して以来、彼は、挑戦的なヒットメーカーとして知られるようになった。

 

 

ルービー『なんでそうやって隠しているの?』(2004)

 

 

サブリー監督がハイサムのクリップに、「ヘガーブ・アラ・モーダ」姿――ここでは長袖Tシャツとジーンズ、配色や巻き方を工夫したスカーフという装い――の女性を登場させたのは、ルービーの扇情的な動きと同様に、それでビデオ・クリップがヒットすると考えたからであろう。ここにヴェールが商品として「売れる」時代の到来を見ることができる。

 

この時期のヴェールの商品化の動きは、他の場面でも確認することができる。たとえば、あるヴェール専門店の経営者の話によると、1999年に彼女がカイロで起業したとき、同業者はほとんどおらず、「そんなものを扱って商売になるのか」と皆に心配されたという。

 

ところが状況は数年で大きく変化した。新しいヴェール専門店が次々と開店し、ヴェールのファッション・ショーがあちこちで開催されるようになった。

 

テレビではファッション番組が放映され、2004年には、ヴェール姿の女性のためのファッション雑誌「ヘガーブ・ファッション」が創刊された。その中には、鮮やかな色や高級感あふれる材質の衣服やスカーフをお洒落に着こなしたモデルたちが、ファッショナブルな靴や服、アクセサリーといった商品と一緒に並んでいる。

 

 

p-1-2

 

 

 

シノドスのサポーターになっていただけませんか?

無題

 

vol.230 日常の語りに耳を澄ます 

・荒井浩道氏インタビュー「隠された物語を紡ぎだす――『支援しない支援』としてのナラティヴ・アプローチ」

・【アメリカ白人至上主義 Q&A】浜本隆三(解説)「白人至上主義と秘密結社――K.K.K.の盛衰にみるトランプ現象」

・【今月のポジ出し!】吉川浩満「フィルターバブルを破る一番簡単な方法」

 

vol.229 平和への道を再考する 

・伊藤剛氏インタビュー「戦争を身近に捉えるために」

・【国際連合 Q&A】清水奈名子(解説)「21世紀、国連の展望を再考する」

・【あの事件・あの出来事を振り返る】桃井治郎「テロリズムに抗する思想――アルジェリア人質事件に学ぶ」

・末近 浩太「学び直しの5冊<中東>」

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.230 特集:日常の語りに耳を澄ます

・荒井浩道氏インタビュー「隠された物語を紡ぎだす――『支援しない支援』としてのナラティヴ・アプローチ」

・【アメリカ白人至上主義 Q&A】浜本隆三(解説)「白人至上主義と秘密結社――K.K.K.の盛衰にみるトランプ現象」

・【今月のポジ出し!】吉川浩満「フィルターバブルを破る一番簡単な方法」