人の寿命を決めるのはなにか――社会と健康の関係を見つめて

「健康で長生きしたい」と誰もが願望を抱くのではないでしょうか。けれど、健康的な生活は努力しようとしてもなかなか続かないもの。それは私たちを取り巻く環境や社会が原因なのかもしれません。今回の「高校生のための教養入門」は、そんな健康と社会との関係の研究する社会疫学者の近藤尚己先生にお話を伺いました。(聞き手・構成/岩沢康宏)

 

 

社会状況が健康を決める?

 

―― 先生のご専門は何でしょうか。

 

専門は医学で、その中でも社会疫学の研究を行っています。

 

 

――社会疫学とは何でしょうか?

 

社会疫学は疫学という学問のひとつです。疫学というのはたくさんの人たちの様々な生活状況を長年追跡して、誰が長生きするのか、誰がどのような病気になったかなどを観察して、それを統計的に処理することで、病気の原因を探ったり、病気の予防法を検討したりする学問です。

 

例えば、たばこを吸う人が肺がんになるリスクが高いことや、高血圧になると脳卒中になりやすくなるといったことを明らかにしたのは疫学研究の成果です。こういった危険因子を明らかにして、病気の予防に生かしていこうというのが疫学研究の目的です。

 

これまでの疫学研究を通じて、生活習慣が私たちの健康を決める要因であることがわかってきました。でも、生活習慣を改善するのは難しいんですよ。

 

例えば、肥満の人にお医者さんが「このままだと病気になりやすいから、運動するようにしましょうね」と言っても、「はいわかりました」とすんなり従ってくれる人はほとんどいません。なぜなら、そういう生活習慣を規定している「上流」の問題があるからです。

 

 

―― 「上流」とは何でしょうか?

 

たとえて言えば、病気の患者さんは川の上流で落とされて、下流に流れてくるというイメージです。下流で医師が治療をするわけですが、上流には「病気製造工場」みたいなものがあって、それがどういうものなのかを明らかにして、改善していかないと患者の数は減っていかないわけですよね。

 

そういう上流にある問題というのが、社会経済的な状況や住環境、人とのつながりなどの社会背景なのではないかと。そういうコンセプトで、個人の健康を決める社会的な要因を発見する学問が社会疫学です。

 

 

―― 社会的な要因で私たちの健康状態が変わるのですか?

 

わかりやすい例だと、日本人と、ホノルルに住んでいる日系人とサンフランシスコに住んでいる日本人あるいは日系人を調査した移民の疫学研究があります。どの人も遺伝子的には似ている。

 

けれど、環境の違いによって肥満度が違うし、心臓病などの循環器系の病気で亡くなるリスクも違ってしまう。この結果は生まれ持ったものではなくて、置かれた環境による要因が人の命を決めるという証拠ですよね。

 

 

「モノ」と「気持ち」の問題

 

 

―― その他に社会的な要因にはどのようなものがあるのですか?

 

まず、所得の格差や貧困は大きな社会的な要因です。お金持ちの方が貧しい人より長生きすることが明らかになっています。

 

 

―― なぜ貧しい人の寿命は短いのでしょうか。

 

お金がないとちゃんとしたものを食べられないし、住環境も悪くなってしまって不健康になってしまうんですね。衣食住に事欠いてしまうと、極端な話、餓死や凍死のリスクも上がってしまう。また、お金がないと十分な医療を受けることができない。金銭的なコストだけでなく、時間のコストや精神的なコストを考慮すると、お金がない人にとって病院に行くという選択はしにくいものなのです。

 

こういう「モノ」の問題というのが健康に影響を与えていると考えられます。でも、それだけじゃなくて「気持ち」の問題というのも大きな原因となります。

 

 

―― 「気持ち」の問題というと?

 

私たちの研究を通じて、アメリカやブラジルのような所得格差が大きな国と、日本やスウェーデンのような格差が小さい国の平均寿命を比較すると、格差が小さい国の平均寿命の方が長い、ということが明らかになりました。

 

格差が大きい国では、先ほど話したような「モノ」が不足した貧困の人が多くなって、平均寿命を押し下げているということも原因として挙げられます。ところが、意外なことに格差が大きい国ではお金持ちの人も早死にするリスクが上がっていたんです。

 

まだまだ議論の余地がありますが、これは「気持ち」の問題が原因だろうと考えています。例えば、自分が1000万円稼いでいたとしても、周りのライバルたちが1500万円、2000万円稼いでいたらどうでしょう?妬んだり悲しい気持ちなったりしますよね。

 

格差社会では、自分と周りとの差がどんどんと広がってしまう。ライバルたちが次々に高級車に買い替えているのに、自分はそうじゃない、となると精神的なストレスがたまっていく。その結果、不健康になってしまうわけです。

 

たかがストレスで?と思うかもしれませんが、こころのストレスやネガティブな感情が想像以上に「悪さ」をすることが、行動科学や脳科学、社会心理学、社会疫学など、様々分野の研究で明らかになってきています。ストレスがかかると、人は感情的になって、冷静な判断や選択をしづらくなります。さらに、ストレスそのものが、血圧を上げたり、免疫機能を落としたりと、からだに直接悪影響を与えることもわかってきています。

 

 

kondou

 

 

人はひとりでは健康になれない

 

―― 健康には複雑な要因がかかわってきているんですね。

 

簡単に言ってしまえば、人は一人では健康にはなれないってことです。社会から孤立して生きるのはたいへんです。だから、人と人とのつながりというのも健康を決める要因のひとつです。

 

実際に、友達が多い人ほど長生きするという報告が多くなされています。たとえば、困ったときや悲しいときに寄り添って助けてくれる人がいないと命は短くなってしまうんです。

 

面白いことに、これまで話してきたような、お金や人間関係が健康に与える影響は男女で結構異なるんです。

 

たとえば、貧困になってしまった場合、男性は早死にするリスクが上がるのに対して、女性はそれほど上がらない。ただ、貧困に加えて、「友達がいない」という条件が加わると女性の早死にするリスクが2倍近く上がってしまうんです。女性はお金がなくても、友達とのかかわりでうまくやっていけるのかもしれません。ですので、友達がなくなってしまうということは、女性にとってはお金がなくなること以上に深刻なのかもしれません。

 

結婚したパートナーに先立たれた場合、その後に死亡する確率はどのくらい上がるのか研究したことがあります。よく、「おばあちゃんが亡くなったら、後を追うように、おじいちゃんも逝っちゃった」というような話を聞きますよね。逆に、おばあちゃんが後を追うように・・という話はあまり聞きませんね。こういう話は本当にあるのかどうか、統計データで検証してみたのです。

 

その結果、たしかに、男性は奥さんやパートナーが亡くなるとあとを追うように死んでしまうことがわかりました。奥さんやパートナーが亡くなった後、6か月以内に亡くなる確率が20%くらい上がるんです。

 

女性の場合も、もちろんパートナーに先立たれると亡くなる確率は上がるのですが、たった3%上がるだけなんですよ。よく聞くあの話は本当だったのです。多分、女性は旦那さんに先立たれても家庭外で新しいつながりを持つことがうまくて、反対に男性は下手なんだと思いますね。

 

 

――この女性と男性の寿命の話は、よく聞きますが、社会疫学の観点からも明らかになっているんですね。

 

 

思わず健康になる社会づくり

 

――社会疫学の知見はどのように生かされているのですか?

 

日本では、21世紀に入って間もなく、厚生労働省などの呼びかけで「痩せましょう」「血圧下げましょう」「塩分は控えめにしましょう」といったメッセージを広めて、個人の努力で健康づくりを推進するような活動が盛んに進められました。でも、成果はあまり出ませんでした。

 

それで、個人の努力に任せるのでは限界があるから、「少ない努力でも、おのずと健康になるような社会づくり」を目指すように、数年前にぐっと戦略を変えました。これは社会疫学の貢献のひとつだと思います。

 

 

――おのずと健康になる、ということが大事なんですね。

 

そうです。人間ってどうしても理論的でなく感情的に動くものだろうと思います。20年、30年後の健康よりも、目の前にある今日、明日の楽しいものに手を伸ばしてしまうんですね。

 

例えば、試験勉強中に夜食として、ポテトチップスか野菜サラダを選べるとしたら、どうでしょう?余裕があるときは健康に気を使ってサラダを選ぶかもしれないですが、ストレスがたまって気分を変えたいときにはついついポテトチップスを選んでしまう。僕も試験前や仕事の締め切り前は絶対ポテチです。わかっちゃいるけどやめられません(笑)。

 

そういう個人個人の優先付けは、心理状況だったり社会的な状況だったりによって決まるわけです。そういう社会的な条件を考えて、思わず健康にいい行動をしてしまうような社会を作っていければいいと思います。最近は、そういう「仕掛け」の効果を実験的に証明するような研究しています。

 

 

――もし可能なら、その「仕掛け」がどういうものか教えてもらえませんか?

 

例えば、さきほどの夜食のポテトチップスがとてもヘルシーだったら、思わずとった行動が健康的になるわけですよね。

 

その他にも、健診の受診率を上げるにはどうしたらいいのか、という問題も、健診に行くという選択の優先順位を上げる仕掛けがあればいいわけです。

 

例えば、おまけがもらえるとか、ポイントがたまるとか。もし、健診スタッフがイケメンだったり美人だったりしたら、その人に会いたくて健診に行きたくなるでしょ?(笑)。

 

そういう風に、理屈じゃなくて単純に楽しいことをしたら、健康になるような仕掛けを作っていければいいなあ、と考えています。【次ページに続く】

 

 

 

 

◆◆「αシノドス」購読でシノドスを応援!◆◆

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.226+227 特集:自立的思考のために

・飯田泰之氏インタビュー「経済学の基礎で社会を読み解け!――マクロ経済の思考法」

・角間淳一郎氏インタビュー「『風俗嬢かわいそう』で終わらせない――“孤立”に歯止めをかけるセカンドキャリア支援」

・【今月のポジ出し!】吉田徹「形骸化する地方自治――『くじ引き民主主義』を導入せよ!」

・藤代裕之氏インタビュー「フェイクニュースが蔓延するメディア構造はいかにして生まれたのか」

・塚越健司 学びなおしの5冊 <統治>

・齋藤直子(絵)×岸政彦(文) 「Yeah! めっちゃ平日」第八回