患者には救われる権利がある――医療用大麻の有効性

近年、大麻を医療目的で使用する「医療用大麻」の様々な効用が明らかになり、先進国を中心に多くの国々で合法化が進んでいる。「ダメ、ゼッタイ」の根本が揺らぐ中、私たちは大麻とどう向き合っていくべきなのか。『カンナビノイドの科学 大麻の医療・福祉・産業への利用』(築地書館)監修者の佐藤均・昭和大学薬学部教授と編集代表の新垣実・日本臨床カンナビノイド学会理事長にお話を伺った。(聞き手・構成/大谷佳名)

 

 

大麻の成分「カンナビノイド」の3分類

 

――最初に「カンナビノイド」について、ご説明いただけますか。

 

新垣 カンナビノイドとは、「アサ(大麻草)」という植物に含まれる104種類の成分の総称です。特に知られているのはマリファナの主成分、いわゆる「ハイ」になる精神作用をもつ「THC(テトラヒドロカンナビノール)」です。そして精神作用のない「CBD(カンナビジオール)」も、昨今注目を浴びているカンナビノイドの一つです。

 

カンナビノイドは大麻草からとれる天然の「植物性カンナビノイド」、試験管の中で人工的につくられた「合成カンナビノイド」、人間の体内で自然につくられる「内因性カンナビノイド」の三つに分類されます。「合成カンナビノイド」は、いわゆる「危険ドラッグ」「脱法ハーブ」の一種で、植物性のものよりも危険性が数十倍〜数百倍も大きいとされています。

 

 

――体内で自然につくられもするのですね。

 

新垣 はい。「内因性カンナビノイド」は10種類ほど発見されています。なかにはTHCと同じ興奮作用をもつものもあります。俗語で「脳内マリファナ」とも呼ばれています。

 

我々の体には、地球上で生きていくために本来備わっている身体調節機能=「エンド・カンナビノイド・システム(ECS)」というものがあります。これは、内因性カンナビノイドが主に免疫細胞・神経細胞の表面に現れる「カンナビノイド受容体」に結合して作動します。このECSは全身に分布しており、細胞同士のコミュニケーションを支えています。

 

ところが、生活習慣の悪化や強度のストレス、老化などによってECSの働きは弱くなってしまう。健康な状態ならば活発に作られるはずの内因性カンナビノイドが作られなくなるからです。この状態を「カンナビノイド欠乏症」と呼びます。カンナビノイド欠乏症は現代人に多い病気や老化に伴う様々な病気の原因となっています。カンナビノイドが自前で作れない場合には、外から摂取することで不足分を補えます。そこで「医療用大麻」が重要なのです。

 

 

日本人の1/3が救われる!?「医療用大麻」の効用

 

新垣 医療用大麻は240種類もの疾患に効果があるといわれます。糖尿病、うつ病、心的外傷後ストレス障害(PTSD)、自己免疫疾患、アルツハイマー、心臓疾患、腎臓疾患などです。特に痛みや痙攣、炎症を抑える効果が非常に強い。これらの適応疾患を日本に当てはめると、日本人の3分の1に相当する約4500万人がカンナビノイドの恩恵を受けることができます。

 

 

――副作用はないのですか?

 

新垣 医療用大麻は、考え方としては「薬」ではなく「ハーブ」になります。もともと大麻は、戦前には漢方薬として使われていました。つまり、いろいろな成分を同時にとることで相乗効果があり(アントラージュ効果)、天然のままで使うから副作用が少ない。一方で、一つの成分を単品で取り出し、人工的に作りあげたのが一般の医薬品です。ただ、そうすると高い効果が得られる反面、必ず副作用も出てきます。

 

海外では先進国を中心に、医療用大麻の合法化の動きが進んでいます。これまでもさまざまなカンナビノイド医薬品(カンナビノイドを使った医薬品)が作られてきています。副作用を伴うものが多くほとんどが失敗に終わりましたが、唯一成功したのがイギリスのGW製薬の「サティベックス(Sativex)」です。これは植物性カンナビノイドから作られた医薬品で、大麻の成分がそのまま含まれており、副作用が少なかったのです。

 

佐藤 補足しますと、内因性カンナビノイドそのものから薬を作ることはできません。内因性の物質はいくら外から投与してもすぐ壊れてしまい、効果がでないからです。ですので、植物と人間の共生関係といいますが、古来、我々は植物に含まれる成分を服用することで、その薬理効果を利用してきたのです。【次ページにつづく】

 

 

 

■■「シノドス」へのご寄付のお願い■■

 

 

困ってるズ300×250

 

 

α-synodos03-2

1 2

vol.202+203 特集:リベラルとはなにか

 

・飯田泰之×仁平典宏「これからのリベラルになにが必要か?」

・稲葉振一郎「『存在の自由』?」

・宮城大蔵「冷戦後日本外交にリベラルの水脈を探る」

・辻由希「女性政策の『使い方』」

・前嶋和弘「アメリカのメディアにおける『リベラル・バイアス』」

・戸村サキ「ニートいろいろ:就労支援機関での体験 <2>」