日本語訳「安倍談話」

2015年8月14日、戦後70年談話が安倍内閣のもとに閣議決定された。そこで、官邸サイトに掲載された英語版を、山形浩生氏に日本語訳していただいた。(Statement by Prime Minister Shinzo Abe Friday, August 14, 2015より翻訳)

 

 

安倍晋三総理大臣による声明

2015年8月14日

閣議決定

 

終戦70周年にあたり、私たちは冷静に戦争への道、その終結以来私たちが採ってきた道と20世紀という時代をふり返らなくてはいけません。歴史の教訓から未来への叡智を学ばねばならないのです。

 

百年以上前、主に西洋列強が保有していた広大な植民地が世界中に広がっていました。その圧倒的な技術優位により、19世紀には植民地支配の波がアジアへと押し寄せてきました。そこから生じた危機感が日本を近代化実現に向けて推し進めたのはまちがいありません。日本はアジアのどの国よりも先に立憲政府を樹立しました。この国は一貫して独立を保ちました。日露戦争は、アジアからアフリカまで植民地支配の下にいる多くの人々を力づけました。

 

世界中を巻き込んだ第一次世界大戦後、(民族)自決運動が勢いを増し、進行中の植民地化を足止めするようになりました。第一次大戦はひどい戦争で、一千万人もの犠牲を出しました。平和への強い欲望をかきたてられた人々は、国際連盟を創設し、戦争の放棄に関する条約(不戦条約)を掲げました。国際社会の中に、戦争自体を違法とする新しい潮流が生じたのです。

 

当初、日本もまた他の国々と歩みを一つにしていました。でも大恐慌が訪れ西洋諸国が植民地経済を巻き込んだ経済ブロック構築に走る中、日本経済は大打撃を受けました。こうした状況で日本の孤立感は深まり、外交的、経済的な膠着状態を武力行使で克服しようとしたのです。日本の国内政治体制は、こうした試みを止めるブレーキ役を果たせませんでした。こうして日本は世界の全体的な傾向を見失ったのです。

 

満州事件と、それに続く国際連盟脱退で、国際コミュニティがすさまじい犠牲を払って確立しようとした新しい国際秩序に挑戦する存在へと日本はだんだん自らを変えていきました。日本はまちがった道を採り、戦争への道を進んで行きました。

 

そして70年前、日本は負けました。

 

 

終戦70周年にあたり、私は故国と外国で命を落とした人々すべての魂の前に深く頭を垂れるものです。きわめて深い悲しみと、永遠の心底からの哀悼の意を述べるものです。

 

戦争で、同朋300万人以上が命を失いました。戦場で、故国の未来と家族の幸せを祈りながら。戦後に遠い異国の地で、すさまじい寒さや暑さの中で、飢餓と病気に苦しみながら。広島と長崎の原子爆弾、東京などの都市への空襲、沖縄などでの地上戦、無慈悲にも一般市民に大きな犠牲を出しました。

 

また日本に敵対して戦った諸国でも、将来有望な若者たちの無数の命が失われました。中国、東南アジア、太平洋諸島など戦場となった各地で、無数の罪もない市民たちが苦しみ、戦闘の犠牲となり極度の食料不足などの苦しみの被害者となりました。戦場の背後では、名誉と尊厳が極度に傷つけられた女性がいたことを決して忘れてはなりません。

 

無実の人々の上に、私たちの国は計り知れない被害と苦しみを引き起こしました。歴史は厳しいものです。行われたことを取り消すわけにはいきません。かれらの一人残らず、命、夢、愛する家族を持っていました。この当然の事実を厳粛に考えると、今ですら私は言葉を失い、心は最大級の悲嘆に引き裂かれます。

 

私たちが今日享受する平和は、こうした尊い犠牲の上に成立するものでしかありません。そしてそこにこそ戦後日本の起源があります。【次ページにつづく】

 

 

 

■■「シノドス」へのご寄付のお願い■■

 

 

困ってるズ300×250

 

 

α-synodos03-2

1 2

vol.202+203 特集:リベラルとはなにか

 

・飯田泰之×仁平典宏「これからのリベラルになにが必要か?」

・稲葉振一郎「『存在の自由』?」

・宮城大蔵「冷戦後日本外交にリベラルの水脈を探る」

・辻由希「女性政策の『使い方』」

・前嶋和弘「アメリカのメディアにおける『リベラル・バイアス』」

・戸村サキ「ニートいろいろ:就労支援機関での体験 <2>」