東電福島第一原発の事故はチェルノブイリより実はひどいのか?――原発事故のデマや誤解を考える

「東電福島第一原発の事故はチェルノブイリより実はひどい」のか?

 

小峰 「東電福島第一原発の事故はチェルノブイリ原発事故よりもひどいのか」という件についてですけど。

 

菊池 「チェルノブイリ事故と比較してどうか」という問いへの答えかたはひととおりじゃないよね。チェルノブイリ事故に匹敵する大変な事故だったという言い方はもちろんできるし、様々な数字を比較すると、チェルノブイリ事故より規模は小さかったと言うこともできる。

 

小峰 何を問題にしたいかによりますね。

 

菊池 そう、観点によって答は変わる。ただ、少なくともチェルノブイリ事故よりもひどくはなかった。

 

小峰 ひどいというのは、どんな根拠で、何がひどいのか、ってことを知りたいですね。

 

菊池 事故の規模の話をしてるひとたちが問題にしてるのは、放射性物質の放出量かな。チェルノブイリより2倍ひどいとか20倍ひどいとか、いろいろ言うひとたちはいるけど、そんなことはないよ。ざっくりと言ってしまうなら、東電事故はチェルノブイリ事故より「規模がひと桁小さい事故」だと考えられている。それを「ひと桁も違う」と考えるのか「ひと桁しか違わない」と考えるのかは、なにを問題にするかによるんだけど。

 

小峰 ひと桁小さい。……でも、その「桁が違う」っていうの、科学者の使う言葉の中でわかりにくいもののひとつ。『いちから聴きたい放射線のほんとう』でも触れましたが

 

菊池 あんまり細かい数字に捉われずに、「桁」で大きくとらえるのもだいじなんだよ。

 

小峰 じゃあ、わかるように、たとえば規模からいくと?

 

菊池 放射能汚染された面積はチェルノブイリ事故よりひと桁小さい。

 

小峰 そこを「ひと桁」で済まさずに、もうちょっと詳しく説明してもらえます?

 

菊池 ふたつの事故で地面が同じくらい汚染された範囲の面積を比べると、汚染の広がりはチェルノブイリ事故の6%とか8%とか、それくらい。

 

小峰 6〜8%くらいだから……

 

菊池 10分の1弱と思っておけばいいよ。

 

小峰 汚染の範囲は約10分の1弱。

 

菊池 さっき言った放射性物質の放出量で見ると、ヨウ素131はチェルノブイリの10%くらいで、セシウム137が20%くらい。

 

小峰 ふむ。福島の事故で問題になってるのはこのふたつで、1~2割というところですね。

 

菊池 「ひと桁小さい」というのは、1割2割っていう感じかな。東電事故で放出されたセシウム137の量は6から20ペタベクレルくらいの範囲にあると考えられてる。

 

小峰 6から20ではずいぶん幅がある気がするけど。

 

菊池 推定の方法がいろいろあって、少しずつ結果が違うんだよ。でも、だいたいその数字の中に収まるくらい。チェルノブイリ事故で放出されたのが85ペタベクレルだったから、平均すると20%程度になる。チェルノブイリ事故よりはだいぶ少ない。

 

小峰 ペタベクレルっていうのも想像しづらいなあ。ペタは1000兆でしたよね。途方もない数としか思えない。

 

菊池 実際、途方もない量だよ。もっとも、20ペタベクレルのセシウム137を重さで言うとたった6kgだけど。

 

小峰 え、重さだと急に少ない感じになりますね。

 

菊池 これだけの大規模な汚染を引き起こしたセシウム137の総量が6kgというのは、放射性物質がいかに少ない量でも大きな影響があるかということだよね。放射性物質はやはり重さじゃなくてベクレルで考えるべきなんだ。

 

小峰 途方もない量だけど、それでもチェルノブイリ事故の2割くらい。

 

菊池 規模の違いだけでなく、放出された放射性物質の種類の違いも重要だね。チェルノブイリ事故では原子炉の燃料がそのまま吹き上げられてしまったから、ストロンチウム90やプルトニウムなどの比較的厄介な放射性物質も大量に出た。いっぽう、東電事故ではそうはならなかった。ストロンチウムやプルトニウムはごくわずかしか出なかったことがわかってるよね。

 

小峰 それにも本で触れましたね。でも、わずかでもストロンチウム90やプルトニウムも出てるじゃないか、それが危険なんだ、っていうひとは友だちにもけっこういます。一番怖いのはストロンチウムだって。

 

菊池 推定されてる放出量は、ストロンチウム90はチェルノブイリで10ペタベクレルだったのに対し、東電事故が140テラベクレル、プルトニウム239はチェルノブイリで30テラベクレル、東電事故で3.2ギガベクレル。もちろん数字に不確実性はあるけど、比率としてはストロンチウムがチェルノブイリ事故の数10分の1,プルトニウムは一万分の1という感じだね。

 

小峰 確かに桁違い感ある。テラとギガならハードディスクの容量でお馴染みの単位だからわかりやすい。

 

菊池 東電事故で放出されたセシウム137とベクレルで比較すると、ストロンチウム90は100分の1、プルトニウム239にいたっては100万分の1くらいだよ。

 

小峰 どれくらい少ない量かイメージできてきた感じ……

 

菊池 これくらい少なければ、セシウムに比べて無視できると言っていいよ。この点はチェルノブイリ事故と大きく違う。いまの福島で考えなくちゃならないのは、もう無くなってしまったヨウ素131による初期被曝、それに今の放射能汚染を引き起こしてる放射性セシウムだけだ。それについても、福島で暮らしているひとたちの放射線被曝がとても低く抑えられていることはいろんなことからはっきりしてきたね。

 

小峰 にしても、「無視できる」「無視してかまわない」っていう言い方はなんか私には冷たい印象なんだよなあ。最初、菊池さんだけが冷徹なのかと思ったら、いろんな本読むと科学者ってそういう言い方をしますよね。

 

菊池 冷徹と言われると困っちゃうな。考えなくてもいいほど少ない、っていうときによくそう表現を使うかな。たしかに科学者特有の表現なのかもしれない。放射性物質は「あるかないか」じゃなくて、「どれくらいあるか」が問題じゃないですか。今の場合、被曝のほとんどはセシウムによるもので、それに比べて圧倒的に少ないんだから、考えなくていいわけ。

 

小峰 心配しなくていいと言える量、とかなにかやわらかい言い方がありそうな気がするんだけど……そういうところが科学者、嫌われるんだぞ。

 

菊池 「心配」は各自の心の問題だから、そこまで科学者は踏み込みづらいかも。でも、そういう表現の「すり合わせ」が実は必要だったんだろうね。

 

小峰 とてもね。でね、先日、ある芝居を見ていたら、「アメリカでもプルトニウムが検出された」っていうセリフが出てきたんですよ。それってデマだろう!て心の中で突っ込んでたんですが。

 

菊池 少ないって言うけど、実はアメリカでも検出されるくらい多いじゃないか、ということかな。隠蔽だと言いたいのかもしれないね。それはいつの話かなあ。僕が知ってるのでは、カリフォルニアやハワイでプルトニウムが増えたっていう噂がネットで流れたことがあった。あれは2011年4月末だから、もう4年半も前の噂だけど。

 

小峰 もしかしたら、その噂が回り回って今も生きているのかも。

 

菊池 あの時の話は結局、噂の主がアメリカ政府のデータを読み違えていたというオチだったんだ。実際は検出されてなかった。そういう無責任な噂も多かったね。

 

小峰 読み違えないで欲しいですねー。どんだけそれに振り回されているのか。でも事故当時は政府の発表が信じられないから、外国のデータを見てましたね、わたしも海外の放射性物質の飛散予測サイト見たりしてたな。

 

菊池 外国のデータを読み間違えたという話はよくあったよ。それと、プルトニウムにしてもストロンチウムにしても、実は1960年代の大気圏内核実験時代のものがまだ残っているから、それを検出してしまう可能性もあるよね。実際に福島でも検出されてる。いずれにしても、「規模がひと桁小さい」という意味は今まで言ったような感じ。

 

小峰 だけど、そうは言ってもですよ、さっきの「観点」の話になりますけど、東電福島第一原発事故は、それこそ未曾有の、あってはならない事故だったことは間違いないですよね。一歩間違えればさらにひどい事態になっていた可能性だってあったわけだし。

 

菊池 たしかに、今回は偶然の積み重ねで被害がまだしも小さく抑えられた面もあった。それこそ風向きひとつで汚染の様子も全然違っていたと思う。

 

小峰 チェルノブイリでは牛乳の制限が遅れたことが甲状腺被曝の大きな原因になったし、野生のきのこやベリーを食べる習慣も内部被曝に影響しました。対して福島では牛乳の出荷制限がされたし、電力が止まったおかげで牛乳の出荷ができなかったのがかえって健康被害を食い止めた、のですよね。

 

菊池 偶然の要素もあれば、対策がうまくいったものもある。もちろん、うまくなかった点もいろいろあるよね。振り返ってみるとそうなんだけど、そうは言っても福島には今もたくさんの人が暮らしているわけじゃないですか。だから、今いちばん大切なのは、実際に暮らすという観点でしょう。その意味では、「ひと桁の違い」は大きいはずだよ。

 

小峰 福島県内にはまだ住めない場所もありますが、それ以外の地域では普通に暮らしています。よそから来る人がよくびっくりするんですよね。え、こんなに普通なの?って。福島に行くたび、悲観的な予測のようにはならなかったな、と思います。結果論ではあっても、チェルノブイリとは大きく違ってますよね

 

菊池 実際に「住む・暮らす」を問題にするときには、チェルノブイリ事故と「どう違うか」のほうが大事だと思うんだ。「チェルノブイリではこうだったから」はもう役に立たないことのほうが多いんじゃないかな。

 

小峰 まして、「チェルノブイリよりひどい事故だった」という認識に基づくものなら……

 

菊池 間違った認識に基づくものは害にしかならないってはっきり言っちゃっていいよ。

 

小峰 でもいまだにありとあらゆることについて、「チェルノブイリではこうだったから」って言う人たちはいます。

 

菊池 たしかに、被曝対策や、食事、健康への影響、避難、それこそあらゆることについて、チェルノブイリ事故での経験を絶対視して「だから福島でも」って言う人たちがいまだにいるよね。

 

小峰 「チェルノブイリよりひどい事故だ」っていう人たちは、福島で暮らすこと自体を問題視しています。福島県内のこどもは全員避難させるべきという意見もいまだにありますが、先日、家族から離されて避難生活したことから精神的にダメージを受けてしまったティーンエイジャーたちの話を聞き、すっごく複雑な気持ちになりました。

 

菊池 今の状況で、外部の人間が無責任に「こどもは避難させるべき」とかいう筋合いはないはずなんだ。一部のひとたちは自分たちの運動とか主張とかのために「チェルノブイリよりひどい」ことにしたいんじゃないかと思うことさえあるよ。だけど、いくら言葉で「ひどい」と言ったところで、今の汚染状況が変わるわけじゃないでしょう。

 

小峰 たしかに。現実の汚染状況は言葉では変わらない。「ひどい」ことにしたって、現実の、ここにある汚染は変わるわけじゃない。

 

菊池 今暮らすために知らなくてはならないのは、あくまでも今の状況のはずなんだ。チェルノブイリと比べてどうかじゃなくて。今の外部被曝はどれくらいで、内部被曝はどれくらいなのか。食品の汚染はどうなのか。こういったことは5年間にさまざまな測定が行われて既にはっきりしてきたよね。

 

小峰 福島県産のお米は「全袋検査」をしてる。これすごいことですよね。全部の放射性セシウムの量を測るなんて。食品に関しては風評被害もあったけれど、応援している人もたくさんいます。

 

菊池 お米は1000万袋以上測って、今では99.99%が1キロあたり25ベクレルの測定下限値未満だから、平均はもっとずっと低いはずだよ。

 

小峰 被曝も汚染も除染やいろんな努力で、低く抑えられてる。それはちゃんと知ってほしい。なかなかシェアされないけど、わかってきたこと、いいニュースもいっぱいありました。

 

菊池 まだ避難指示が解除されていないところでは、放射能対策だけではなくインフラやコミュニティを再構築する問題なんかもこれから考えていかなくちゃならない。そういうときに「事故はチェルノブイリよりひどい」と言葉で言い張ったって、現実にはなんの影響もないんだよ。

 

小峰 事故によって変えられてしまったものは様々だけれど、放射能汚染の事実はひとつですものね。

 

菊池 そう思うなあ。「チェルノブイリと違う」という事実のほうが重要だよ。

 

小峰 今を生きていく私たちがやるべきなのは、情報をきちんと更新して、福島の現状をよく知ること、でしょうか。

 

 

チェルノブイリ事故と比べること

 

東京電力福島第一原子力発電所事故以前によく知られていた原発事故はスリーマイル島事故とチェルノブイリ事故だ。なかでもチェルノブイリ事故はその規模の大きさ、影響を与えた範囲の広さなどから、史上最悪の原発事故として人々の記憶に残っている。東電原発事故も原発事故である以上、このチェルノブイリ原発事故と比較して語られるのは当然だろう。

 

たとえば、表紙に「放射能がくる」と大書して非難を集めたAERAの2011年3月28日号には、「最悪の事態なら「チェルノブイリ」に」と副題をつけた記事が掲載されている。他の雑誌にも事故当初からチェルノブイリという言葉は踊るが、中身はさまざま。チェルノブイリ事故との違いを強調するものもあれば、放射性物質の放出量はチェルノブイリ事故以上になるという予測記事もある。

 

4月12日に事故の深刻度がチェルノブイリ事故と同じINESレベル7に引き上げられると(ただし、これは暫定値。確定するのはまだ先のことになる)、「チェルノブイリ事故並みかそれよりも深刻」という論調が力を持ってくる。週刊現代4月30日号は「福島の事故はチェルノブイリの8倍酷いと思う」というロシアの物理学者、ナタリア・ミノローヴァの非常に悲観的な言葉を紹介している。放射性物質の放出が止まらないからというのがその理由だ。

 

もちろん、チェルノブイリ事故では一基の原発が爆発したのに対して、東電事故は複数の原発が水素爆発を起こしたという史上初めての事故だったのだから、事故の先行きも分からない時期には「チェルノブイリ事故より規模が大きくなるかもしれない」という予測にも一理なかったわけではない。

 

だが、事故の大きさは2011年中にほぼはっきりして、チェルノブイリ事故と比べるとひと桁ほど規模の小さい事故だということはわかっている。それにもかかわらず、2012年になっても、たとえばECRRのクリス・バズビーが著書『封印された「放射能」の恐怖』の中で、東電原発事故での放射性物質放出量はチェルノブイリの2倍以上と書いている[1]。あとでまた触れるが、これなどは、事故を意図的に大きく見せようとしているふしがある。汚染範囲の広がりを見れば、そんなことはありえないとわかるだろう。

 

事故から5年近く経った今でさえ、実はチェルノブイリ事故をしのぐ規模の事故だという説はインターネットで頻繁に見かける。20倍だという主張を見たこともある。わざと過大に言っているひともいるように思えるいっぽう、実際にそう信じているひとたちも少なくはなさそうだ。事故当初の混乱した時期から情報を更新していないのかもしれない。

 

言うまでもなく、東電原発事故はチェルノブイリ事故と並ぶ最悪クラスの原発事故だ。今中哲二は著書『サイレント・ウォー』の中で、「環境汚染はチェルノブイリよりはるかに小さい」という意見を「勘違い」の例として批判している[2]。放出された放射性物質量は少ないとしても、チェルノブイリ原発周辺並みに汚染された地域はあるではないかというわけだ。

 

これはまったくそのとおりで、そういう観点からチェルノブイリ事故に匹敵するという表現はできる。それでも、決して「チェルノブイリ事故以上」ではないし、ことさらにそう言い募ることには害こそあれ、意味があるとはとても思えない。【次ページにつづく】

 

 

 

■■■ アンケートにご協力ください。 ■■■

 

 

1 2
300_250_5g 困ってるズ300×250 α-synodos03-2

vol.198 特集:大人の学習

・関本保孝氏インタビュー「棺桶に夜間中学の卒業証書を入れてほしい――夜間中学における大人の学習とは」

・舞田敏彦「成人にも開かれた教育機会を――求められる『リカレント教育』とは」

・福田一彦「朝活学習は効果的なのか?」

・石村源生「サイエンスカフェの拓く未来――市民が互いの学習環境を能動的にデザインしあう社会を目指して」