母子家庭の子どもたちのためにサンタクロースができること

「クリスマスプレゼントをもらえない子どもが一人でも減るように」そして「思いやりの心が連鎖して広がるように」と活動を続けるNPO法人「チャリティーサンタ」による、日本全国の家庭のクリスマス事情を調査した「サンタ白書2016」が先日発行された。経済的な厳しさや家庭環境などさまざまな理由により、すべての子どもたちがクリスマスを祝えるわけではない。母子家庭、ひとり親家庭におけるクリスマスについて、チャリティーサンタ代表・清輔夏輝氏と、NPO法人「しんぐるまざあず・ふぉーらむ」理事長の赤石千衣子氏が語り合った。(構成/大谷佳名)

 

 

クリスマスに特別な体験を届ける

 

赤石 今回発表された『サンタ白書2016』、読ませていただいていますが、「チャリティーサンタ」は2008年から活動されているんですね。

 

清輔 はい。当初は2名で始めた活動ですが現在は21都道府県に28支部(支部運営はボランティアの有志)で活動していますね。これまでの8年間で10,109人のサンタクロースが集まり、17,377人の子どもたちにプレゼントを届けに行きました。

 

赤石 かなりの規模になっているんですね! 活動の仕組みはどうなっているんですか?

 

清輔 「チャリティーサンタ」のWebサイトでお申し込みいただくと、サンタ講習を受けたサンタクロースがご家庭に行って子どもたちにプレゼントを届けます。プレゼントは事前に保護者の方からお預かりしておくんです。その際、一家庭ずつ2000円の寄付をいただきます。

 

 

出典:NPO法人チャリティーサンタ『サンタ白書2016』51ページ

出典:NPO法人チャリティーサンタ『サンタ白書2016』51ページ

 

 

 

この寄付金は、はじめは途上国の子どもたちへの支援をするチャリティーから始まりましたが、2015年以降は日本にいる「経済的に厳しい家庭、母子家庭などでクリスマスプレゼントをもらえない子ども」にもプレゼントを届けに行っています。その時は、通常お願いしている寄付2000円も不要、プレゼントもこちらで準備します。プレゼント代は、2015年に立ち上げた「ルドルフ基金」などから用意しているんです。

 

赤石 そのプレゼントは子どもたちからリクエストを聞いたりするんですか?

 

清輔 いいえ、残念ながら用意できるのは安価なものになってしまいますね。ただ、僕らはプレゼントが何かということよりも、「特別な体験を届ける」ということを大事にしています。だからサンタはただプレゼントを渡すだけではなくて、一人一人にメッセージを伝えるようにしているんです。「今年は逆上がりの練習を頑張ったよね」「いつもキミのこと見てるよ」「来年も頑張っているキミのことを応援してるよ」とか。これは依頼をいただいた時に、保護者の方から子どもが今年がんばったこと、来年の目標などを事前に聞いておくんですね。

 

サンタが自分の名前を呼んでくれただけでも「なんで名前を知ってるの!」と子どもたちはびっくりするのですが、「自分を見てくれている人がいたんだ」「応援してくれている人がいるんだ」って、少しでも前向きな励みになればいいなと思って、こうした活動を続けています。

 

 

日本の母子家庭の実態

 

赤石 私たち「しんぐるまざあず・ふぉーらむ」は、当事者中心のNPOです。現在、会員は600人ほどいます。普段の活動は、電話相談や当事者同士の交流会を行ったり、フードバンクさんと連携して食料支援の紹介状を書いたり、子どものための学習支援、寄付による入学お祝い金事業など行っています。

 

日本の母子家庭の状況についてざっくりとお話しすると、まず特徴的なのは年収が低いということですよね。手当や年金も含めて平均年収が223万円で、就労年収の平均は181万円。非正規雇用の方が5割を超えています。子どもを抱えながら正社員になるというのは非常に難しいということと、日本では女性は補助的に働くというシステムが未だに残っていますので、どうしても最低賃金ギリギリの仕事になりがちです。だから非正規で長時間働くと当然、子どもとの時間も失われてしまう。

 

もう一つ、日本のシングルマザーは世界的に見ても就労率が高いです。スウェーデン、アメリカ、フランスよりも高い。にもかかわらず、年収が低いという状況です。経済的な貧困に合わせて、時間もなくて健康状態も悪くて、社会的にも孤立している。子どもたちにもさまざまな面でしわ寄せがきています。

 

清輔 特に年末はクリスマスにお正月と続き、ひとり親家庭にとって大変な時期ですよね。

 

赤石 そうです。この時期は相談も多いですね。世間なみに何か準備しようとすると、それなりにお金がかかるじゃないですか。私たちも毎年、年末には食料品のパッケージを80世帯に送っているのですが、今年はさらに50世帯くらいに送る予定です。

 

 

(左)清輔氏、(右)赤石氏

(左)清輔氏、(右)赤石氏

 

清輔 会員の方のクリスマスの過ごし方はどんな感じですか?

 

赤石 今までお聞きした中で一番印象に残っているクリスマスの話は、しばらく水道料金を払えずに滞納していたという方の話しです。水道ってガスや電気などと比べて止められにくいですよね。それで滞納が続いたのですが、ちょうど12月24日に帰宅した時に水道が止まっていたらしいんです。仕方がないので、子どもと二人でペットボトルを持って近所の公園に水を汲みにいったら、近所の人に「うるさい!」と怒られたという話ですね。世間ではお祝いムードで子どもも期待している時に何もできないというのは、すごくつらい記憶として残りますよね。

 

また、多くの母子家庭がもらっている児童扶養手当が12月11日ごろに支給されるんです。それも4ヶ月分まとめて渡されます。年収130万円未満の方だと満額支給で一月4万円くらい、それが4ヶ月分なので17万近くの額が一度に入るんです。クリスマスやお正月に多く使ってしまうと、3月には家計がすごく厳しくなってしまうんですね。こうした収入の入り方の問題もあるので、毎月の支給に変更するように国と交渉しているところです。

 

世間並みのことをさせてあげたいとはどんな親も思っているのですが、なかなかそこに至らないということで自分を責めてしまう方が多いですね。【次ページにつづく】

 

 

【ご支援お願いいたします!】新しい政治を生み出すために、シノドス国際社会動向研究所をつくりたい!

 

lounge

 

α-synodos03-2

1 2

vol.214 特集:資源

・岡田勇「持続可能な資源開発への課題――カハマルカの事例から」

・三浦綾希子「ニューカマーの親子を支える地域の教育資源」

・宮本結佳「現代アートと地域の出会い――新たな資源創出の過程」

・齋藤直子(絵)×岸政彦(文)「Yeah! めっちゃ平日」第2回:人生をしみじみする時