自然エネルギーコミュニティの展開 ―― 環境エネルギー社会への想像力と実践(4)

これまで自然エネルギー政策・ビジネス・ファイナンスという3つの領域について、海外の事例も交えつつ日本の状況を概観してしきました。従来の大規模集中型エネルギー事業ではこの3つの領域をカバーすればそれなりにエネルギー事業は成り立ってきました。しかし、基本的に小規模分散型である自然エネルギーの普及を考える際には、これらの3つに加えて地域社会のあり方そのものにかかわる「コミュニティ」という領域についての理解を深める必要があります。今回は世界で成功した事例としてもっとも参照されるデンマーク・サムソ島の事例と、日本国内で成功した事例としてもっとも参照される長野県飯田市の事例から、自然エネルギーコミュニティの形成に向けた手がかりを探りたいと思います。

 

 

デンマーク・サムソ島の100%自然エネルギーへの挑戦

デンマークのほぼ中心に位置するサムソ島(Samso)は、人口約4,000人、面積約114平方km、農業と畜産業を中心とする小さな島で、特産品のジャガイモとチーズが有名です。100%自然エネルギー地域の世界的な代表事例として参照されるこの島は、現在、電力の100%以上、熱需要の70%以上を自然エネルギーによって賄い、輸送燃料については洋上風力発電によるカーボンオフセットをおこなっています。具体的には、島民がオーナーシップをもつ風力発電(陸上1MW×11基、洋上2.3MW×10基)や麦わらボイラーによる地域熱供給、地上設置型の太陽熱温水器などが導入されています(詳細はこちらを参照)。

サムソ島で自然エネルギーへの取り組みがはじまったきっかけは、1997年に国が実施した地域自然エネルギーのコンペティションへの参加でした。すでに1985年には原発の導入をやめていたデンマークは世界的にも早くから風力発電をはじめとする代替エネルギーへの試行錯誤をおこなってきましたが、政府は1990年代の環境政治・政策の深化のなかで地域のモデルとなる取り組みを生み出すべく、島における自然エネルギー導入計画を公募しました。その際に、サムソ島は包括的な自然エネルギー導入計画を作成し、モデル地域として取り組みをはじめることとなりました。

サムソ島の取り組みが世界的に参照される理由はいくつかあるのですが、なかでも注目すべきは、島民の幅広い参加のもと、民主的な意思決定のプロセスを経て100%自然エネルギーを実現させた点にあります。取り組みの中心的主体となった「サムソ環境エネルギー事務所」は、「地域の人々がプロセスに参加し、取り組みの趣旨や内容を理解した上で進めることがもっとも重要である」との認識のもと、風力発電や地域熱供給のプロジェクト計画立案の早い段階からパブリックミーティングを複数回開き、課題の洗い出しと対応策を住民と共有しました。

具体的には、風力発電の立地選定に際して、自然保護区域を避けるゾーニングを行なったり、候補地への設置イメージをCGで作成して景観へのインパクトを想定するなどして、住民とのコミュニケーションを重ね、時間をかけて「地域の人々にとって望ましい自然エネルギーのあり方」を探っていきました。もちろん前回述べた「オーナーシップ」もその一環として組み込まれており、島内の自然エネルギー設備は島民によって所有され、自然エネルギーの経済的メリットは島民に還元されています。

 

長野県飯田市・おひさま進歩エネルギーの挑戦

飯田市は長野県の南信州地域に位置する人口約10万5,000人、面積約660平方km、りんごの生産と人形劇などの伝統芸能を中心とする地域です。飯田市は、「日本の環境首都コンテスト」の人口規模10万人以上30万人以下の部門で、2007年以降4年連続で第1位を受賞するなど、環境への総合的な取り組みという面でも実績があり、各地からの注目を集めています。そして、飯田市内のさまざまな環境イニシアティブのなかでも、自然エネルギー関連でもっとも参照されている取り組みが、地域エネルギー会社「おひさま進歩エネルギー株式会社」が取り組んできた「市民出資による太陽光発電・省エネルギー事業」です。(事業の詳細はこちらこちらを参照)

この取り組みは、当初、寄付で太陽光発電の設置をおこなっていたNPO法人南信州おひさま進歩が「やはり寄付で取り組みを継続させるには限界がある」として、先の方向性を模索していたところ、環境エネルギー政策研究所との協働で「市民出資による太陽光発電の導入をしっかりとしたスケール感をもってやろう」という話がもちあがったことがきっかけでした。

さらに折しも同じタイミングで環境省の「環境と経済の好循環のまちモデル事業(平成のまほろば事業)」の募集が重なり、これに向けて関係者が協力して公共施設への分散型太陽光発電設置のビジネス・ファイナンスモデルを作成し、それを実施する地域組織としておひさま進歩エネルギー(当初は有限会社)が設立されました(このあたりの経緯の詳細は宮台真司・飯田哲也著『原発社会からの離脱――自然エネルギーと共同体自治に向けて (講談社現代新書)』7章を参照)。

立ち上げ期のさまざまな障害と苦労を乗り越え、無事、飯田市内38ヶ所の公共施設に合計208kWの太陽光発電を導入するプロジェクトが、市民からの出資と環境省からの交付金によって実現しました。その後、このプロジェクトの評判は飯田市内のみならず南信州全域に波及し、次々と後続プロジェクトへとつながり、現在までに南信州地域162ヶ所の公共施設および民間施設に合計1,281kWの太陽光発電が導入されています。(南信州おひさま発電所MAP

おひさま進歩エネルギーによる市民太陽光発電・省エネルギー事業が参照される理由は、民間組織、行政、地域住民が一体となった「コミュニティ」として取り組みを進めてきた点にあります。分散型で太陽光発電を導入するには、はじめに各施設を1軒1軒訪ね、事業の趣旨を説明し、施設の診断をおこない、必要な許認可や手続きを済ませ、地域の工務店に施工を手配し、設置後もモニタリング・メンテナンスに対応するというステップを踏みます。このプロセスは、おひさま進歩エネルギー単独の活動で完結するものではなく、必然的に行政や地域住民との対話が欠かせないものとなります。実際におひさま進歩エネルギーはひとつひとつのステップで立ち現れる問題を関係者と共有し、解決に向けて試行錯誤してきました。

具体的な例としては、「20年間の公共施設屋根上使用許可」が大きな問題となりました。それまで飯田市では「行政財産の目的外使用」に関して10年間の許可が一般的であったため、当初は「10年間+10年間」で間に更新をはさむことで進めようとしました。しかし、不測の事態で更新されず、許可が下りなければその時点で事業は強制終了されることとなり、それは市民からの出資に応えることができなくなることを意味するため、おひさま進歩エネルギーはなんとかこのリスクを回避することはできないかと、飯田市行政と相談をはじめました。そして、最終的には事業の社会的・公共的意義を勘案した牧野市長の英断により、20年間の公共施設屋根上市場許可が下り、無事、この事業を進めることができたという経緯がありました。

このエピソードは、さまざまに立ち上がってきた問題群のほんのひとつにすぎませんが、やはりサムソ島と同様に「地域の人々がプロセスに参加し、取り組みの趣旨や内容を理解した上で進めることがもっとも重要である」ということは、おひさま進歩エネルギーの取り組みにも当てはまることが確認できます。

 

 

 

◆◆「αシノドス」購読でシノドスを応援!◆◆

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.226+227 特集:自立的思考のために

・飯田泰之氏インタビュー「経済学の基礎で社会を読み解け!――マクロ経済の思考法」

・角間淳一郎氏インタビュー「『風俗嬢かわいそう』で終わらせない――“孤立”に歯止めをかけるセカンドキャリア支援」

・【今月のポジ出し!】吉田徹「形骸化する地方自治――『くじ引き民主主義』を導入せよ!」

・藤代裕之氏インタビュー「フェイクニュースが蔓延するメディア構造はいかにして生まれたのか」

・塚越健司 学びなおしの5冊 <統治>

・齋藤直子(絵)×岸政彦(文) 「Yeah! めっちゃ平日」第八回