わが国の人口変化は長期停滞にどの程度影響したのか 

90年代以降の日本における長期停滞の原因に関しては、さまざまな議論がなされている。長期停滞とは、景気循環を経ながら経済成長率(実質GDP成長率)が低下したことをさすが、昨今、新たに、人口変化が長期停滞の主因であるという仮説が注目されているようだ。

 

 

人口変化が長期停滞に及ぼした影響をいかに把握するか

 

我が国の人口変化は少子化と高齢化が同時に進む、少子高齢化という現象によって特徴づけられる。そして、人口に占める年少人口(0~14歳人口)の割合が低下する少子化と、人口に占める老齢人口(65歳以上人口)の割合が高まる高齢化が同時に進めば、生産年齢人口(15~64歳人口)の総人口に占める割合が低下し、ひいては生産年齢人口そのものが減少する。

 

つまり、我が国の人口変化を考える際には、少子化・高齢化・生産年齢人口減少といった個々の要素を独立に取り上げるのではなく、相互に関連した要素として考えることが必要である。

 

この視点でみると、生産変化に影響する生産年齢人口低下が経済停滞をもたらしたとする議論は、バランスを欠いたものになる。そして、経済成長に直接影響するのは人口変化ではなく、就業者数と労働時間を加味した労働投入である。さらにいえば、経済成長は労働投入、資本投入、生産性の3つの要素により決まることにも留意しておくべきだろう。

 

では、人口変化が長期停滞に及ぼした影響をいかに把握すればよいのだろうか。

 

以上の議論からは、人口変化が労働投入、とくに就業者の変化にいかに影響したのかという点と、就業者数と労働時間の変化である労働投入の変化が、長期停滞にいかに影響したのかという点の二点を順に考えていくことが必要となる。この線に沿って論じてみよう。

 

 

人口変化が就業者の変化に及ぼした影響

 

人口変化が就業者の変化に及ぼした影響を把握するには、どうしたらよいか。就業状態に直接影響するのは15歳以上人口だが、総務省が毎月公表している労働力調査の定義にしたがえば、15歳以上人口は労働力人口と非労働力人口の合計であり、さらに労働力人口は就業者と完全失業者の合計である。

 

よって、就業者と15歳以上人口、完全失業者、非労働力人口との関係は(1)式のようになる。あわせて15歳以上人口、完全失業者、非労働力人口のそれぞれを15~64歳、65歳以上に区分して年齢構成の変化を意識すれば、(1)式は(2)式のようになる。

 

就業者 = 15歳以上人口 - 完全失業者 - 非労働力人口         (1)

就業者 =(15~64歳人口+65歳以上人口)-(15~64歳完全失業者+65歳以上完全失業者)-(15~64歳非労働力人口+65歳以上非労働力人口)     (2)

 

(1)式及び(2)式から、就業者数は、15歳以上人口が増加すれば増加し、完全失業者が増えれば減少し、非労働力人口が増えれば減少することがわかる。

 

図表1は労働力調査を参照して、就業者数の前年比変化率(折線グラフ)と、(1)式にもとづいて就業者数の変化率に対する15歳以上人口、完全失業者、非労働力人口の影響を寄与度として分解して示したものだ。

 

 

図表1 就業者数変化の要因分解 就業者数変化率=(15歳以上人口変化/前年就業者数)-(完全失業者数変化/前年就業者数)-(非労働力人口変化/前年就業者数)より要因分解。 (資料)総務省「労働力統計」より筆者作成。

図表1 就業者数変化の要因分解
就業者数変化率=(15歳以上人口変化/前年就業者数)-(完全失業者数変化/前年就業者数)-(非労働力人口変化/前年就業者数)より要因分解。
(資料)総務省「労働力統計」より筆者作成。

 

 

就業者数の変化に15歳以上人口、完全失業者、非労働力人口はどう影響したのか。

 

図表から明らかなのは、15歳以上人口の寄与は正で就業者数の増加に寄与していたが、その寄与は90年代以降、徐々に低下して09年にはゼロとなっていることである。

 

しかし、15歳以上人口の変化は、就業者数の変化には相対的に大きく影響していない。むしろ、完全失業者や非労働力人口の変化といった、景気循環と密接な関係にある要因が就業者数の変化に影響を及ぼしていると考えられる。

 

つぎに、年齢構成変化を頭におきながら、就業者数変化に対する15歳以上人口、完全失業者、非労働力人口の影響をみよう。図表2は(2)式にもとづいて要因分解を行った結果である。

 

 

図表2 就業者数変化の要因分解(年齢構成を考慮) 就業者数変化率=(15~64歳人口変化/前年就業者数)-(65歳以上人口変化/前年就業者数)-(15~64歳完全失業者数変化/前年就業者数)-(65歳以上完全失業者数変化/前年就業者数)-(15~64歳非労働力人口変化/前年就業者数)-(65歳以上非労働力人口変化/前年就業者数)より要因分解。 (資料)総務省「労働力統計」より筆者作成。

図表2 就業者数変化の要因分解(年齢構成を考慮)
就業者数変化率=(15~64歳人口変化/前年就業者数)-(65歳以上人口変化/前年就業者数)-(15~64歳完全失業者数変化/前年就業者数)-(65歳以上完全失業者数変化/前年就業者数)-(15~64歳非労働力人口変化/前年就業者数)-(65歳以上非労働力人口変化/前年就業者数)より要因分解。
(資料)総務省「労働力統計」より筆者作成。

 

 

年齢構成を加味すると、15歳以上人口、完全失業者、非労働力人口の就業者数への寄与は、どのように修正されるのだろうか。

 

まず、15歳以上人口についてみると、15歳以上人口の増加は、65歳以上人口の高まりにより生じたことがわかる。そして、00年代に、15歳以上人口の就業者への寄与の低下は顕著となるが、これは生産年齢人口の低下によって生じている。生産年齢人口の低下は少子化が影響する。

 

以上からは、15歳以上人口の変化に対して、高齢化は90年代以降安定的に影響し、少子化は00年代以降影響していることがわかる。

 

そして、景気循環に対して一定のラグをともないながら変化した完全失業者数、非労働力人口の変化の大部分は15~64歳の変化による。65歳以上完全失業者数の寄与はほぼゼロだが、65歳以上非労働力人口の寄与は、90年代以降安定的に就業者数に対してマイナスの影響を及ぼしている。

 

以上の議論をまとめよう。

 

人口変化が90年代および00年代の就業者数の変化に与えた影響としては、人口変化そのものよりも、完全失業者や非労働力人口といった、景気循環に関係する要因の変化が相対的に大きく影響した。

 

少子化・高齢化・生産年齢人口の低下といった人口構成が就業者数に与えた影響としては、高齢化は90年代・00年代を通じて、人口増・非労働力人口増というかたちで一貫して作用している。そして、生産年齢人口の低下といった少子化の影響は、00年代に顕著となったのである。

 

 

 

シノドスのコンテンツ

 

●ファンクラブ「SYNODOS SOCIAL」

⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/14015

 

●電子メールマガジン「αシノドス」

⇒ https://synodos.jp/a-synodos

 

●少人数制セミナー「シノドス・サークル」

⇒ https://synodos.jp/article/20937

 

 

 

 

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.2019.4.15 

・打浪文子「知的障害のある人たちと「ことば」」

・照山絢子「発達障害を文化人類学する」
・野口晃菜「こうすれば「インクルーシブ教育」はもっとよくなる」
・戸谷洋志「トランスヒューマニズムと責任ある想像力」
・濵田江里子「「社会への投資」から考える日本の雇用と社会保障制度」
・山本章子「学びなおしの5冊 「沖縄」とは何か――空間と時間から問いなおす」
・鈴木崇弘「自民党シンクタンク史(6)――設立準備期、郵政民営化選挙後」