フランスにおける若者の就職とキャリア

▶シノドスの電子メールマガジン「αシノドス」

https://synodos.jp/a-synodos

▶英語の「話し方」教えます!「シノドス英会話」

https://synodos.jp/article/23083

フランスの若者の雇用慣行

 

即戦力重視

 

フランスの場合、あるいはフランス以外の欧米諸国で一般的であるが、日本のように職務経験のない新卒者を採用し人材を育成する慣行はなく、あくまで個人の保有する資格や職務経験によって採用される。

 

こうした即戦力重視の採用では、したがって、働いたことのない若者は、必然的に一番不利になるため、希望の職が見つからなかったり、安定したポストが見つけられなかったりする。新卒一括採用制度の浸透している日本では、即戦力が求められるいわゆる中途採用の人材とはべつに「新卒」として扱われるため、専門の資格や職務経験などはほとんど問われず、職務経験のある「中途」と競合せずに済む。

 

このことが、図1のように、日本では若年失業率がきわめて低い水準に抑えられている理由となっていることもたしかである。一方で、フランスでは、日本のような「新卒」、「中途」の区別はない。すなわち、「新卒」だからといって日本のように働いた経験がなくてもいいということにはならず、あるポストに応募する場合、そのポストに対応する資格や同様のポストに就いていた職務経験が重要視されるのである。

 

 

段階的参入

 

では、職務経験のまったくない一般的な若者はどのように就職をするのであろうか。フランスでは、職務経験の乏しい、あるいはまったくない若者は、有期雇用や派遣などの非正規雇用を経験し、職務経験を積んだうえで、日本の正社員に相当する無期限雇用にたどり着くのが一般的である。こういった若者の労働市場への参入を、筆者は「段階的参入」と呼んでいる。

 

実際、職業資格調査研究所(Céreq)が行ったジェネラシオン2013の調査(注1)によると、2013年に学業を終えて就職した若者のうち、70%が有期限雇用や派遣などの一時的な雇用から社会人生活をスタートさせた。3年後の追跡調査でも、無期限雇用のポストに就くことができたのは全体の56%にとどまっている。言い換えると、この世代の半数以上が無期限雇用に就けるようになるまで3年を費やさなければならないのである。

 

(注1)Céreq(2017), Quand l’école est finie.

 

このようにフランスの場合、若者は不安定な雇用を繰り返すなかで、職務経験を積み、段階的に労働市場に参入していくこと、また、若者が安定した職に就けるまで一般的に数年、場合によってはそれ以上かかることが特徴である。実際、卒業後3年間1つの企業にとどまっていたのは8%に過ぎず、9割以上が少なくとも1回以上転職している。3回以上の転職も29%と3割近くに達している。

 

もちろんフランスの若者が一様にこうした状況かと言えばそうではなく、より詳細に分析すると彼らの最終学歴によって就職状況に明暗が分かれる。図3によると、2013年に卒業し就職した若者全体をみた場合、6割近い57%の若者がすぐに就職しその後就業を続けている。一定期間失業や非就業の期間を経て遅れて就職する若者(12%)とあわせると、全体でおよそ7割近い69%が、遅かれ早かれ3年の間で職を見つけ就業していることになる。

 

一方で、残りの3割強は、卒業3年後、就業していない状況にある。いったん就職したあとに失業や非就業に至ったケースが8%、一貫して失業や非就業であったり、繰り返し失業であったケースが13%、ふたたび就学するケースが10%となっている。

 

 

図3 学歴別卒業後3年間の経過

(出所)Céreq(2017), Quand l’école est finie, p.41

 

 

この状況を学歴別にみてみよう。修士修了レベル(グランドゼコール卒も含む)の場合、4人に3人以上の76%の若者がすぐに就職しており、遅れて就職した10%の若者とあわせ、9割近い86%が卒業3年後の時点で職に就くことができている。この状況は学歴の水準が低くなるにつれてさがっていく。大卒レベルとなると77%となり、高卒レベルであれば67%にまでさがる。中卒程度である無資格の若者にいたっては、卒業3年後に就職できている割合は、37%にまで落ち込んでいる。反対に、3年後失業や非就業状態の若者は47%と半数近くにまで及んでおり、長期的な失業・非就業状態の若者も38%にのぼっている。

 

このように、若者の最終学歴によって、卒業後の就職状況は大きく異なっている。もちろん、大学を出てもインターンシップのポストしかなく、やむを得ずそれを繰り返さなければならない実例も少なくないが、概して高学歴であればあるほど就職状況はよく、低学歴になるほど厳しい状況となっている。

 

 

日本との比較

 

以上のように、フランスの若者は一般的に、卒業後数年あるいはそれ以上をかけて安定した正規雇用に移行し労働市場に徐々に参入している。本節では、日本では当たり前のように行われている「就活」や、当然のことのようになされているキャリア形成などと比較をしてみたい。

 

 

就活時期の違い

 

ひとつは、就活の時期についてである。新卒一括採用が浸透している日本では、卒業前に就活を行い、卒業するまでに内定をもらうのが一般的となっているが、フランスではそうした慣行はない。前述のとおり、若者が安定した正規の職に就くためには数年以上かかるという労働市場への段階的参入が、良くも悪くも社会に浸透しているため、フランスでは必ずしも卒業までに就職先を見つける必要はない。

 

そのため、日本の就活のように、一定期間の時期を設定し、その間にみなが一斉に就活をするのではなく、フランスでは、概して、一人ひとりが自発的に行っているケースが多い。一言で言えば、日本では、卒業までの短期間になんとしてでも正規の職を探すことが求められる一方で、フランスでは、卒業後、長い期間をかけて非正規から正規へと徐々に移行していくのである。

 

 

インターンシップの位置づけ

 

またひとつに、学生が行うインターンシップの規模や位置づけも大きく違う。日本ではいわゆる「ワンデー」をはじめ、インターンシップとは名ばかりのきわめて短いものが多く、長くてもせいぜい半月あるいは1か月であろう。一方、フランスは教育機関にもよるが、少なくとも一般的に数か月単位でインターンシップが行われている。

それ以上にインターンシップの意味合いが大きく異なる。日本では建前上インターンシップは教育活動であり、インターンシップを採用に直結させることはできないとされている。一方、フランスでは、もちろん教育活動であることは変わらないが、学生が就職するためには欠かせない存在となっており、企業が数か月のインターンシップを課し、その中から学生を選考することも珍しくない。

 

このように、フランスでは、一般的にインターンシップは就職するための必須条件となっている。このインターンシップは、就職を希望する若者にとっては職務経験の場として機能し、採用する企業にとっては試用期間や選考の場として機能するのである。

 

 

就職する役職(ポスト)

 

一般的に日本では、新卒一括採用で入社した新入社員は、たとえどのような学歴であれ、どのような大学を出たのであれ、一般的に会社組織の最下層に配置され「一兵卒」からキャリアをスタートさせる。一方で、フランスの場合、卒業したての新入社員であっても管理職(Cadres)や中間職(professions intermédiaires)(注2)といった社会職業分類に就くことも少なくなく、全体の15%が管理職に,全体の31%が中間職に就いていることがわかる。3年後には,それぞれ18%,33%となっている(図4参照)。

 

(注2)中間職とは、管理職と従業員(Employés)のあいだの社会職業分類であり、企業の中間管理職はもちろんのこと、技術者、販売責任者のほか、教員、ソーシャルワーカーなども含まれる。

 

 

図4 初期キャリア形成期の役職

(出所)Céreq(2017), Quand l’école est finie, p.53

 

 

また、若者がキャリアをスタートさせる際の役職に関しても学歴が大きく関与する。学歴別に、管理職、中間職、従業員、工員の各社会職業分類の割合を表した図5によると、たとえば工員の割合は低学歴ほど高く、高学歴になるにつれて低下する一方、管理職は、高学歴ほど高く、低学歴になるにつれて低下する。

 

 

図5 学歴ごとの初期キャリア形成期の役職

(出所)Céreq(2017), Quand l’école est finie, p.53

 

 

実際、中卒程度の無資格者は工員に、高卒者は従業員に、大卒者は中間職に、修士修了者は管理職に就く割合がもっとも高くなっている。このように、最初から学歴によって就く役職のすみわけがしっかりとできており、キャリア形成の「スタートライン」が学歴によって変わっているのが特徴と言える。あくまで「スタートライン」は一緒でその後の昇進スピードや昇進の幅に学歴によって差を持たせる日本に対し、学歴によって入職時「スタートライン」そのものが変わるフランスは、ある意味、日本よりも学歴主義であると言える。

 

 

おわりに

 

以上のように、フランスの若者の雇用問題に関して日本のそれと比較して明らかにしてきた。厳しい雇用情勢におかれたフランスの若者たちは、日本とはまったく違う方法で職を得ている。とくに、即戦力が重視されるフランスでは、卒業後数年かけて、非正規雇用から安定した正規雇用に徐々に移行していくキャリアパスが一般的である。ただし学歴によって彼らの初期キャリア形成は大きく変わることも事実である。とくに、一部のエリートははじめから管理職に就くなど日本以上に学歴主義である部分もある。

 

翻って、日本では、日本型雇用慣行の問題点は多々指摘されつつも、新卒一括採用制度によってほぼ全員が正社員からキャリアをスタートさせることができる。フランスの雇用慣行からみれば、日本の学生は恵まれているように思える。とくに売り手市場が続いている昨今の状況を鑑みるとなおさらである。

 

しかし一方で、卒業までに内定を取らなければならない慣行、すなわち一度も本格的に働かないうちに短期間で自身のキャリアを決めなければならない日本の状況は、フランスの段階的参入からみると奇妙に映るところもあるだろう。

 

知のネットワーク – S Y N O D O S –

 

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.269 

・外山文子「タイは民主化するのか?」
・中西啓喜「データサイエンスは教育を「良い方向」に導くのか?――学級規模の縮小を例として」
・笠木雅史「実験哲学と哲学の関係」
・穂鷹知美「求む、国外からの介護福祉士――ベトナムからの人材獲得にかけるドイツの夢と現実」
・久木田水生「ロボットと人間の関係を考えるための読書案内」
・吉野裕介「【知の巨人たち】ハイエク」
・内田真生「ヒュッゲ(Hygge)とは何か?――デンマークが幸せの国と言われる理由」