臨床心理士による児童の活動グループ ―― SNAPのささやかな挑戦

わたしの勤務先の大学院で臨床心理学を学ぶ大学院生が、有志で子どもたちのグループ活動を始めたのは、かれこれ10年程前のことである。彼らは臨床心理士の資格を持つ前の段階であったし、ボランティアでやっていることでもあったので、問題を持った子どもたちへの心理療法ということではなく、「のびのび遊びたい子、元気になりたい子」を対象とした遊びと勉強のグループを始めた。これが予想外の発展を遂げることになった。

 

初めは3名の小学生で、学校でいじめられていた男子、軽い身体障害がある男子、そして取り立てて問題はないがおとなし目の女子だった。週1回2時間ほど、大学の教室と園庭を使って、宿題をやり、遊んでいた。スタッフは大学院に入りたての男女1名ずつ。よくわからないまま子どもに振り回されるように相手をしていた。ところが、この子どもたちが変わっていった。いじめを受けても平気になり、避けていた運動を楽しむようになり、大声で笑うようになった。たしかに、「のびのび遊び」「元気になった」のである。うわさは広がり、参加する子どもたちの数は増えていった。それが今に至る活動グループ「SNAP」の始まりである。

 

 

SNAPの活動概略

 

現在のSNAPは、小学生を対象に男女別の各10名以下のメンバーで、土曜日の午前中、ほぼ毎週の活動を行っている。プログラムは、(1)学習、(2)身体運動系の遊び、(3)自己表現系の遊び(工芸や自分について語るゲーム等)の3本立てである。夏にはキャンプにも行っている。数年間通いつづけているお子さんも少なくない。

 

しかし、心理療法として(つまり、心理的問題の治療を目指して)行っているわけではない点、ボランティア運営である点(親御さんから多少の寄付をいただいてはいるが)、問題のある子ではなく元気になりたい子どもを募集している点は変わらない。一方、スタッフは大学院生のみならず修士課程修了後の臨床心理士も協力してくれており、わたしも入れると10名が適宜交替しながら担当するようになっている。

 

 

ただの「遊びグループ」と何が違うか ―― 臨床心理士の視点

 

「垣根なく」声をかけて募集しているとはいえ、やはり親御さんがお子さんのことで何かしら困っている、あるいは気にしているからわれわれのところに来るのである。その「困り」の性質をよく理解することは非常に重要である。近年は、ADHDやアスペルガー障害など、発達障害を持ったお子さん(とくに男子)が来られることが増えているが、「普通の」成長上での苦労という場合も多い。われわれは臨床心理士なのでアセスメント(心理査定)を行うが、SNAPでは、テストを通してではなく、おもにグループ活動中の「関わりながらの観察」を通して行うことに重点を置いている。どこでその子が苦労するのかを見、それはなぜかを検討するのだ。

 

SNAPでの身体運動系の遊びは基本的に外遊びだが、苦手意識を刺激しないで、身体を動かして気持ちよくなるために、細かな運動技能のいらない、ルールのシンプルなものが多い。鬼ごっこ、缶けり、だるまさんが転んだ、なわとび、かくれんぼ、木登り(園庭には梅の木がある)のような遊びが案外と盛り上がる。放課後や休日にできなくなったそういう遊びこそ、子どもたちには新鮮で、飽きが来ないようである。

 

遊びの力は大きい。その楽しみを原動力にして、子どもの心身は成長する。たとえば、だるまさんが転んだは、動く、止まる、という動作で成り立っているので、ADHDの子どもには最初難しい。木登りは、身体のバランスと筋力を連動させる一連の動作によって成り立っているので、ある種の発達障害(協調運動障害)の子どもには難しい。

 

しかし、子どもたちはみんなと遊びたい一心で、止まる動作や木登りを身につけるようになる。彼らが遊べるようになれば、いわゆる発達障害の問題点もいくらか軽減するのである。また、かくれんぼのような遊びは相手が信頼できないとできない(無視されてしまう危険があるから)ものであり、信頼の練習といった心理的な意味もある。

 

スタッフは、子どもの身体運動感覚や行動の意味を見極め、できることを提案し、少しずつできるようになる方法を考える。子どもが楽しんで遊べるようになって、自信を得るのを待つのがわれわれの仕事である。

 

学習は、自分で取り組めることを援助するのを中心としているが、苦手なものについてはどのあたりでつまずくのかを見きわめ、できるように手助けをする。

 

一番重要なのは、対人関係のあり方、集団場面での行動の理解である。対人関係「能力」の査定と言いたくなるところだが、そうするとある望ましい状態を前提にして「できる・できない」の物差しを当てることになりがちである。それは避ける。むろん長所は認めるが、一方で、対人関係の難しさや活動にのれないことをすぐに問題視して、排除、矯正するのではなく、その子どもにとっての独自の意味に接近していこうとするのである。

 

たとえば(個人情報保護の観点から、多少脚色を施している。以後の事例も同様)、ある男子はグループ活動をみんなでやろうとするといつも輪から離れてしまい、一緒にやろうと声をかければ、厳しい表情をして一層外に出ようとし、引き留めようとすると暴力的になるという行動パターンを繰り返していた。それは、一見反抗的に見えるが、じつは対人緊張がきわめて強いということに起因していた。

 

あるとき、その彼が、構内で見つけたカマキリを持ち込んだ。男子たちは一時活動どころではなくなったが、その子はカマキリを持つことでグループにいられる安心感を得、他の男子とのやり取りが生まれ、輪の外から輪の中心になれたのである。彼はまた別のときに、工作の活動中に、糊のベタベタする感覚が楽しくなって、たくさん手につけては作業そっちのけでウロウロと歩いていた。しかし、その彼が後で「スライムをつくりたい」と提案した。スタッフはそれを採用し、その企画は好評を博した。彼も他の子どもたちと気持ちよく一緒の活動をすることができ、「感想の時間」にはめずらしく「楽しかった!」と言って、満面の笑みを浮かべたのだった。

 

彼は自閉傾向があり、世間から見ると「奇異な」あるいは反抗的な行動を取ることがあるが、その行動の意味が理解できれば成長への道筋が見えてくる。子どもは自分の世界を守り、安心感を持とうとする。それが自分から世界を広げていくことの基地になる。たとえ障害があっても、彼のように、「問題行動」が転じて社会化のきっかけになることもある。それらを理解し、支持することがわれわれの仕事なのである。この原理は、発達障害、情緒障害だけでなく、普通の子どもにもあてはまるものだろう。

 

すぐに答えや解決法が見つかるのはまれである。トラブルやよくわからない行動がつづくことも多い。女子グループが全員で活動中抜け出しかくれんぼをし始めたことがあった。あとで、ある女子が、「かくれんぼなんだけど、先生たちに探してもらっても面白くないの。待っててほしいの」と言っていた。この意味はなかなか理解困難である。しかし少なくとも、かくれんぼをやめさせても意義ある展開が生じないだろう。はたらきかけながら、あるいは親御さんからの情報とつき合わせながら、それは何なのかを問いつづけ、辛抱強く工夫していく姿勢が大事なのだろう。そこにわれわれの専門性があるのだと思っている。

 

 

 

シノドスをサポートしてくれませんか?

 

誰でも自由にアクセスできる本当に価値ある記事を、シノドスは誠実に配信してまいります。シノドスの活動を持続的なものとするために、ぜひファンクラブ「SYNODOS SOCIAL」のパトロンをご検討ください。⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/14015

 

無題

 

シノドスが発行する電子マガジン

 

・人文・社会科学から自然科学、カルチャーまで、各界の気鋭にじっくりインタビュー
・報道等で耳にする気になるテーマをQ&A形式でやさしく解説
・専門家たちが提言「こうすれば●●は今よりもっとよくなるはず!」

・人類の英知を知り、学ぶ「知の巨人たち」
・初学者のためのブックリスト「学びなおしの5冊」

……etc.  

https://synodos.jp/a-synodos

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.248 「論壇」の再構築に向けて

・大内悟史「こうすれば「論壇」はもっと良くなる――政治や行政を動かす「意見」や「論争」を」
・中里透「物価はなぜ上がらないのか?――「アマゾン効果」と「基調的な物価」のあいだ」
・牧野雅彦「知の巨人たち――カール・シュミット」
・西垣通「人工知能を基礎情報学で解剖する」