すれ違いを起こさないために――東日本大震災から学ぶ支援の届け方

支援活動についての注意点

 

ここからは、支援活動について、書ければと思います。

 

(1)捜索活動を最優先にさせてください

 

災害発生後、一週間ほどは、生命を守る捜索活動などが最優先です。捜索活動に集中している人に、避難所の場所を聞いて道案内してもらうことは、避けてください。

 

 

(2)災害発生直後は道路の整備が十分でないため渋滞が発生します

 

被災発生地域では、捜索の他にも優先しなければいけない作業がたくさんあります。水道や電気の復旧作業、傾いて危険になった建物の撤去、応援医療や自衛隊の通行など、あげればきりがありません。災害が発生した地域は、ナビ機能などはあてになりません。場合によっては新しい道もつくられます。

 

ボランティアさんが活動できる環境が整いましたら、募集と同時に通行可能な道路が発表されます。通行可能と表示されていない道路は緊急車両等の専用道路の可能性もありますので、必ず、提示された道を通行してください。自分がボランティアに不慣れだと感じている場合は、ボランティアバスなどを活用するのが安心です。

 

 

(3)自己完結で活動してください

 

ボランティアさんの募集がはじまったばかりのころは、営業店舗も少なく、物流も完全ではありません。被災現場に来てから「お弁当屋さんはどこですか?」などということのないように情報を集め、ネットなどで確認し、あると確信できないものは被災地域に入る前に十分な量を確保してから来てください。復旧直後は、店舗も混み合います。情報を確認し、被災者の分を購入しないように配慮をしていただければと思います。

 

また、トイレは数も限られ混み合います。体調管理も忘れずに。疲れたと感じたら活動を中止して休んでください。体調を崩しても病院は込み合っています。

 

 

(4)被災者に負担をかけないでください

 

炊き出しや片付けなどの活動をした後、被災した人に現地の案内を依頼する人がいました。避難所で休んでいるからといって、運転の依頼や長時間の拘束はご配慮ください。「ボランティアにいきたいので車で迎えに来てください。帰りも送ってください。」という申し出もありましたが、これは、丁重にお断りしました。

 

 

(5)危険な場所に入らないでください

 

ボランティアの受付がはじまったとしても、完全に元通りではありません。崩れかけた崖や、陥没した道路など、危険な場所は沢山あります。「記念に」と倒壊しそうな建物に近付くのはやめてください。特に地震による被害が発生した地域ですと、高い確率で余震があります。

 

 

(6)犯罪目的だと間違えられるような場所には立ち入らないでください

 

被災地には、良心のボランティアさんに混じって、犯罪目的で来るような人もいます。地域の人は警察などと連携して警戒にあたっています。活動場所以外の建物に立ち寄ると、疑われることもあります。

 

 

被災現場は、当然ながら災害が発生した場所です。地震や噴火による災害の場合、被害が繰り返される可能性が高いのです。ボランティアに来ていただいた方が、危険な目にあってしまうのは本末転倒でしょう。被災地にいくときはどうなっているのか必ず情報を仕入れ、想像してください。ガレキを撤去した地域では、釘や金属片によるパンクもありました。

 

また、ナビだけを頼りにコンビニや公衆トイレをあてにすると、休業していたり、建物ごと無くなっている場合もあります。必要な荷物も、現地で調達するのは難しいです。とはいえ、現地の商店が復活してきたら、ぜひ食事と買い物をお願いします。

 

以上、大変に失礼な内容もありました。言うまでもなく、支援物資と支援活動には心がこもり、ほとんどがありがたいものでした。ですが、今後の災害現場に生かしていただきたいと考え、書かせていただきました。

 

 

SONY DSC

 

 

支援は断りづらい

 

支援はすべて善意からはじまります。だからこそ、物資も活動も断りづらいのです。いただいた物資のなかで使わなかったもの、使えなかったものも処分しづらい。古い肌着やパンツでさえも処分しづらいのです。

 

声をかけていただいた活動は、できる限り受け入れ、求められれば対応もしました。支援活動のために学校内の施設を自治会の名前で借りたこともあります。活動当日に使う資機材を買ったり借りたりして用意したこともあります。借用費用や購入費用を支払ったこともあります。それでも断ることは難しかったのです。

 

もちろん、ほとんどの支援団体はまったく負担をかけないように配慮してくださいました。活動に必要なものをすべて持ち込み、ごみ一つなく帰っていく団体もありました。

 

しかし、私たちの避難所ではありませんが、このような事例も聞きました。あるグループから連絡があり「なにか活動をしたい」とのこと。「なにができますか」と聞くと「花植えならできます」とのことです。当日は、花の苗、シャベル、軍手、プランターまで自治会が用意してお客様のように迎え、花を植えて帰っていったそうです。苗代もプランターも自治会の負担。帰ったあと、「どっちがボランティアかわからんねぇ」との声が被災者から聞こえたそうです。

 

 

支援のミスマッチを防ぐために

 

支援活動をする団体と、受ける団体の間でミスマッチが発生しました。支援したい団体は必ず「なにに困っていますか」と聞きます。しかし、私たちはすべてを失っているのですから、すべてに困っています。

 

そこで必要なのは、支援する側の「自分たちの得意分野は○○です。必要ですか?」の一声でした。米崎小学校の避難所では「皆さんはどのような団体ですか?なにを得意としているのですか?」と聞き、ミスマッチを防ぎました。

 

パソコンをつくっている会社に避難所内の物資の整理をお願いするより、避難所事務用のパソコンを提供してもらった方がいいでしょう。学生団体の場合は、お金のかかるパソコンよりも、体力勝負でやってもらえる物資の仕分けなどを頼みたい。ぜひ、万が一の時には、なにが得意かを教えてもらえればと思います。

 

 

被災地に時間を

 

大災害が発生し、地域以外にも多くの人に支えられました。しかし、震災直後には地域の市役所の方、社会福祉協議会のみなさん、消防署職員・消防団員、警察官、自衛隊員……このような人々にまずは支えられます。通常業務をこなしながら、使われないかもしれない万が一のマニュアルをつくり、訓練を繰り返してもなお、対応しきれないのが災害です。

 

それなのに、災害が発生すると「なにをやっているんだ」「準備が足りない」とクレームをいれる人がいます。被災直後の現場で必要なのは時間です。反省も必要ですが、まずは現場の人から時間を奪わないでください。

 

 

東日本大震災後に……

 

東日本大震災後にも、日本では数々の場所で災害がおきました。その現場から届いた声も紹介します。

 

東日本大震災では多くの店舗を失い、計画停電も行われ、物流はストップしたままでした。ほとんどなにもない状態だったのです。物資の運びこみは1か月以上つづきましたが、なにもない状態でしたので、かなりありがたく利用しました。

 

しかし、それが東日本大震災後の、被災地で困った事態を引き起こします。広島市の土砂災害でも常総市の水害でも、一気に物資が全国から流れ込みました。しかし、東日本大震災とは違い「生活に必要なものがない」という状態は一時的なものでした。道路が復旧すれば、すぐに買えるのです。しかし、物資が大量に入ってしまったため、周辺市町村の店舗の売り上げは落ちました。

 

物資の仕分けや受け取りのために、行政職員に負担がかかりました。各行政からも「物資の受け取りは中止します」と発信していましたが、それでも止まらなかったようです。次の万が一の際には、被災した現場がどのような状況なのか、行政からの情報を確認して「必要なものを必要な時期に」送ることが求められているでしょう。

 

 

まとめ

 

冒頭のお世話になった支援物資の例として、「トラブルの元になったものがあります」と書きましたが、不要なものはありませんでした。一つの箱のなかにいろんなものを入れると仕分けに大量の人員と広い場所が必要になったり、物資が大量にあることで周辺の店舗の売り上げが落ちたりと、問題は物資そのものではなく送り方とタイミングにあると私は考えています。

 

支援物資は、被災した人だけでなく、被災地へ荷物を運ぶ宅配便、荷物を受け取り仕分けする人、連絡係と配達係として避難所を回る役所の職員とボランティアなどの手を通ります。そのすべての人の動きがなければ、支援物資は被災者の元に届かないのです。

 

ですので、テレビや新聞で見る被災者だけではなく、間にいる彼らの存在も想像してみてください。そうすることで、いつどのようにすれば自分の思いが届くのかが見えてくるはずです。

 

また、被災地で家の片付けのお手伝いや炊き出しやイベントを行いたい方もお願いします。被災した人が早く我が家に帰りたいだろう、お腹をすかしているだろう、心に余裕がなくなっているだろうと考えてくださるのは、大変ありがたいのです。しかし、支援により、みなさんが危険な思いをすることは、だれも望みません。災害発生から最初の一週間は、食糧さえあれば生命の危機にはなりません。ですので、自分がボランティアに不慣れだと感じている場合は、落ち着いて行動してください。はじめる時期が遅くても助かることは沢山あります。避難所の生活環境と道路の改善が進めば、多数のボランティアさんが必要とされる日がすぐに来ます。

 

 

晴れ着で入学式を

 

ここまで、様々な注意点を書きましたが、私たちが予想していなかったうれしい支援もありました。

 

米崎小学校の体育館は6月末まで避難所になっていました。その間、様々な行事が行われましたが、入学式もその一つです。米崎小では、全国から遅れ、半月後の4月20日に入学式が行われました。

 

私の娘も入学式を控えていました。妻の実家からランドセルを買ってもらい、妻と娘用の晴れ着も用意していましたが、津波はそれを奪っていきました。多くの人が同じ状況でした。ランドセルは全国から寄せられ、4月初旬には児童全員に配布されました。それでも晴れ着はなかったので、小学校からは「普段着で来てください」との連絡が入っていました。

 

明日に入学式を控えた4月19日の夜だったと思います。体育館避難所の前に一台のワゴン車が止まりました。出てきた人は「入学式を控えたお子さんはいませんか」と言いました。

 

内陸の市のPTAの方たちが、入学式を終えたご家庭から、晴れ着を集めてもってきてくれたのです。そのおかげで、米崎小学校では全員晴れ着で入学式をできることになりました。

 

 

13128988_710744959066825_1196072754_o

 

 

おわりに

 

今回は、支援したい気持ちを有効に届けたい人に届ける方法について書きました。しかし、今回の熊本地震にかかわらず、台風、集中豪雨、河川氾濫、土砂災害、豪雪、噴火など全国各地で災害が発生しています。日本のどこにいても「絶対に安心」ということはありません。次は、あなたの住む街が被災地と呼ばれるかもしれません。

 

防災というと、行政の役割と思いがちですが、家具の固定や備蓄品の用意などは各家庭で取り組むことです。

 

まずは、災害発生時にケガをしないこと。発生後に自宅に取り残されても対応できるように用意をすること。自宅や職場から避難所へいくための、安全性の高い道を複数確認しておくこと。普段から天気予報を確認し、各種の警報が発表されたときには早めに対応することを家族や友人と話し合ってください。

 

自然災害は止められません。被害を軽減するためには、知識と経験をもとに、備えるしかないのです。 備えるのは、みなさんです。

 

東日本大震災で被災し、日本中・世界中の人から支えていただき、今日まで暮らしてきました。 心よりお礼申し上げます。その支えてくださった人に「大切な人を失う」という悲しみ・苦しみ・後悔をもって欲しくない。 この記事によって、今一度、防災について話し合うきっかけにしていただけるとうれしいです。

 

関連記事

佐藤一男「東日本大震災、仮設住宅に移るまでに起きたこと」

佐藤一男「東日本大震災、体育館避難所で起きたこと」

 

fukko

 

 知のネットワーク – S Y N O D O S –

 

シノドスの運営について

 

シノドスは日本の言論をよりよくすることを目指し、共感してくださるみなさまのご支援で運営されています。コンテンツをより充実させるために、みなさまのご協力が必要です。ぜひシノドスのサポーターをご検討ください。

⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/14015

98_main_pc (1)

 

 セミナー参加者募集中!「対話/ダイアローグから見た精神医学」植村太郎(12月16日16時~18時)

 

 

無題

 

vol.233 公正な社会を切り開く 

 

・ジェームズ・ミニー氏、鈴木啓美氏インタビュー「もっと楽しいお買い物を目指して――フェアトレードの魅力」

・【「民主」と「自由」――リベラルの再生へ向けて――】古川江里子「大正デモクラシーと吉野作造 ―大日本帝国憲法下での民主主義的政治の試みが現代に問うもの」

・【知の巨人たち】重田園江「ミシェル・フーコー――なぜ『絶望系』なのに読んでしまうのか」

・阪井裕一郎「学びなおしの5冊 <家族>」

 

vol.232 芸術にいざなう 

 

・吉澤弥生氏インタビュー「人をつなぐ芸術――その社会的評価を再考する」

・【現代演劇 Q&A】長瀬千雅(解説)「時代を捕まえるダイナミクス――現代演劇事始め」

・【今月のポジ出し!】橋本努「タックス・ヘイブン改革 香港やシンガポールにも圧力を」

・増田穂「『知見』が有効活用されるために」

 

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.233 特集:公正な社会を切り開く

・ジェームズ・ミニー氏、鈴木啓美氏インタビュー「もっと楽しいお買い物を目指して――フェアトレードの魅力」

・【「民主」と「自由」――リベラルの再生へ向けて――】古川江里子「大正デモクラシーと吉野作造 ―大日本帝国憲法下での民主主義的政治の試みが現代に問うもの」

・【知の巨人たち】重田園江「ミシェル・フーコー――なぜ『絶望系』なのに読んでしまうのか」

・阪井裕一郎「学びなおしの5冊 <家族>」