福島第一原発事故による放射線被曝の遺伝的影響は?

東京電力福島第一原発事故の後、福島で生まれた子どもやこれから生まれる子どもに、放射線被ばくによる遺伝的影響は出るのでしょうか? 答えは「次世代に遺伝的影響は出ない」です。

 

1945年に原爆が投下された広島と長崎において、原爆被爆者の子どもたち(被爆二世)を対象にした大規模な調査が現在も継続されています。

 

これは、被爆二世について、流産や死産、奇形、がん、染色体異常、小児死亡、血清タンパクの異常などの有無と程度を調査しているものです。この調査の結果、被爆二世に放射線の影響は認められていません。このほかにも、複数の遺伝子によって決まる身長や体重、頭囲、胸囲などの身体的な特徴など、さまざまな調査が行われましたが、被爆二世に放射線による影響と思われる特徴は一切見つかりませんでした。

 

また、1986年に起きたチェルノブイリ原発事故後に生まれた世代についても、放射線被ばくによる遺伝的影響は認められていません。

 

福島第一原発事故の後、福島では外部被ばく、内部被ばくともに、健康に影響を及ぼすレベルの放射線被ばくをした人はいません。また、現在の福島の住民の放射線被ばく量は、他県の住民の放射線被ばく量と同程度です。

 

これらのことから、福島第一原発事故後の福島は、放射線による次世代への影響を心配しなければならない状況にはまったくないと言えます。

 

【参考リンク】

UNSCEAR2013報告書

http://www.unscear.org/docs/reports/2013/14-02678_Report_2013_MainText_JP.pdf

 

UNSCEAR2008報告書

https://www.unscear.org/unscear/en/publications/2008_1.html

https://www.unscear.org/unscear/en/publications/2008_2.html

 

放射線影響研究所ホームページ

http://www.rerf.jp/index_j.html

 

 

 

 

福島の「いま」を伝える情報サイト「福島レポート」

 

 

1
 
 
シノドス国際社会動向研究所

vol.263 

・武井彩佳「ホロコーストを学びなおすための5冊」
・児玉聡「ピーター・シンガーの援助義務論」

・穂鷹知美「「どこから来ましたか」という質問はだめ?――ヨーロッパから学ぶ異文化間コミュニケーション」
・岩永理恵「生活保護と貧困」
・迫田さやか「挨拶をしよう」
・山口浩「自粛反対論と「戦士」の黄昏」
・鈴木崇弘「自民党シンクタンク史(7)――「シンクタンク2005年・日本」立ち上げ期」