世界の辺境とハードボイルド室町時代

外国人がイスラム過激派に狙われる本当の理由

 

高野 『喧嘩両成敗の誕生』には、「頼まれた以上は断れない」という話も出てきますよね。

 

清水 中世の日本では、武家の屋形にも公家の屋形にも「治外法権」があって、殺人事件を起こした人が逃げ込んできた場合でも、屋形の主人は理由を問わず許容していたという話ですね。

 

高野 あれを読んで思い出したのは、アフガニスタンの旧タリバン政権のことなんです。タリバンのパシュトゥーン人(注)も、庇護を求めて逃げてきた人は誰であっても守るのが男の義務であると考えていて、アルカイダのウサマ・ビン・ラディンをかくまった一番大きな理由もそれだと言われているんです。思想的に意気投合したからではなく、逃げ込んできた客人だから守るんです。

 

(注)アフガニスタン南部・中部、パキスタン北西部に住む民族。アフガニスタンでは多数派民族で、人口の四五%を占めると言われる。

 

ソマリ社会でも似たようなことはあって、自分が招いたわけではない客人であっても、徹底して守ります。

 

清水 追う側とかくまう側で「引き渡せ」「嫌だ」の押し問答になって、かえってトラブルが大きくなったりしませんか。

 

高野 もちろんそれもあるんですよ。だから、必ずしもいいことかどうかはわからないんですけど、客人を守るという意識はびっくりするぐらい強いものなんです。

 

以前、暮れから正月にかけて、早稲田大学に通うソマリ人留学生を家に泊めたことがありました。彼は寮に住んでいたんですけど、年末年始にかけては寮が閉まってしまうんで、ホームステイさせてくれないかと頼まれて、「いいよ」って引き受けたんです。

 

それで、彼は十二日間、わが家に滞在したんですが、結構てんやわんやがあったんですよね。まず日本文化にまったく興味を示さないし、日本食もぜんぜん食べようとしない。外にも出かけないで、ずっと家にこもって、パソコンでフェイスブックを見たりチャットをやったりしている。おまけに、うちの家電製品のコードをコンセントから抜いて、勝手に自分のパソコンを充電するし、それっきりコードを元に戻さない。それで、だんだん僕もかみさんもイライラしてきちゃって。

 

清水 客人というよりは、迷惑な居候が一人いる感じだなあ(笑)。

 

高野 そうなんです。それでだんだんお互いに険悪な雰囲気になってきて、特にかみさんが怒っていたんで、僕は彼に「ちょっと謝れ」と言って、「少しは家のことを手伝いなさい」って説教したんです。そうしたら彼がしぶしぶ謝ったんで、その後、ファミレスに連れていって二人だけで話していると、涙を流して言うんですよ。「今日は屈辱的だった。ゲストがあんなふうに扱われるなんて、僕らの文化ではありえない」って。

 

清水 「悪い態度をとってすみません」という反省の涙じゃないんですか(笑)。

 

高野 違うんです。「ゲストが家に来たら、その家のルールを曲げてでもゲストに合わせるものだ。ましてゲストに頭を下げさせるとは、本当に屈辱的だ」って言って泣くんです(笑)。

 

清水 それは強烈な文化ですね。

 

高野 強烈ですよ。

 

清水 彼から宿泊の対価は支払われないんですよね。高野さんに対して何らかの金品が提供されるわけではない。

 

高野 ないんですよ。そういう例は枚挙にいとまがないですね。僕は二〇一二年の秋に南部ソマリアを取材したんですが、そのとき首都モガディショの隣の州、日本で言うと千葉県みたいな所まで州知事に同行したんです。僕だけだったら危なくて行けないけど、知事は三十人ぐらいの兵士を、まあ部隊ですよね、連れていたし、これだったら日中は大丈夫だろうということで。

 

だけど、結局、その州知事に半分だまされるような形で、どんどん遠くまで行くことになっちゃって、最初は松戸くらいに行くつもりだったのが、柏になって、成田になって、そのうち茨城との県境ぐらいまで行って、日帰りできなくなったんですよね。それで、近くに駐屯していたアフリカ連合(注1)の平和維持部隊、主にウガンダとかブルンジから来て、ソマリア政府軍に代わってイスラム過激派のアル・シャバーブ(注2)と戦っている部隊なんですが、その基地に滞在させてもらったんです。帰るに帰れなくなっちゃって。

 

(注1)アフリカ五十四カ国・地域が加盟する国際機構。二〇〇二年、アフリカ統一機構が発展改組されて発足した。エチオピアの首都アディスアベバに本部を置く。

 

(注2)アルカイダと強いつながりがあるとされるイスラム過激派組織。南部ソマリアの半分以上の地域を支配していると言われる。潤沢な資金と武器を備え、自爆テロも辞さない。二〇〇八年、ソマリランドの首都ハルゲイサでもテロを起こし、二十一人が死亡、約五十人が負傷した。

 

で、そのときは、現地のジャーナリストの若者たちも一緒だったんですが、彼らが州知事やアフリカ連合の司令官に対して、ものすごく横柄な態度をとるんですよ。向こうのジャーナリストって、命の危険を顧みないでどこまでも行っちゃうという、若者があこがれる職業なんですけど、みんな二十代の若造のくせに、「茶が飲みてえ」とか、「水ねえのか、水」とか、「コーラ!」とか言ってね、持ってこさせるんです。州知事は五十歳ぐらいの政治家だし、アフリカ連合に至っては、外国からわざわざ助けに来てくれている人たちなのに、「飯はまだなのか」とか、そういうことを平気で言う。

 

なんでこんなに横柄なんだろうと思って、「そんなこと言っていいの?」って聞くと、「だって、俺たちはゲストで彼らはホストだから。逆の立場だったら、俺たちもホストをするんだから」って言うんですよ。やっぱり、ここでもゲストとホストの関係が出てくるんだと思って。

 

清水 金銭で返さないまでも、将来的に、たとえば自分が出世した後で、「あのときはお世話になりました」みたいな形で何かを返すといったことはないんですか。

 

高野 ある場合とない場合があると思うんですよ。たとえば友人を助けるような場合は、いつか自分が困ったときは相手がきっと助けてくれるだろうと考えるんだと思います。でも、あのときのケースでは、その後どうなるかわからないじゃないですか。州知事とは二度と会わないかもしれないし、そこまで計算していないと思うんです。

 

清水 高野さんの家に泊まりに来たソマリ人学生も、それっきりの関係になるかもしれないけど、それでもゲストはゲストで、ホストはホストなんですね。

 

高野 そうなんです。それで基地に三日間ぐらい滞在した後、アフリカ連合の部隊に護衛してもらって帰ることになったんですが、その途中でアル・シャバーブの待ち伏せ攻撃に遭遇して、めちゃめちゃ撃たれたんですよ。戦闘になっちゃって。今は携帯電話もあるし、基地のある村にはアル・シャバーブ側に通じている村人もたくさんいるから、僕らの動きは筒抜けだったんですよね。

 

清水 すごい、はあ……。

 

高野 僕もすごくびっくりしたんだけど、それはまあいいんです。戦闘が終わった後、誰が狙われたのかという話になって、僕らの方には政治家もいたし、ジャーナリストもいたわけですけど、みんなに聞いたら、「一番の標的はタカノ、お前だろう」って言うんですよね。「何しろ外国人だから」って。だけど、それはアル・シャバーブが外国人嫌いだからではないんです。

 

イスラム過激派はよく外国人を狙いますよね。それは彼らが外国人を嫌悪しているからだと、一般的な報道では解釈されているし、僕もずっとそうだと思っていたんです。西洋文明への反発から外国人を襲うんだと。

 

清水 攘夷ですね。

 

高野 そういう排外思想のためだと思っていたんですけど、違うんだと。外国人は政府側の客で、客がやられたら政府にとっては最大の屈辱になるから狙うんだと。政治家もターゲットにはなりうるけど、客に比べたらそれほどではない。

 

清水 なるほど。高野さんが殺されてしまったら、政府は保護義務を履行できなかったことになり、メンツがつぶされる。だから、身を挺してゲストを守らなければならないってことだ。論理が通っていますね。

 

高野 通ってるんですよ。

 

清水 日本の中世ではそこまでの話はないですね。

 

■本記事は『世界の辺境とハードボイルド室町時代』からの転載です。

 

世界の辺境とハードボイルド室町時代

世界の辺境とハードボイルド室町時代書籍

作者高野 秀行, 清水 克行

発行集英社インターナショナル

発売日2015年8月26日

カテゴリー単行本

ページ数320

ISBN4797673036

Supported by amazon Product Advertising API

 

知のネットワーク – S Y N O D O S –

 

 

 

シノドスをサポートしてくれませんか?

 

誰でも自由にアクセスできる本当に価値ある記事を、シノドスは誠実に配信してまいります。シノドスの活動を持続的なものとするために、ぜひファンクラブ「SYNODOS SOCIAL」のパトロンをご検討ください。⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/14015

 

無題

 

シノドスが発行する電子マガジン

 

・人文・社会科学から自然科学、カルチャーまで、各界の気鋭にじっくりインタビュー
・報道等で耳にする気になるテーマをやさしく解説
・専門家たちが提言「こうすれば●●は今よりもっとよくなるはず!」

・人類の英知を知り、学ぶ「知の巨人たち」
・初学者のためのブックリスト「学びなおしの5冊」

……etc.

https://synodos.jp/a-synodos

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.249+250 「善い生き方」とは何か?

・佐藤岳詩「善い生き方と徳――徳倫理学というアプローチ」
・井出草平「社会問題の構築と基礎研究――ひきこもりを事例に」
・大屋雄裕「学びなおしの5冊〈法〉」
・酒井泰斗「知の巨人たち――ニクラス・ルーマン」
・小林真理「「文化政策学」とはどんな学問か」