ビルマ(ミャンマー)総選挙に圧勝したアウンサンスーチー――軍の壁をどう乗り越えるか

有権者が託した思い

 

その日、ビルマ(ミャンマー)各地の投票所では、早朝から有権者が長蛇の列をつくった。2015年11月8日の日曜日。今度こそ「自らの思いを一票に託す」ことが可能となると信じた人々が、希望と熱意をもって投票所へと急いだのである。

 

今回のビルマ総選挙は、自由な投票と公正な開票、選挙結果の尊重が保証された「まともな」総選挙としては、実に55年ぶりのものだった。英領植民地期の1920年代と30年代に5回、独立前年の1947年に1回、すでに植民地議会の選挙が実施されているが(ただし1947年は制憲議会議員選挙)、独立後には3回しか行われていない。その最後のものが1960年だった。少なくともそれまでは、選挙結果に基づく政権の継続や交代を国民は経験してきた。

 

しかし、それ以後、総選挙は国軍に支えられた「ビルマ式社会主義」期の1970年代と80年代に4回おこなわれたものの、一党独裁の承認選挙だったため、民意が反映されることはなく、選挙による政権交代はまったく生じなかった。

 

そうした体制を倒すべく1988年には全国規模の民主化運動が生じた。しかし、国軍はそれをつぶし、ビルマ式社会主義にかえて、より直接的な軍政を実施した。その後、1990年に30年ぶりとなる複数政党制による総選挙が実施されたが、アウンサンスーチー(1945-)率いる国民民主連盟(NLD)が議席の8割を獲得して圧勝すると、その事実を嫌がった軍事政権は選挙結果を無視し、政権移譲に応じなかった。

 

有権者は今回、再び圧倒的な大差で国民民主連盟(NLD)を選び、アウンサンスーチーを指導者とする民主化推進への強い意思を示した。これは1990年の「幻の選挙」以来、彼らが25年間にわたって持ち続けてきた思いの表明である。

 

完全小選挙区制のもと、NLDは民族代表院(上院)の80%、人民代表院(下院)の77%の議席を獲得した。両院には軍人議員の枠がそれぞれ25%ずつ存在するが、それを含めても上院の60%、下院の58%の議席を占有するに至った。これによりNLD政権の誕生は確実となり、すでに同党は来年3月の政権交代に向けた準備に力を入れている。

 

一方、現与党の連邦団結発展党(USDP)は大敗を喫し、両院合わせて6.3%の議席獲得にとどまり、野党第一党とはいえ少数政党に転落した。USDP以外の政党で当選者を出したのは、無所属1名を除きすべて少数民族政党である(アラカン民族党ANP4.4%、シャン民族民主連盟SNLD3.0%、ほか2.5%)。ちなみに、同時に実施された地方議会(州・地域議会)選挙でもNLDは軍人枠を含めた議席総定数の過半数を制し勝利を収めている。

 

 

与党はなぜ大敗したか

 

選挙戦で与党USDPは、2011年3月の民政移管からはじまった4年半の改革路線への評価を訴え、すでに「変化ははじまっている」ことを強調し、アウンサンスーチーが政権を担うことを強く牽制した。与党としては政策論争に有権者を巻き込みたい意向があった。

 

しかし、有権者はそれに応ずることなく、改革路線がはじまる以前の過去23年間にわたる旧軍政(1988-2011)のネガティヴな側面を重視し、その流れをくむ現与党に拒絶の意思表示をおこなった。それは「政治の世界から軍に離れてほしい」という、軍政期から一貫した人々の強い願いの表明にならない。国民は「ドラスティックな変化」を望んだのである。

 

有権者はまた、指導者の交代を望んだ。国民の信託を得て就任したとはいえない現大統領テインセインの続投を拒否し、1988年以来、数々の抑圧に堪えながらこの国の民主化運動の先頭に立ち、1991年にノーベル平和賞を受賞して国際的知名度を誇るようになったアウンサンスーチーを、国家の指導者として選択した。

 

2011年3月末、それまで23年間続いた軍政に終止符が打たれ、当時首相で旧軍政ナンバー4の位置にいたテインセイン大将が軍籍を離れて大統領に就任、一連の民主化に向けた改革がはじまった。国際社会はそのスピードと中身の大胆さに驚いたが、新しい体制の土台となった憲法が国軍の権限を幅広く認めたものだったため、過去の軍政色が払拭されることはなかった。大統領自身は改革路線を歩む姿勢を見せていたが、憲法改正や少数民族武装勢力との停戦協定をめぐる交渉などで国軍の反対に直面し、リーダーシップを発揮できないことが多かった。

 

軍政から民政に移管する前年、2010年11月に実施された前回総選挙では、アウンサンスーチーは長期自宅軟禁中で政治参加が認められず、NLDも選挙参加を見送った。選挙の結果は当時の軍政が結成したUSDPの「圧勝」となり、同党が両院の圧倒的多数を占める与党となった。しかし、これは民意を反映したものではなかった。その後、民主化に向けた改革がはじまると、2012年4月の補欠選挙でアウンサンスーチー党首を含む計43人のNLD議員が当選して上下両院に加わったが、立法府の大勢に影響を与えることはなかった。国民はこうした現実にフラストレーションを覚え、「幻の選挙」となった1990年総選挙の時と同じ規模の強い支持を、再びNLDに与えたのである。【次ページにつづく】

 

 

 

シノドスのサポーターになっていただけませんか?

98_main_pc (1)

 

 セミナー参加者募集中!「スノーデンと監視社会の現在」塚越健司

 

 

無題

 

vol.232 芸術にいざなう 

 

・吉澤弥生氏インタビュー「人をつなぐ芸術――その社会的評価を再考する」

・【現代演劇 Q&A】長瀬千雅(解説)「時代を捕まえるダイナミクス――現代演劇事始め」

・【今月のポジ出し!】橋本努「タックス・ヘイブン改革 香港やシンガポールにも圧力を」

・増田穂「『知見』が有効活用されるために」

 

vol.231 ひとりひとりが生きやすい社会へ 

・森山至貴氏インタビュー「セクシュアルマイノリティの多様性を理解するために」

・【障害児教育 Q&A】畠山勝太(解説)「途上国における障害児教育とインクルーシブ教育」

・【あの事件・あの出来事を振り返る】矢嶋桃子 「草の根の市民活動「タイガーマスク運動」は社会に何をもたらしたのか」

・成原慧「学び直しの5冊 <プライバシー>」

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.232 特集:芸術へいざなう

・吉澤弥生氏インタビュー「人をつなぐ芸術――その社会的評価を再考する」

・【現代演劇 Q&A】長瀬千雅(解説)「時代を捕まえるダイナミクス――現代演劇事始め」

・【今月のポジ出し!】橋本努「タックス・ヘイブン改革 香港やシンガポールにも圧力を」

・増田穂「『知見』が有効活用されるために」