「テロ戦争」化しつつある、反「セックス・トラフィッキング=性的人身売買」運動

「セックス・トラフィッキング」への関心の高まり

 

リュック・ベッソン製作・脚本、リーアム・ニーソン主演の映画『96時間』(2008年、原題 Taken)は、製作上フランス映画ながら、米国人の多くが抱える不安とファンタジーを体現したアクション・スリラー作品だ。

 

ニーソンが演じる主人公は、十代後半の娘との関係を修繕するために仕事を引退した元CIA特殊工作員。ところがその娘がヨーロッパを旅行中、犯罪組織に誘拐され、性奴隷として地下オークションにかけられてしまう。娘の誘拐を知った主人公は、特殊工作員だったころの人脈とスキルを活用して、犯罪者たちを追跡し、拷問にかけ、殺していった末に、娘を無事取り戻すことに成功する。

 

はっきりとした勧善懲悪的なプロットに加え、海外旅行中の誘拐、そして人身売買という危機、そして圧倒的な暴力によって悪を蹴散らして突き進む正義のヒーローという、いかにもアメリカ的なテーマの数々は、娯楽映画としてはよくできている。しかし、この映画の世界観がフィクションにとどまらず、現実に展開されつつあることを知る人は、あまりいない。

 

米国では、ここ数年「セックス・トラフィッキング」への関心が高まっている。セックス・トラフィッキングとは、売春など性労働に従事させることを目的とした人身売買・人身取引のことだが、伝統的にトラフィッキングといえば国外から外国人の男女を連れてきて強制労働(強制売春をふくむ)をさせることを指すことが多かったのに対し、近年とくに関心を集めているのは国内のトラフィッキングだ。

 

具体的には、十代の未成年を甘言を用いて連れ出したり、家出をした未成年を引き入れたり、一度親しい関係になったと思わせておいて、売春をするよう仕向ける、というような行為がこれにあたる。

 

セックス・トラフィッキングの問題に取り組む団体は、次のようにいう。米国では毎年一六〇万人もの未成年が家出をしており、その多くは短期間で家に帰るものの、三分の一は最初の四八時間のうちに売春させられる。はじめて売春を行う時点の平均年齢は一三歳である、と。

 

政治家を含む多くの人たちは、メディアを賑わすこれらの数字を聞いて驚き、警察は何をやっている、もっとセックス・トラフィッキング対策に真剣に取り組め、と思うようだ。参加者が自由に売買や恋人募集などの広告を載せることができる大手コミュニティサイト・クレイグスリストが、今年の九月に「アダルト広告」セクションの廃止に追い込まれたのも、クレイグスリストが違法な売買春の温床であるとの批判が高まり、オフィスを爆破するなどの脅迫が相次いだことが理由だ。

 

 

誤った数値によって誇張される脅威

 

さて、もっともらしく提示される上記のデータは、じつはまったくあてにならない。三分の一は四八時間以内に売春をはじめるというのは、ある地方都市のホームレス支援団体の関係者が、なにかの発表で漠然とした印象を述べただけのことが、次々と引用されて広まっただけであり、そのような統計調査があるわけではないし、その発表の内容も「四八時間以内に売春に関わっている人たちと接触がある」というものだった。

 

売春をはじめる平均年齢が一三歳だという説は、引用元とされるペンシルヴァニア大学のレポートを読めば、調査方法によって不自然に低く抑えられた数値だと分かる。そもそも、これらの団体自身が行っている調査のどれをみても、平均年齢は一三歳よりずっと上だ。(このあたりのデータのおかしな点は、希望があれば別に解説します。)

 

もちろん、これらの数値より人数が少なくても、平均年齢が多少上であっても、この問題に真剣に取り組まなくてもよいということにはならない。人数や平均年齢の点で誇張があったとしても、少なくない家出少年・少女たちがサバイバル・セックス(ほかに生活の手段のない、おもに路上居住者が、生存のために売春などを行うこと)に足を踏み入れているだけでなく、大人や犯罪組織によって売春させられている――そして、住み家やドラッグや「愛情」と引き換えに、売り上げをかすみ取られている――ことはまぎれもない事実であり、関心がもたれるべきだろう。

 

しかし、明らかにおかしな数値が大々的に宣伝され、それによって脅威が誇張されることは、取るべき対策を誤らせることになる。

 

たとえばおなじ「未成年の売春」であっても、十~十四歳くらいの子どもが騙されたり脅されたりして強制的に売春させられていると認識するのか、あるいは生活に困った十六~十八歳くらいの青少年がかれらなりにリスクと実益を天秤にかけたうえで売春を選択していると認識するのかでは、社会が取るべき対策がまったく異なってくる。

 

前者であれば、とにかく警察の取り締まりを強化して子どもの性的搾取を止めるべきだという考えが成り立つが、もし後者のほうがより現実に近ければ――わたしはそう考えているが――ただ取り締まりを強化するよりも、未成年たちに売春に関わることのリスクをより正確に理解させるとともに、それほどのリスクを背負わずとも生活ができるだけの経済的支援と教育機会を与えるほうがよい、という議論もできるはずだ。

 

 

 

シノドスを応援してくれませんか?

 

人々はますますインターネットで情報を得るようになっています。ところが、ウェブ上で無料で読めるのは、信頼性の低い記事やエンタメ記事ばかり。そんなウェブ環境に抗うべく、誰でも自由にアクセスできる本当に価値ある記事を、誠実に配信していきます。そうしたシノドスの活動を持続的なものとするために、ぜひファンクラブ「SYNODOS SOCIAL」のパトロンになってください。⇒ https://camp-fire.jp/projects/view/14015

 

無題

 

・人文・社会科学から自然科学、カルチャーまで、各界の気鋭にじっくりインタビュー
・報道等で耳にする気になるテーマをQ&A形式でやさしく解説
・研究者・専門家たちが提案する「こうすれば●●は今よりもっとよくなるはず!」

・人類の英知を伝える「知の巨人」たち
・初学者のための「学びなおしの5冊」

……etc.  

https://synodos.jp/a-synodos

1 2 3
シノドス国際社会動向研究所

vol.236 特集:伝統と現代

・九龍ジョー氏インタビュー「落語とポリコレ――変化しながら継承される伝統芸能」

・【ハーグ条約 Q&A】コリン・P.A.ジョーンズ(解説)「権利としての親子のつながり――ハーグ条約で親子のつながりを守れ」

・【今月のポジ出し!】永田夏来「グリーンステージにU2が出れば、フジロックはもっと良くなる」

・畠山勝太「幼児教育無償化から考えるーアメリカの研究結果は日本にとって妥当なのか?」