北朝鮮は国際的に孤立していない!?北朝鮮と深い関係をもつ国々は何を求めているのか

▶シノドスの電子メールマガジン「αシノドス」

https://synodos.jp/a-synodos

▶真の教養を身に着ける「シノドス・サークル」

https://synodos.jp/article/20937

 

アフリカと関係を結ぶ北朝鮮

 

荻上 先ほど経済制裁逃れの話もありましたが、北朝鮮と関係が深い国にはどういった国があるのですか。

 

宮本 地域としては、中東とアフリカです。特にアフリカは冷戦時代に韓国と北朝鮮の競争で韓国が敗れた唯一の地域です。アフリカも中東も、西側諸国に対する多少の反発があります。アフリカの場合もともと植民地だったのもありますが、西側諸国と関係が強すぎる国には反発があるんです。韓国はやはりアメリカの同盟国であり、その点で言うと西側諸国なんですよ。だから、北朝鮮のほうが受け入れやすいというわけです。

 

北朝鮮も仲間がほしいわけです。特に1960年代に北朝鮮は同じく社会主義陣営のソ連と中国が喧嘩し始めて、隣で戦争にまで至ったことで、社会主義陣営の連帯に頼ることができなくなりました。中東、アフリカに仲間を見出すしかなかったのです。この辺の利害関係が一致したと言えます。

 

例えば石油で言いますと、北朝鮮は確かにもともとソ連・中国から石油を輸入していましたが、実は70年代から中東からの石油輸入を始めています。現在も続いているはずです。よく中国の北朝鮮への石油輸出を止めろという話がありますが、北朝鮮からすると中国が止めるんだったら今度は中東から買えばいい、ということになると思います。そういう選択肢を北朝鮮に与えているのが中東、アフリカなのです。

 

荻上 そうした、アフリカと北朝鮮との関係について深めていきたいと思うのですが、ここで新たなゲストにご登場いただきます。アフリカ情勢に詳しい三井物産戦略研究所欧露・中東・アフリカ室長の白戸圭一さんです。よろしくお願いいたします。

 

白戸 よろしくお願いします。

 

荻上 白戸さんはアフリカでの取材経験も豊富ですが、さまざまな活動・調査などを通じて、北朝鮮の存在感を感じることは多いのでしょうか。

 

白戸 一つ、印象的だった取材経験があります。2007年のことですが、ある国の情報機関の方から、アフリカ連合の本部があるエチオピアに、実は北朝鮮の兵器工場があるという情報をもらいました。後に国連安保理の制裁に関する報告書にも登場する工場です。当時はまだ安保理にも確認されていませんでしたが、どうもそこでエチオピアが北朝鮮から化学兵器の材料を買って、さらに製造方法を教えてもらい、製造まで行っているらしいとのことでした。

 

私はそれを聞いて南アフリカからエチオピアに取材に行きました。結論から言うと、化学兵器は確認できませんでしたが、小銃や砲弾の類は、確かに作っているようでした。もちろん工場の中には入れないので、工場の近くの茂みから工場の門の隠し撮りをしました。見つかったら終わりだ、とヒヤヒヤしていましたけど(笑)。

 

北朝鮮の軍事産業とアフリカ諸国の関係は、今でこそ知られていますが、当時は噂ですら聞いたことのないようなものでした。私も当時一生懸命文献を探したのですが、この問題について書かれた研究はありませんでした。本当に、知る人ぞ知る問題だったのです。

 

 

白戸氏

白戸氏

 

 

荻上 実際の取材はどのように行ったのですか。

 

白戸 そのときは工場から出てきたエチオピア軍の女性兵士2人を捕まえて、私は北朝鮮人だと通訳に説明してもらい、その2人をハングルが書かれた車に乗せて、ちょっと酒を飲みに行ったんです。工場で何を作っているのか聞いたら、中では兵器を作っているという証言が取れました。それを記事にしたんです。写真付きで、2008年3月の記事ですね。

 

荻上 エチオピア以外の地域でも北朝鮮の存在感は感じたことはありますか。

 

白戸 取材中、空港でアジア系の顔を見かけ、パスポートを見たら北朝鮮だった、ということがありました。それはアンゴラですね。南部アフリカの国です。あとは当時から北朝鮮との関係が噂になっていたのが、ナミビアです。アンゴラやナミビアは、解放闘争をかなり長く戦っていて、しかも解放勢力が東側のソ連陣営の国でしたので、同じくソ連陣営側の北朝鮮が関与するのは理解できる現象です。

 

一方で、ザイール、現在のコンゴ民主共和国は、1974年にモハメド・アリの世界タイトルマッチが開かれたくらいの親米国です。このザイールもどうやら北朝鮮と関わりがあるとのことでした。これはもともと社会主義陣営寄りだったアンゴラやナミビアが北朝鮮と協力するのと違い、なかなか説明がつきにくいものでした。

 

この難解な状態は、国際情勢認識を変えると答えがでます。日本人は1990年くらいまで国際情勢を東西冷戦の理論で見ていたわけで、その文脈からすると、親米国のザイールに北朝鮮が入っているわけがないと思います。しかし、実はアフリカには、冷静構造以外にも重要な世界の図式がありました。それが白人少数政権、アパルトヘイトと、それにより植民地化以降差別され、搾取され、支配されてきたアフリカ全土の黒人たちとの対立です。

 

東西冷戦終結以前で、北朝鮮が国交を結んでいなかったアフリカの国というのは、アフリカの白人政権だけです。北朝鮮は、それ以外のアフリカの国とは、東西関係なく国交を結んでいました。宮本先生のご指摘通り、黒人社会の中にある、歴史の中で築かれた白人社会に対する反発と、そこからの解放勢力ということで、北朝鮮との関係が築かれていったのだと思います。

 

荻上 そうした動きはいつ頃からあったのでしょうか。

 

白戸 少なくとも1970年代からはあるはずです。

 

荻上 こうした1970年代からのアフリカと北朝鮮との関係について、宮本さんはどうお感じになりますか。

 

宮本 北朝鮮の目的は、基本的には韓国、アメリカに対抗する仲間を増やすことでした。しかし実際アフリカに行ってみると、対米韓以前に、まず仲間を増やすために陣営に関係なく手を結んでいくことになりました。これには北朝鮮にとっては自国と手を結んだ国々が韓国と距離を置く、または韓国に反対していくことを期待できるメリットがありました。結果として北朝鮮は、場合によっては経済的な利益を度外視して、アフリカ諸国に支援をしていたことがあります。

 

特に先ほど出ましたザイールには、北朝鮮は一個師団を提供しています。2万人の軍隊をつくってあげているんです。これはほとんどタダです。実際には、長期借款なのですが、利子がなかったので、タダに等しいものでした。確認される限り、アフリカにおける北朝鮮による最大の軍事支援です。もちろんそれによって、支援を受けた国は国連で、韓国ではなくて北朝鮮の支持をします。そういう効果を期待していたのが冷戦時代ですね。

 

 

格安で支援を提供

 

荻上 軍事的な恩恵以外に何か両者が関係を結ぶことはメリットがあったのでしょうか。

 

白戸 アフリカ側のメリットとしては、武器を自己調達できるということです。ナイジェリア、ウガンダ、ルワンダ、ジンバブエなど、さまざまな国で北朝鮮の影響が確認されていますが、アフリカの場合、多くの国で紛争が起こっていましたので、武器が安いというのは最大のメリットです。

 

旧ソ連のカラシニコフを中国がコピーし、そのコピーを北朝鮮がコピーし、アフリカでそのコピーを作っているような状況です。もはやカラシニコフと呼べるのか疑問ですが、形状や機能は同じです。

 

北朝鮮としては、国連での陣営票を得るメリットや、外貨獲得のメリットがります。北朝鮮からさまざまな技術職の専門家を呼び、パテント料(特許料)をとるというものもあります。北朝鮮にとってはこれも外貨獲得につながりますね。北朝鮮の医療支援団体なども現地に入っているんですよ。

 

荻上 医療支援団体、ですか。

 

白戸 医師が必要な国というのがあるんです。私もある国で北朝鮮の医者を見たことがあります。アフリカはみんな病気で困っていますから、医師がくれば助かりますし、現地の人々にとってはその医者が日本人であろうと北朝鮮人であろうと、病気を治してくれれば関係ありません。特にアフリカの国々は北朝鮮からミサイルを撃ち込まれるということはまずありませんから、脅威でもなんでもありません。医療支援は友好国を増やす目的で、人道支援の一環として無償で行われています。

 

荻上 今の医療支援について、宮本さんはいかがですか。

 

宮本 私も、医療支援についてはタンザニアで行っていることを確認しております。町医者レベルでしたが2件ほど北朝鮮の医者が、病院を構えていました。どういう治療をしているのかまではわからないですが、聞くところによるとタンザニア政府が認めているもので、やはり医療支援として行われているようでした。困っている病人たちを治す目的で医者を派遣し、国際社会でタンザニアの支持を得ていたわけです。

 

荻上 医療支援のほかはどうなっているのでしょうか。

 

白戸 他に取引があるのは、洋服や歯ブラシのような日用品ですね。日本の製品などは、アフリカの社会水準からするとオーバースペックなので、逆に北朝鮮のような経済発展が比較的遅れている国の品物の方が消費されるんですよ。例えば歯ブラシを買う時に、庶民は「核兵器の開発をしている国の歯ブラシだから買うのはやめよう」という発想はしないですよね。そういうものです。とはいえこうした製品が全体の取引に占める割合はそこまで大きくありません。

 

一つ示唆的なのは、アフリカでの中国の動きです。アフリカには台湾と国交を結んでいる国が4か国ほどあるのですが、中国はこの1年、これらの国が台湾と国交を断絶するよう総力をあげて取り組んでいます。アフリカのいろいろな国に圧力をかけて、台湾系の住民を追放するように働きかけています。実際台湾系住民が警察の取り締まりを受けるという事態が、アフリカ各地で起きています。

 

一方で中国は、北朝鮮関係者を追い出すための働きかけはしていません。中国にとって北朝鮮は確かに困った存在ですが、核心的利益に関する問題ではないということです。中国にとっては、台湾の方がよっぽど重要な問題なんですね。日本人はこうした事実を認識する必要があると思います。

 

荻上 アフリカにおいて、北朝鮮が警察や軍の育成など、治安維持分野に関わっているという話も聞きますが、その点はいかがでしょうか。

 

白戸 ジンバブエやウガンダは北朝鮮による警察への訓練が確認されている国です。宮本先生はこの問題について、アフリカの国に調査に行かれていますが、向こうも具合は悪いんでしょうね、表立って聞くと否定するんです。確かにアフリカにとっては日本やアメリカはバカにできない巨大なドナーです。外交関を悪くしたくないので、表立っては認めたくないでしょう。ただ、実際には続いている。それが実態だと思います。

 

荻上 アフリカで治安維持支援をすることの北朝鮮側へのメリットとは何なのでしょうか。

 

宮本 冷戦以降の話で言うと外貨収入です。ウガンダで調べたとき、北朝鮮のトレーナー1人あたり、1カ月500ドルで雇ってたんです。もちろん食費とか住居費は別ですが、それでも500ドルです。5万円くらい。格安トレーナーです。

 

現地の人に聞くと、ロシア人のトレーナーを雇うとこの10倍になるそうです。ロシア人1人の値段で北朝鮮人トレーナー10人が雇える。ウガンダからすると安くて、しかも質がいいトレーナーを雇え、北朝鮮からすれば、労働力を輸出して外貨収入を得られる。両方の利害が一致しているからこそ成り立っている契約ですよね。

 

荻上 北朝鮮の兵の練度が高い。

 

宮本 高いですね。ウガンダでの訓練を見ましたが、訓練のやり方自体は火の輪くぐりやテコンドーなど、少しロシアの陸軍と似ています。それが全部、対テロ対策として行われていました。ウガンダからすると、対テロ対策はアメリカに対する協力でもあります。

 

白戸 皮肉な構造なんですよね。エチオピアもそうなんです。アメリカはソマリアのイスラム武装主義勢力を叩きたかったのですが、直接介入するわけにいきませんでした。そこでエチオピアに代理で戦ってもらったのですが、その時エチオピアが使っていた武器が北朝鮮製の武器なんです。だからアメリカのために戦ってるんだけど、武器は北朝鮮が提供したものだという、矛盾する構造になっています。

 

荻上 アフリカでの秩序形成という国際的なコンセンサスのために、北朝鮮が貢献している場面もあるということですか。

 

白戸 極めて皮肉なことではありますけれども、そうですね。

 

荻上 自国の兵隊を派遣しアフリカで訓練させることで、北朝鮮軍はより練度を高めていくことにもなるわけですよね。

 

宮本 そうですね。もともと北朝鮮の海外派兵はベトナム戦争から始まりました。その当初の目的も、戦闘の練度を上げるためでした。アメリカ軍としばらく戦っておらず兵士の腕も落ちてきていたので、戦争に参加して、兵士たちを訓練するという目的もあったそうです。

 

荻上 制裁の決議を受けて、アフリカ諸国が北朝鮮に対する態勢を変える可能性はあるのでしょうか。

 

白戸 アフリカの国の中で最も民主主義が発達しているといわれるボツワナだけは、すでに北朝鮮との外交関係を切っています。それ以外の国々も、ミサイルについては直接飛んでくる距離ではないですが、核については指導者層は問題を理解していると思われます。核の場合は自分たちが核攻撃されることでなく、核のドミノの危険がありますからね。これが怖い。一つの国が核開発を認めるということは、なし崩しに世界に広がっていく可能性があるわけです。

 

一か国核の保有を認めてしまうと、アフリカの国々の中でも隣が持つかもしれない、それはまずい、という話になります。今北朝鮮の核開発をどうにかしないと、何十年と長い時間をかけてですが、世界中に核が拡散するかもしれない。それは世界全体の脅威です。そういう意識はアフリカの国々の中でも、少しは高まっているのではないかと思います。

 

荻上 ただボツワナ以外、国交を断絶している国はまだないと。

 

白戸 国交を持っている国のほうが多いのが事実です。私も新聞社で働いていたのでわかるのですが、今日本のメディアって北朝鮮一色になっていますよね。隣で危険なものを振り回されているのですから、それは当然です。しかし、こうした情報ばかりに触れていると、国際情勢の見方が偏ってしまいます。日本語の情報だけを見ていると、あたかも北朝鮮が孤立しているように見えるわけですが、今お話ししたように、実はそんなに孤立していないんですよね。まずはその事実を認識していかないと、先ほど宮本先生がご指摘されたように、いくら圧力をかけても、下がザル……という状況が変わりません。

 

状況を変えるために、日本の外務省も訓令を出したりして、一生懸命アフリカにある日本大使館を動かしたりしていますが、こうしたザルの下を埋める対策をとっていかないと、いくら制裁を強めても効果がない、ということになってしまうでしょう。

 

荻上 北朝鮮が孤立している、というのは日本語圏の人々だけが持っているイメージだと。

 

白戸 私たちの日本語ネットワークの中でそう思っているだけのことだと思います。日米ほど圧力をかけている国のほうが圧倒的に少数だ、そういう事実を認識する必要があります。

 

 

北朝鮮は孤立していない

 

荻上 今アフリカの話がありましたが、中東でも北朝鮮と密接に関わっている深い国があるそうですね。

 

宮本 イスラエルとトルコ以外は、何らかのかたちで北朝鮮との関係があると思っていいです。中東の大国といわれるイラン、エジプトとは関係があります。サウジアラビアも一時期ありました。そう考えると、中東ほぼ全域、なんらかの関係があったと言えます。国ごとに程度の差はありますが、労働者を雇うなり、ミサイルなど武器を購入するなり、さらにはもっと高いレベルで首脳陣の交流などさまざまな関係がありました。

 

特に軍事的なつながりで言うと、南アフリカのアパルトヘイトに全アフリカ諸国が反対していたのと同様、他のほとんどの中東諸国が程度の差こそあれイスラエルに反対していました。他の中東諸国からすると、イスラエルは中東でイスラムとかアラブの諸国を侵略する一つの悪の国です。北朝鮮もそれに乗っかっているわけです。北朝鮮は第四中東戦争の時に軍隊まで送って、イスラエルと戦っています。アラブ諸国にとっては北朝鮮が、一緒にイスラエルに対抗してくれる存在になっていると言えるでしょう。だから喜んで韓国やアメリカよりも北朝鮮のほうに頼っていく、という構図があるのです。

 

荻上 北朝鮮の報道で、自分たちがアフリカや中東といい関係を築いていることがニュースに取り上げられることもあるのでしょうか。

 

宮本 あります。印象的だったのは、アラブの春でエジプトのムバラク政権が崩壊したときです。ムバラクが辞任すると発表した翌日に、労働新聞の一面で、北朝鮮とエジプトがどれだけ協力してきたか、その友好関係の歴史が、ズラーッと並びました。ムバラクは個人的に大変な親北朝鮮家でした。あの日の報道は、そのムバラクがいなくなっても、エジプトと北朝鮮の関係はこれからもどんどん続いてゆくのだと示そうとしていたのだと思います。今日、エジプトが北朝鮮の軍事協力を切ったというニュースが入ってきましたが、これまで実際に関係があったことを示しています。

 

荻上 日本の報道では喧嘩腰な姿勢ばかりが取り上げられる北朝鮮ですが、実際には親密さを感じるさまざまなコミュニケーションをとっているのですね。

 

宮本 そうですね。シリアやイランなどの中東の大国ともしょっちゅう首脳陣との書簡交換や代表団の交換などを行っています。北朝鮮は決して世界から孤立しているわけではないんです。特に中東アフリカでは、むしろ韓国よりも北朝鮮のほうが受けがいい国が結構あるんですよ。

 

荻上 北朝鮮の労働者抜きには、ワールドカップのスタジオも建設できないという話がされてますよ。

 

宮本 ええ。北朝鮮の労働力は非常に質がいいんです。イスラム教にしてもキリスト教にしてもちゃんと休日がありますが、北朝鮮労働者には休みがありません。お祈りの時間もないので365日24時間戦える。だから中東とかアフリカでは非常に喜ばれるんです。しかも安いですからね。

 

荻上 それだけアフリカ、中東でプレゼンスが高い北朝鮮ですが、アフリカの動きは今後どういった点に注目でしょうか。

 

白戸 東大の先生で、以前国連で日本の次席大使をされていた北岡伸一氏の言葉がとても印象に残っています。国際関係というものは、相互に助け合うことで成り立つのだというのです。つまり、日本はアフリカの国々に対して拉致問題の悲惨や、その解決へ向けた協力を訴えますが、一方でアフリカが日本に助けを求めたとき、我々は何をしたのかと。例えばウガンダでは紛争のため、20年に渡って6万人の子どもが拉致されてきました。この問題に、どれだけの日本のエリートが関心を持ったのか、何をやったか。問題を共有し合うことがないと、なかなか外交は前に動いていかない、というお話でした。

 

現在の北朝鮮情勢は、迎撃ミサイルを強化など、ある程度のハード面での対策が必要な段階にあると思います。同時に迂遠で遠回りなようだけれども、日本がアフリカの問題に真剣に取り組むということは、実は先ほどのザルを埋めるという作業として有効なのではないでしょうか。ここを真剣に取り組んでいかないと、北朝鮮問題はなかなかいい方向に向かないと思います。

 

宮本 中東も同じです。中東で何が起こっているのか、なぜ北朝鮮が中東で受け入れられるのか、そこをちゃんと日本で認識しておかなければ、中東諸国に何か頼むといっても交換条件ができません。その地域にはそういう国際情勢があるんだということを理解しながら外交政策を進める必要があると思います。

 

荻上 宮本さん、白戸さん、ありがとうございました。

 

 

Session-22banner

 

 

知のネットワーク – S Y N O D O S –

 

 

AWS Access Key ID: AKIAJSA5SEKND2GVG7TA. You are submitting requests too quickly. Please retry your requests at a slower rate.

 

AWS Access Key ID: AKIAJSA5SEKND2GVG7TA. You are submitting requests too quickly. Please retry your requests at a slower rate.

宮本悟(みやもと・さとる)

朝鮮半島研究

1970年生まれ。同志社大学法学部卒。ソウル大学政治学科修士課程修了〔政治学修士号〕。神戸大学法学研究科博士後期課程修了〔博士号(政治学)〕。日本国際問題研究所研究員,聖学院大学総合研究所准教授を経て,現在,聖学院大学政治経済学部教授。専攻は国際政治学、政軍関係論,安全保障論,朝鮮半島研究。〔著書〕『北朝鮮ではなぜ軍事クーデターが起きないのか?:政軍関係論で読み解く軍隊統制と対外軍事支援』(潮書房光人社,2013年10月)。〔共著〕「国連安保理制裁と独自制裁」『国際制裁と朝鮮社会主義経済』(アジア経済研究所,2017年8月)pp.9-35,「北朝鮮流の戦争方法-軍事思想と軍事力、テロ方針」川上高史編著『「新しい戦争」とは何か-方法と戦略-』(ミネルヴァ書房,2016年1月)pp.190-209,「北朝鮮の軍事・国防政策」木宮正史編著『朝鮮半島と東アジア』(岩波書店,2015年6月)pp.153-177。〔論文〕「「戦略的忍耐」後と北朝鮮」『海外事情』第65巻第7・8号(2017年7月)pp.60-71,「ストックホルム合意はどうやって可能だったのか?―多元主義モデルから見た対朝政策決定―」『日本空間』第19集(2016年6月)pp.136-170,「千里馬作業班運動と千里馬運動の目的―生産性の向上と外貨不足―」『現代韓国朝鮮研究』13号(2013年11月)pp.3-13,「朴槿恵政権による南北交流政策」『アジ研ワールド・トレンド』第19巻6号(2013年6月)pp.9-13,「中朝関係が朝鮮人民軍創設過程に与えた影響」『韓国現代史研究』第1巻第1号(2013年3月)pp.7-29など。

1 2
シノドス国際社会動向研究所

vol.269 

・外山文子「タイは民主化するのか?」
・中西啓喜「データサイエンスは教育を「良い方向」に導くのか?――学級規模の縮小を例として」
・笠木雅史「実験哲学と哲学の関係」
・穂鷹知美「求む、国外からの介護福祉士――ベトナムからの人材獲得にかけるドイツの夢と現実」
・久木田水生「ロボットと人間の関係を考えるための読書案内」
・吉野裕介「【知の巨人たち】ハイエク」
・内田真生「ヒュッゲ(Hygge)とは何か?――デンマークが幸せの国と言われる理由」